ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
ゆら、ゆら、あわゆらの春…
博多の桜のときは…あっという間に過ぎ去った4月。
葉桜の時、艶やかな和服姿のお嬢さん達が向かう先
…そこは博多百年蔵(酒蔵ウエディング)
e0137277_15363299.jpg

博多に残る唯一の造り酒屋である博多百年蔵は明治初頭に建築されたもので、白壁土蔵に赤れんがの煙突など明治初期に建てられた時の面影をそのままに造り酒屋として博多っ子たちに愛され続けています。
この日のお買い物、春によく似合う「スパークリング清酒あわゆら」と「あまおう」で簡単なおつまみで封を切る週末。
e0137277_15362849.jpg

被災地より、お花見のおさそいHPも沢山拝見致しました。
こちらはtsubasaさんから教えていただいた気仙沼のワインショップのHP→コチラ、tsubasaさんの手元に届いた、災害を免れたワインたちが掲載されていて、傷んだラベルがせつなく、津波に遭ったワインたちに彼女が「よく来てくれたね」と語りかけた気持ち、すごく頷けます。
e0137277_1537435.jpg

そんなご縁で、我が家も数本まとめてオーダーしました。お酒が飲める人だからこその被災地応援、いかがでしょう?

More…春飲みメニュー
# by Room230 | 2011-04-26 15:35 | fish | Trackback | Comments(6)
麻婆豆腐と餃子の日
e0137277_9351187.jpg

初めての葉にんにく(サンミャオ)いりの麻婆豆腐、やっぱりですが…すごくおいしい。参考レシピはコチラ

頂き物なので、名前も知らない鉢植え↓よってニョロニョロと呼んでいる。花の表面には光沢があり、パット見、造花のように見える。ベランダにはスミレやムスカリ、ラベンダーやニョロニョロ(笑)各種イチゴ科の白い花が満開だったけど、今朝の強風でかなり無くなってしまった。
e0137277_9522157.jpg

4月になり気温が上がって過ごしやすくなった九州。今日は風が少し強くて寒いかな?お弁当を作りながら、夜明けが随分早くなった事に気が付いた。
3月の震災発生時の頃は同じ時間でも、まだ薄くらい夜明けの空だったのに今は朝焼けの空が眺められる。窓の外の大樹が風にあおられて揺れ、ハラハラと雪の様に葉を散らす情景に見とれていた。
e0137277_957596.jpg

参考レシピ/餃子職人のおいしいレシピ

ぶんこやサンからいただいたグリーンティのルームフレグランス。爽やかな香りが、とても心地良い。6年前の福岡の震災時、妹がくれた色んな香りが楽しめるバスシャワーセットを使った時、自分でも驚く程「香り」に救われて以来、ルームコロンは欠かせないアイテム。

e0137277_10213223.jpg

気持のリフレッシュに「香り」はとっても効果的ですよね。

各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪
    ファイブ ブログランキング

あなたのおうちの、美味しい時間のヒントになれますように・・・
*今日も訪問ありがとうございました。皆様の訪問が、とっても励みになっております。
# by Room230 | 2011-04-25 09:50 | Pork | Trackback | Comments(9)
筍の天ぷら/牛蒡の黒ごま白和え oishii
e0137277_8382475.jpg

筍の天ぷら
【作り方】
予め鰹出汁とミリンを入れた出汁で下ゆでしておいた筍に水溶き天ぷら粉をまぶして揚げる。
ちょっと甘めに煮ておいて、揚げ上がった天ぷらは、山椒塩でいただきます。
最初は普通に煮物の予定だったのですが、揚げてみて大正解。想像以上に美味しかったです。
e0137277_8383980.jpg

先月末、今年のはじめに予約しておいたレンタルDVDがやっと到着した「火天の城」
戦国時代の国づくり=城づくり
今、日本がおかれてる状況の中でのこの映画は、様々なシーンや物事が現在と重なって見えてしまいました。それぞれの思惑、それぞれの立場。それぞれの思い。
火天の城、主役を演じた西田敏行氏は福島出身の方、震災後、仕事の合間をぬっては支援活動に励んでおられる様です。
「上にたつモノが、利に走っては国は成り立たない」と言った織田信長の台詞がやけに印象に残りました。

More/もうひとつは手早く1品メニューの定番。
# by Room230 | 2011-04-23 09:04 | vegetable | Trackback(1) | Comments(8)
たらの昆布締め・山椒味噌
メインでは無いのですが、タラの昆布締め。時々、お刺身コーナーで2パックで○○○円という嬉しいタイムセールの時があり、その日食べる分と翌日食べる分を迷わず買う(笑)
そして翌日分は昆布締め。
e0137277_8281840.jpg

昆布締め/作り方
●甘酢と水、ほぼ同量を混ぜ合わせ、汚れを拭き取った昆布を柔らかくなるまで浸しておく。
(本来はお酢100cc、砂糖90g、水100ccを混ぜて昆布を浸します。)
●刺身には軽く塩をふっておく。
●酢に浸し、柔らかくなった昆布に刺身を並べて挟み込み、そのまま冷蔵庫で漬け込む。

生のままのお刺身より身が引き締まり、コクのある味わいが楽しめます。今回はmanngoさんのお宅で見た美味しそうな木の芽を使った山椒味噌を添えていただきました。作ってるだけで嬉しくなる程、良い香り〜♪残った山椒味噌、パスタに合わせたら…どうかしら?とか、また悪巧みを考えたりして(笑)
e0137277_8282357.jpg

同じお皿に添えた小鉢は、我が家の定番「葉わさびの茎」の大蒜醤油漬け。夫が大好きなので、葉わさびを見つけたら必ず買うんです。たらの昆布締めにわさび漬けを乗せてパクン!!と、これもまた美味しい!!熱湯でかるく湯がいた後で、ビニールに入れて揉み込むと、あのわさびの香りがツ〜ンと漂ってきます。葉っぱは塩をまぶしてクッキングペーパーに広げて乾燥させてからおにぎりなどに使用。先日の鰤の付け焼きの下に敷いてある物が葉っぱの部分。茎は下ごしらえの後、大蒜醤油に漬け込んでおくだけ!!
e0137277_8422339.jpg

これから出回る爽やかな香りのわさびや木の芽、
和ハーブの食卓は魅力的。

More/先日、読んだちょっと嬉しい記事
# by Room230 | 2011-04-21 08:26 | fish | Trackback | Comments(10)
鰤の漬け焼き/胡麻味噌ダレ
e0137277_10161654.jpg

今日の夕ご飯はブリの胡麻味噌焼き、セールの切り身を買って来てるのでちょっと余裕。タレをまぶして置くだけなの(笑)夫の帰るコールと同時にグリルで魚を焼く。この、魚の焼ける匂いが大好きなフィルですが今日はお魚を焼く前にゴハンを食べて熟睡していたのでその事を知らない。
キチが告げ口しない限りは…(笑)

e0137277_1016674.jpg

ぶりの切り身、2枚(結構大きい)
こんがり、ホクホク…なんだかお魚と言うよりお肉みたいなボリューム感。

More
# by Room230 | 2011-04-19 10:34 | fish | Trackback | Comments(10)