ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
大晦日から元旦へ
新年、あけましておめでとうございます。
今年も引き続きおつきあいくださいますよう、よろしく願い申し上げます。

e0137277_21141815.jpg

e0137277_21113662.jpg

大晦日の日、新年の準備

おせちの用意と同時進行の年越し準備。今年は妹から「出雲そば」なんだかご利益ありそうな(笑)
今年はゴボウ天そばにしようと決めておいたので、てんぷらの用意とがめ煮があれば十分。
夕飯にお蕎麦を食べて、一息ついた頃に紅白が始まる。
いつものように、のんびりとくつろぎながらお茶を手に過ごす大晦日でしたがユーミンの登場で、ちょいテンションが上がってしまった(笑)やっぱすごいな〜♪
大晦日は家で紅白を見るもんだ!と豪語していた人なので、あんな形で登場するとは…と驚きもあり。画面に食い入る私の横で夫もユーミンの真後ろにいる夫の松任谷さんに興奮。こんな風に松任谷夫妻を見ることはなかったので…「おおっ」と声を出してしまった。
ユーミンとサザンのおかげで、ちょっといつもより上機嫌で新年を迎えられた我が家です。
e0137277_21113037.jpg
そんな紅白の間にも、ちょこちょこ、おせち作りも進行
フープロ任せで生地を作るだけの簡単な伊達巻。上記画像はオーブンで焼いてる最中♪

年越しそばと、がめ煮。
私は飲みませんが、夫は日本酒を飲んでます(笑)
e0137277_21040002.jpg
年越しそばに入った緑の野菜は「博多カツオ菜」
福岡の冬に欠かせない大きな葉物野菜。(1枚の葉っぱが、だいたい成猫くらいの大きさ)旨味の強い野菜で、12月から1〜2月くらいまで出回ります。だからおせちや雑煮、茶碗蒸しなど、様々な冬のメニューに使用します。
e0137277_21040355.jpg
みなさんはもう、初詣、行かれたのかな?
福岡の1月1日。午後から雨も降っていたので私は元日の外出を諦めました。(無類の寒がりです)
ちなみに初詣に行く予定の氏神様はすぐ側です。なんなら、ベランダからでも拝めるくらい近い…やらないけど(笑)

年越しの時間には、お参りをしている人の鳴らす柏手と鐘が聞こえますが、今年は待ち構えていた除夜の鐘は聞こえませんでした。私がユーミンに夢中になってる時間に、鳴らされてたのかなぁ?
e0137277_21113395.jpg
小ぶりの2種の伊達巻基本の材料
卵 4個
はんぺん 1枚
エビ 6尾(みじん切り)
砂糖 大さじ2
マヨネーズ 大さじ半
小ネギ2本を小さく輪切り

*ミニトマト1個、種を省いてみじん切り
*黒ごま 大さじ半

1、フードプロセッサーにはんぺんを角切りにして入れ、エビ砂糖とマヨを加え攪拌する。
2、1にを割りいれ攪拌して、小ネギをませてから二つのボウルに同じ量を流し込む。
   12x18程度の型にクッキングシートを敷いて、170度に予熱。
3、2の生地のひとつにトマト、もうひとつに黒ごまを加えてよく混ぜたら、それぞれを用意した型に流し込み170度で27分焼くき、15分ほどそのままオーブンで寝かせてから、簀巻きにする。

ちなみに、こういう時私が使用する型は、菓子や贈答品の入っていた丈夫な厚手の紙箱です。紙製なので、都合の良い大きさに加工するのも簡単ですので…
e0137277_00401042.jpg
赤いトマトの伊達巻は、ちょっと可愛い♪

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。





# by Room230 | 2019-01-02 15:55 | Cuisine | Comments(12)
大晦日のチキンクリームシチュー
WLS クラブ当番投稿
e0137277_16375875.jpg
チキンクリームのシチュー
こちらは独自の作り方で前日の博多水炊きの残りを使用。残ったスープに新たに追加の鶏肉や野菜を入れて生クリーム、味噌を混ぜ、とろみをつけて出来上がり。余すところなく食べ尽くすわよ〜な、なかなかせこいかもしれない1品(笑)通常はブイヨンと味噌などで味をつけて仕上げています。

e0137277_14103860.jpg
年末の夜の食事時、寒空の下
毎年恒例の「火の用心」の声と拍子木の音が響いて「ああ、今年ももうすぐ終わるんだな〜」と言う会話をする時間…なんだかすごくホッコリとします。
今日は大晦日なので火の用心の声と一緒に、道を歩くご近所さんたちと「良いお年を〜」というご挨拶が聞こえて来る日。

e0137277_16384806.jpg
大晦日、幸いにお天気は晴れ♪

記憶に残る幼少期のお正月は決まってお天気も良く、小春日和の中、外に出ると土手のある空の上に凧が上がっていましたが今の時代は凧揚げとかやっているのかな?

元旦当日、私の実家のお決まりごとは「朝風呂」でした。
まずお風呂に入り、着物を着せられてからの年越しで、父が屠蘇を振る舞いますが、よくよく考えたら下戸の集団の我が家なので、ちゃんと屠蘇を飲めるのは「母だけ」でした。

現在の福岡の我が家は朝風呂は無し!!
お着物どころか、ユニクロのジャージ姿でキッチンに立ち、おせちの用意をしてます(笑)
e0137277_21294006.jpg
大人になったら盃の屠蘇を飲むようになるのだろうな〜とか思っていましたが、結果、匂いを嗅ぐだけ(笑)

お屠蘇の作り方
屠蘇散 1袋(市販品)
日本酒と本みりん 300ml
1、日本酒と本みりんをお好みの割合で配合した300mlを用意し、屠蘇散を浸します。
2、大晦日の就寝前に用意し、朝まで屠蘇散を浸しておき8時間ほどで屠蘇散を取ります。

市販の屠蘇散の中には漢方薬が5〜10種類ほど、無病長寿を願って配合されていますが、若い人から飲む儀式の理由は若者の強い精気を年長者に渡すという意味があるそうです。事の始まりは宮中でのしきたりのひとつ。それが後々、民間に広がり江戸時代は医者が薬代の返礼に屠蘇散を配っていたとか…

我が家では女性客の場合のみ本みりんを多め、仕上げにレモン果汁を一絞りした屠蘇を作ります。
e0137277_22191162.jpg
大晦日の空を見上げて、密かに思う。
自然災害の多い年でしたので、最後の1日を平和に過ごせたら、もうそれだけでありがたい、と…。

皆様も、良いお年をお迎えくださいませ…

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

# by Room230 | 2018-12-31 14:13 | Chicken | Comments(4)
大晦日まで、もう少し
e0137277_20444458.jpg

ごく普通のさばみりん。ふだんごはんに欠かせ無い好物。焼くだけだけど、その焼き加減で美味しさがかなり違ってくる。先日、赤魚のみりん干しを焼きながら他の料理に専念してたら、最悪な仕上がりになってしまった。その件があったので今回は、ちゃんとお魚から目を離しませんでした(笑)

こちらはイカと里芋の甘辛煮
e0137277_22275374.jpg
立派なアオリイカをもらいましたので、一部は炊き込み、一部はてんぷら、一部は煮物…♪
少し甘めの醤油ベースの味付けには生姜をたっぷり普段より多めに入れて作りました。他にも数杯の多種のイカをいただいたので冷凍保存し、年が明けてから少しづつ楽しみたいと思います。

omake♪
e0137277_21383163.jpg
ガランティーヌを作ったのち、生ハムで巻いておいたもの。
お正月のお酒のつまみに…どうかな?と試作中。
この大きさなら、一口で頬ばれる。

今年も残り数日。
いよいよ本格的に年末年始。自分のブログの過去記事を一覧して、買い忘れがないようにメモをとったり、在庫を確認したり…。下画像は過去記事より抜粋したお正月画像
e0137277_17051962.jpg
毎年恒例だったお正月茶碗蒸しのフォアグラもマグレドカナールもやめて、今回はA5佐賀牛をいろいろ買ってきた。今回はできる限り九州食材にこだわったテーマを自分なりに設けてのおせちにしてみようと思う。さすがにエビは輸入で、いくらや昆布は北海道産だけど(笑)
e0137277_22205327.jpg
今年収穫した黒豆を叔母が送ってくれました。
水、醤油、砂糖、塩を注ぎ、一晩つけ置きした黒豆。
ふだんより多めに作るお正月用は圧力鍋で作ります。圧力鍋の方が早いし簡単だしね(笑)
e0137277_22154470.jpg
お正月用の角煮は完成。当日まで冷凍保存。
仕事部屋のお正月飾りは地味だけど、一応つけて…
e0137277_22162601.jpg
年神様をお迎えする準備も着々と…

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。











# by Room230 | 2018-12-29 15:55 | Cuisine | Comments(8)
コロコロ南蛮揚げと揚げびたし
コロコロ里芋、軽く洗って、皮だけ一周、切り目をいれたら、たっぷりの水と一緒に圧力鍋に入れて、圧がかかるまで中火にかける。
e0137277_23224945.jpg
しゅ〜と音がしたら、火は止めて大丈夫。
ピンが落ちるまで放置。

蓋を開くと、里芋の皮の切れ目がしっかり目立つ状態に仕上がっています。
里芋の皮はヌルンとはがれて、下ごしらえ完了。

STAUBに調味料を注ぎ込み、皮をむいた里芋を一煮立ち。
沸騰したら蓋をしたまま放置。
我が家は一晩漬け込むために、常温に戻ってから容器に移し替え、冷蔵庫で寝かせますが、お急ぎの場合は沸騰後、弱火で少し煮込んでからザルにあげて冷まします。

あとは、里芋の表面にしっかり片栗粉をまぶして15分ほどしてから揚油で揚げるだけ。

外はサクッと中はトロンと…
里芋の竜田揚げもすごく美味しいのですが、甘辛いお醤油タレにすりゴマと唐辛子を加えたタレで煮込んだ味が染み込んだ里芋の南蛮揚げもかなりイケます。
e0137277_23230524.jpg
濃厚な甘辛いタレにからまる揚げナス…
どうせ食べるのは私が主になる野菜料理なんだから…とナスを2本だけ揚げたのですが、そういうときに限って夫が「このナスうめ〜」と…半分以上を食べられた。私が食べる明日の分までと、自分専用のつもりの揚げ浸しだったのに。
喜ぶべきか、悲しむべきか?
e0137277_20444022.jpg
e0137277_20453405.jpg

大根とこうや豆腐の煮物。
すごくシンプルだけど、冬の大根はとにかく美味しい。
もちろん、こうや豆腐は熱湯戻し。
トロン、トロンの仕上がりは病みつきになる食感。
「美味しい」に大切なのが下ごしらえ、と、しみじみ実感させられます。

クリスマスも過ぎた日本の年末。
いよいよ慌ただしさ本番。

我が家は、クリスマスはこれという予定も無く、近所のパティスリーのケーキを食べたくらいですが…お正月は、すこし真面目に取り組みたいと思います(笑)

しめ縄、鏡餅、お屠蘇の用意、おせちに使う食材の用意。

さて、これから…と腕まくりをする気持ちになるクリスマス明け。
嬉しいことに、叔母から新米が届きました。一緒に自宅の畑で収穫した黒豆も大量に♪
e0137277_22170979.jpg

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。





More・南蛮つけだれ
# by Room230 | 2018-12-27 22:37 | root vegetab | Comments(4)
里芋と明太子のキッシュげな
e0137277_21031141.jpg

パイは先日仕込んだ新年のデロワ用の作り置きの一部を使用。
参考レシピはこちらのcottaの配信動画を参考にしています。
ついでに普段の我が家の春菊のキッシュ(辛子明太子×大豆)も美味しいんだよ♪

いづれも明太子自体が美味しいから結果、美味しいキッシュができちゃうの♪美味しい明太子屋さんに感謝。

e0137277_21031489.jpg
ご存知、博多の名産品、辛子明太子。それはスケソウダラの卵を加工したもの。戦後に創業者河原氏により加工生産されたもの。
そういえば…博多明太子ができるまでが映画になり「博多華丸」が主役の創業者役で、監督はあの東京五輪の誘致PR映像のディレクター、江口カン
すでにたくさんの受賞をしたドラマの待望の映画化。

で、華ちゃんが主役で大吉先生は?と気になりますよね?

ちゃんと出てます、妖艶な美女役で…(笑)

めんたいこは、こうして全国の食卓に上る事になったのだ!が、わかる→劇場版 めんたいぴりりムービー予告編
e0137277_21030439.jpg
戦後の福岡に「明るく太く生きた夫婦がいた」

げなげな、今度は映画げな。

めんたい ぴりり

あ〜、また、バカみたいに笑い転げて、
呆れるくらい泣いちゃうんだろうな〜

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

※「げな」は福岡の方言。「〜です」や「〜だってよ」の意で使用する。



More・キッシュは、こんな感じで作ったよ♪
# by Room230 | 2018-12-26 16:05 | Cuisine | Comments(4)