ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
三つ葉たっぷりご飯の日
これからしばらくは大束の三つ葉が出回るのが嬉しい。糸三つ葉三束を購入した日、三つ葉のかきあげ、三つ葉たっぷり茶碗蒸し、三つ葉のおひたしに三つ葉の炊き込み御飯。
e0137277_21345188.jpg
調理前、袋から取り出した三つ葉からふんわり香る独特の香りが、なんとも心地よい。その爽やかな香りは神経を安定させ、イライラを解消する成分が含まれているそうです。な〜るほど〜。
e0137277_21383819.jpg
サクサク掻き揚げには三つ葉の他はエビ、烏賊、えだまめ。つまり冷蔵庫にあるやつで…(笑)
あとは恒例のお刺身とお新香、作り置きの豚の角煮の冷凍を少しだけ。ここ数日の間に茂った山椒の葉を添える。

この時期、ぽかぽかの初夏のような暖かい日が続いた後で、急に冷え込んで体調を崩しがち。
ここ数年、熱を出すような風邪を引いた事は無いのですが、微妙に喉が痛いとか、鼻水or鼻声が治らないなどの症状がたまにあります。なおさら用心しないとな…と三つ葉シャクシャク食べまくる。
e0137277_21400892.jpg
KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。




# by Room230 | 2019-04-11 17:18 | vegetable | Comments(12)
チーズケーキ
e0137277_14133902.jpg
冷蔵庫に残っていたマスカルポーネミラ、半分。

e0137277_14245960.jpg数日前に毎度の明太マスカルパンを焼いた残りを使い、クリチと合わせて焼き上げたチーズケーキ♪
塩気と辛さのある明太子との相性も抜群ですが、あま〜いスイーツにも最高に美味しいマスカルポーネ。マイルドな味わいなのにしっかりと存在感のある味わいはいろんな料理に使えてしまうので、冷蔵庫には必ずあってほしい。
冬場はパンやケーキに使用する事が多いのですが、夏場はやはりひんやりが美味しいティラミスやカッサータに欠かせない。

真夏の時期には毎日のように作るラタトゥイユにもマスカルポーネを混ぜています。



今回、甘味にグラニュー糖と上白糖両方を使いましたが、そこはお好みで大丈夫。砂糖以外は同じレシピでもグラニュー糖だけで作ると甘さが際立ちコクも感じ焼き色が濃くなります。一方、上白糖だけだとすっきりとしたマイルドな甘さになり、焼き色が薄くなりました。
今回のレシピmemoはMoreのチーズケーキに残しておきます。

e0137277_14134458.jpg
ついでに、この日はあまおうがあったのでクリームと一緒にのっけてみました。
このケーキを食べた前日は映画「グリーンブック」を見てきたのですが…まだ上映中ですので内容は控えて…「まだの方は是非!」と、薦めたくなる映画でした。

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。



More チーズケーキ 材料と作り方
# by Room230 | 2019-04-08 14:40 | sweets | Comments(2)
コロコロ豚焼きと葉わさびの味噌漬け
大きなコロコロ豚の生姜焼き、ボリューム的にも味の上でも男飯だけどその半分以上が野菜の里芋。でも、もう里芋の旬の時期は過ぎますね〜、ちょい寂しい。
e0137277_21333086.jpg

豚ロース 6枚 
里芋 6個(茹でて皮をむいておく)
分量外 薄力粉適量
分量外 炒め用サラダ油 大さじ半
 
●生姜のすりおろし大さじ半
●酒 大さじ2
●みりん 大さじ2
●甘口醤油 大さじ2
●すりごま 大さじ半
※●の調味料はあらかじめ一つの容器に入れて用意しておく

1、下ゆで済みの里芋はクッキングペーパーで表面の水分をしっかり拭き取り、豚肉で包み込み、薄力粉を表面にまぶす。
2、フライパンにサラダ油を熱し、1の豚肉巻きを炒める。触りすぎると肉が剥がれたりするので、注意してください。
3、肉の表面に火が通ったら、●の調味料をフライパンに注ぎ、肉巻きの表面にまぶすように時々転がしながら蓋をして蒸し焼きにする。
e0137277_21333795.jpg
はい、こちらが豚肉の中身♪
もっちりと茹でられた里芋が登場。
少し濃いめの味付けなので、中の里芋に味をつける必要はないので、よくある冷凍里芋があればレンジで解凍するだけで里芋の準備は完了ですよね。里芋は皮付きのままレンジで加熱しても大丈夫らしいのですが、最初に皮だけに切れ目を入れておくことをお勧めします。過去にレンジを使用したことがありましたが、里芋の中身が縮んでしまったので以後、我が家は皮付きのまま「水から茹でる派」です。
豚肉の食感は少し固め。中の里芋はもっちもちトロンで、そのコンビが実に美味しくてご飯が進む1品でした。
e0137277_21334410.jpg
ついでの1品。レンコンのきんぴら。
e0137277_22274288.jpg
そして先日の葉わさびの茎を使ったからし味噌漬け
e0137277_21334801.jpg
下ゆでをしてモミモミした葉わさびを小さく刻んでからし味噌に漬け込みます。
わさびをからしに漬ける…なんとも掛け算的な…(笑)でも、これも無駄にご飯が進む味に仕上がるのです。私は下戸なのでよくわからないのですが日本酒にも合うらしい。

漬け込む味噌は味見をしつつ材料を足してゆきながら作ったので詳しいレシピはありませんが、使用した材料は 和芥子、白味噌、醤油、酒粕を練り合わせたものです。
鼻に抜けるツ〜ンとした刺激に「ひゃ〜っ」と言いながら、また箸をつけたくなる。こんな味わいを楽しめるのは白いご飯が主食の国だからこその醍醐味だと思う。

葉ワサビの茎の醤油漬け
e0137277_22421907.jpg
春の味わい、楽しみ方は色々ですね♪

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。







# by Room230 | 2019-04-06 16:26 | Pork | Comments(4)
シナモンスコーンとダージリン
e0137277_22564841.jpg
慌ただしく過ごしていると、待ち焦がれた近所の桜の花もあっという間。
三月の誕生日には辛夷の木がシンボルツリーの二日市にある懐石料理 銀の壺で食事をしてきました。相変わらず、飲み込むのが惜しくなりそうなほどの丁寧な美味しいお料理でした♡銀の壺、実はお値段もかなり良心的で、本会席宝満なら食後にそのまま眠りたくなるほど満腹になれます。
e0137277_22522381.jpg
3月23日の休日のティータイム。
この日は冷蔵庫の掃除、早めに食べたほうが良い食材を見つけて、ホットケーキミックススコーンに挑戦。

使用した材料
ホットケーキミックス 150g
●クリームチーズ 100g(常温に戻しておく)
●マスカルポーネ 70g(常温に戻しておく)
●無塩バター 10g(常温に戻しておく)
牛乳 大さじ1〜2

シナモン 多めに適量
ナツメグ ひとつまみ程度
ココアパウダー 適量

分量外 粉砂糖 適量

1、ホットケーキミックスは一度ふるいにかけておく。
  ●の材料はボウルに入れて混ぜ合わせておく。

2、ミックス粉に●の材料を入れ、切るようにして混ぜ合わせ、牛乳を加えて一つにまとめる。

3、生地をまとめて平らに薄く伸ばしたらしっかりラップをして冷蔵庫で1時間ほど寝かせる。

4、寝かせた生地を取り出したら、まずオーブンを180度に温め始める。3の生地の表面に薄く粉砂糖を振り、半分にカットし、二段に重ねてから一口大にカットしてフォークで穴を開け、オーブンの庫内を170度に変えて15分焼く。

上の写真が、オーブンに入れる寸前の生地です。
ミックス粉のスコーンは思いの外膨らんで、巨大化して一口大のつもりが、なかなか大きめの焼き上がりになりました(笑)大きくなるのを想像して並べたつもりが、そのふくらみが予想以上で中には隣とつながってしまった部分もあったりして…皆様はご用心くださいね(笑)
e0137277_22521103.jpg
ミックス粉のスコーン。表面は軽やかなサクサク生地で中はふわふわ感の残る絶妙なスコーンが出来上がるのですね〜。いやはや、恐れ入りました!

シナモンにナツメグを少し混ぜたほうがスパイシーさが増して、より美味しい仕上がりになりました。このレシピの場合、きっと混ぜるチーズはクリチだけでもマスカルだけでも大丈夫だと思います。
e0137277_22520824.jpg
この日の仕事も無事に終わって…お茶を入れて、スコーンを頬張った夜。

さらに数日前の夕飯。
調理は焼くだけ。
e0137277_22281088.jpg

ステーキ肉、焼いてます。
e0137277_22291432.jpg
一応、バケを用意しましたが、たぶん出番は無いはず(笑)
e0137277_22291762.jpg
熱々ポトフも用意して…案の定、お肉は半分も食べれませんでした(笑)

新しい元号が発表された先日、テレビ画面に映し出された「令和」の文字を眺めながら31年前の平成の発表の時を思い出していました。夫と二人でテレビの前で「元号の変わりってこんな感じなんだね〜」とか話しながら、なんだか不思議な気持ちになったものでした。
官房長官が掲げた令和の文字を見ながら当時を思い出していた矢先、夫が「あのさ、また同じこというけど… 聞いたばかりだからピンとこないよね」と31年前と全く同じ会話をし、苦笑い。
昭和生まれの私達には、それまでの大半を大人達に守られて過ごしていた。
成人して社会人になった平成の時代は自分の無力さを十分すぎるほど思い知らされる時代になりました。いろんな意味でね(苦)
e0137277_22291025.jpg
「平成」という時代、楽しい事も嬉しい事も沢山あったはずなのに思い浮かぶのが震災や災害やテロ。令和に向かう今は「平成」と言う時代が「教えてくれた事」を記憶する方が賢明かもしれない…。


KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。





# by Room230 | 2019-04-04 12:42 | sweets | Comments(4)
ハニーマスタード・サーモン
出しそびれの記事、其の壱
e0137277_20204996.jpg
e0137277_20284400.jpg
ハーブ塩をまぶしたサーモンを野菜と一緒にフライパンで、ハニーマスタードソースを絡めながらソテーする簡単な1品。ソースに使う蜂蜜とマスタードの配合はその日の気分♪蜂蜜は小さいサイズでいろんな味を買うので、苦味や甘みが違いますので、その時使う蜂蜜次第。仕上げはバターで…。
先日、近くのスーパーで見つけた大きなサーモン。
この日はふた切れのみ食べて、残りは冷凍保存しました。
e0137277_20203991.jpg
いつも常備の小鉢があるので、その都度作るのはメインの他は1品程度。
この日はハムを中央に巻いたニラ卵焼き
e0137277_20205348.jpg
この日は例のごとく三月の恒例、保存食の入れ替えの品を食べれる日(笑)
保存食の大半は栄養重視、長期保管しやすさ、いざという時の食べやすさ等が中心になり、9割が食事を考えて選んだ物ですが、去年TVで被災経験のある人たちのお話に「おやつは重要」と言う内容がありました。「こんな時なんだから」というストイックな精神を維持するのには限界があり、かえってストレスが生じやすくなるので、気持ちや身体を癒すという意味でも絶対必要との事。以後、我が家の保存食に追加したのがこちらの栗いりお汁粉のレトルト。
e0137277_20205619.jpg
レトルト内にお餅は入っていませんので、お餅だけ追加。
e0137277_20212892.jpg

どれどれ、と口に運ぶ。
万民受けする程よい甘さ。
日本のレトルトって、いつの間にこんなにレベルが上がったの?と少し驚く。

近年はお汁粉一つ検索しても驚きの種類が出てきますね。
我が家が選んだ保存用は2種類
どちらも美味しい。
これなら万が一の際に冷たい状態で食べても甘味としての味わいを実感できると思います。

今年の震災特番で避難生活中、お腹を満たすための炭水化物ばかりが続き、体調を崩す人が増えたと聞きました。非常食にはフリーズドライや缶詰等の食物繊維の豊富な物をお忘れなくとの事。
なるほどですよね〜、「食」に関してだけでも実際避難期間を体験した人でないと気がつかない事、もっとたくさん課題もあるはず…

毎年やってくるこの季節、できれば今日のように非常食の入れ替えを食べれる日が迎えられますように、と願います。

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。












# by Room230 | 2019-04-02 17:34 | fish | Comments(6)