ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
さくらんぼのクラフティ 2018
本格的な夏が来る前のこの時期に、毎年作るさくらんぼのクラフティ。私が使用するのは日本の愛らしいさくらんぼでは無く、色の濃い冷凍のホールグリオット。
e0137277_16140496.jpg
季節が巡り、いろんな果実が豊富に出回る季節になった事を感じられるスイーツ。クラフティの生地はそのままに、中の果物を変えたいろんな味わいが楽しめるシンプルな焼き菓子ですが、やはり定番はチェリーですよね♪

確か一般的なレシピには薄力粉やリキュールが入っていたような…
我が家は我流で、いつもあり合わせの簡易的な材料のみで作ります(笑)

クラフティ生地(15cmホール型使用)____________
卵大1個
生クリーム200cc
コンスターチ 15g
グラニュー糖 約50g
無塩バター 15g
バニラエッセンス 少々

1、鍋に卵とグラニュー糖、バターを入れてよく混ぜ合わせてから火にかけグラニュー糖がしっかり溶けるように混ぜ続ける。(弱火)

2、1のグラニュー糖がしっかり馴染んだら、生クリームを注ぎ、火力を少し上げて混ぜながらクリーム状にしあげる。通常のカスタードより少し柔らかいくらいで引き上げます。

3、火を止めてバニラエッセンスを混ぜたら、タッパーに移し、カスタードに直接ラップをして冷蔵庫へ。

4、から焼きしたタルトに3の生地を入れて平らにならし、チェリーを並べ置き、170度に温めたオーブンで30分焼き、180度に上げて3〜4分焼く。

5、そのままオーブン庫内で常温になるまで冷まし、温度が下がったら冷蔵庫でしっかり冷ましてからいただきます。

普段のクラフティはもう少し卵の量が多めに配分したものなのですが、今回は、少しブリュレーのような食感が欲しかったので卵控えめ、薄力粉も無し!
食感は通常より柔らかく滑らかですがカットしても崩れない程度の硬さで焼き上がりました♪
e0137277_16141796.jpg
焼きのラストの時間は、設定では5分だったのですが、上から見たらお分かりのように、そこそこ焼き目がついてきたので3分ちょいで止めました(笑)

薄力粉が入らないので、クラフティ生地がスポンジ感の無い状態であることが、この断面ならわかってもらえるかな?半分牛乳ではなく、全生クリーム使用なのは、中途半端な量で生クリームを残さないためでもあります。
e0137277_16141192.jpg

6月に入る前に梅雨入りとなった福岡。
カレンダーを見ながら2018年の半分が過ぎた事に、少し驚く(笑)
猫たちがいた頃には、6月になるとご長寿表彰の為の書類が届き、カタログや表彰状に印刷する猫たちの写真を撮影し、送付するのが恒例行事だった事を思い出します。
最初に表彰の手続き更新が来たのは年上のフィル姉さん。ブログにアップしている普段の撮影とは違い、撮影直前にグルーミングをしたりのおめかしをして、夫婦で「フィル、こっち向いて」「フィルちゃ〜ん、は〜いここよ〜」と目線をもらう為におやつを見せてご機嫌をとる私たちに「なに?なんで姉ちゃんだけ?なんでぇ〜?」と、まとわりつくキチ。まずはキチを落ち着かせる為に、おやつを与えて「キチは来年からだね〜」と、安心させた時の彼がこちら↓
e0137277_17180416.jpg
キチにはご長寿の表彰など意味不明
要するに、おやつが欲しかっただけ(笑)
たんまり食べたら、ご機嫌にいつもの鼻歌が始まる。
「にゃあああお〜〜、ひゃひゃひゃ〜なやああああお〜」と、ささやくような声が瞬く続き、突然「うんにゃやあ〜あ〜!!!」と、妙にコブシの効いたサビらしきポイントがあった。一度、きちの鼻歌の歌詞の内容を聞いてみたかった…たぶん「おやつは美味しい」とかだろうけど(笑)

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。



# by Room230 | 2018-06-01 17:33 | sweets | Trackback | Comments(4)
豚の紫蘇巻き<pork
豚の巻き巻きメニュー其の壱
e0137277_15542920.jpg
ピーマンや青梗菜と一緒に持っていただく豚の紫蘇巻き
甘辛ソースは中華風
e0137277_15545896.jpg
別の日の豚巻きはごぼうの巻き巻き
生姜焼きで照り照り風味。中のごぼうは皮をむき、小鍋にお酢を加えた水で一煮立ちしてから取り出し、軽くまな板の上で叩いてから豚肉を巻いています。巻き巻きの成形後、片栗粉をまぶしてフライパンで照り焼き。
e0137277_15283945.jpg
巻き巻き無しの豚とズッキーニの生姜焼き
大きな豚肉ではなく、ズッキーニと一緒にお箸で掴みやすい大きさにカットした豚肉。そこそこ歯ごたえのある仕上がりにしたかったので、仕上がりまでの全行程で蓋をせず、火が通るまでひたすら焼きます。出来上がりの豚肉は香ばしい香りがして美味しい。
水分が少なくしあがるので、きっとお弁当にもいいだろうな〜
e0137277_15292416.jpg
豚肉と一緒に食べるのは、やはりキャベツ!
普段はてんこ盛りに用意した千切りキャベツですが、これからの季節は丸ごと一玉が新鮮なうちに食べ尽くすのは無理なので、残りは早めに「酢キャベツ」にしてしまう。
お酢に漬け込むだけの場合もあるけれど、真夏の猛暑にはざっくりとカットしたキャベツをジップロックに入れて、カップ入りのもずく酢をもずくごと流し込み、軽く揉んで冷蔵庫でひんやりさせて食べる事が多くなります。(もずく酢キャベツ↓)
e0137277_15435473.jpg
KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。




More・キチのお気に入りの場所
# by Room230 | 2018-05-30 15:50 | Pork | Trackback | Comments(8)
チキン南蛮
e0137277_16463945.jpg
これって…今では全国区ですよね?(違う?)
鶏肉に衣をつけてパリッと揚げたら、甘酢にさっとくぐらせ、タルタルソースをかけていただく宮崎のチキン南蛮。
お家でも定番なだけに、レシピもたくさんあるようですが我が家は衣に卵は使わず、水溶きてんぷら粉に鶏肉をくぐらせて、ストウブで二度揚げしています。
下ごしらえに使用しているのは酵素糀(副甘黒酢)だけ♪

甘酢の代用は、お寿司屋さんの寿司酢とみりん少々を混ぜ合わせたもの。チキン南蛮発祥の宮崎の「寿司工房、えんどう」さんの寿司酢。風味豊かですごく美味しい♡一度味わうと病みつきになり、お酢消費の高い我が家はネットで数本をまとめて購入しています。
e0137277_16465455.jpg
タルタルソースには水分の少ない胡瓜のピクルス、ガーキンズを使用。
あとは、マヨネーズ、ゆで卵に玉ねぎのみじん切り、隠し味に…生姜の味噌漬けのみじん切り。

e0137277_16464347.jpg
真夏に食べる茶碗蒸しは、冷蔵庫でひんやりさせてからいただく「冷やし茶碗蒸し」になりますが、この時期はまだ、暖かい茶碗蒸し。
大きめのカフェオレボウルで作る理由は、中に穴子と鶏肉、エビなどが入った長崎「吉宗」の名物茶碗蒸しを真似たから。かまぼこが無かった〜と、無理やり水切り豆腐をぶち込んだわ(笑)
e0137277_17203665.jpg
初めて…オーガニック新玉ねぎ、というものを買ってみた。柔らかい新玉ねぎなので、生スライスでいただきます。
うまい!!素晴らしく美味しい…。値段を見て「恐ろしく高いな〜」とは思ったけれど、勇気を出して買ってみて良かった!!
清水の舞台から飛び降りて、たまに大怪我する時もあるけど、今回は、すごく上手に着地した気分です(笑)

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。






More
# by Room230 | 2018-05-28 15:16 | Chicken | Trackback | Comments(2)
なすごんげとチャンプルー(夏ご飯)
いよいよ南九州の梅雨入りだとか…福岡も例年より早い梅雨入りになるらしい。
e0137277_16593228.jpg
先日cocoちゃんの記事で紹介された、彼女のおばあちゃんの「なすごんげ」
cocoちゃんの解説によると「ごんげ」は「ものすごく」という方言らしいので、それを福岡で言い換えると「ちかっぱなす」か「ばりなす」になる?(笑)佐賀なら「がばいなす」かな?
*cocoちゃんのおばあちゃん直伝のレシピ
我が家はアクの少ない水ナスですので、切って即、炒めます。
味噌には茅の舎のあごだしを少々まぜて仕上げに切りごまを足してみました〜
COCOちゃんが言うように、なんぼでも食べられるほどの味。私と同じく茄子好きさんで、もしまだ未体験のレシピなら、ぜひお試しいただきたい美味しさです♡
e0137277_22023435.jpg
いよいよのゴーヤーチャンプルーシーズン。
今年も夏がくるな〜と、この野菜を見ると実感するゴーヤ。
私の地元は、昔は「にがうり」と呼ばれていたのですが、最近は母もゴーヤと呼んでいる。たぶん、このゴーヤーチャンプルーの影響ではないだろうか?と思う。
e0137277_22023834.jpg
鶏の唐揚げ、悔しいかな…やっぱ…唐揚げは美味しいな…(笑)
最近よく買う、唐揚げの衣は「日清」の商品。唐揚げグランプリ金賞店監修の香ばし醤油、ガーリック風味。なんか、ハマったわ♪
e0137277_17193956.jpg
鶏皮好きの福岡県民、鶏皮唐揚げもやっちゃうよ( ˘͈ ᵕ ˘͈ )♡

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。




# by Room230 | 2018-05-26 17:03 | Cuisine | Trackback | Comments(6)
5月のお魚料理
ここ最近、我が家の夕飯に登場したお魚料理をまとめてアップ
e0137277_22441980.jpg
この時期、いろんなご家庭の食卓シーンでおなじみの「カツオのたたき」
口に運んだ瞬間に初夏だな〜と、実感する。

e0137277_22443083.jpg
連子鯛の素揚げ
丸ごと連子鯛を素揚げにしてしまうので、驚くほど食べ尽くせてしまいます。
塩をして、表面の水分をしっかり拭き取ってから二度揚げ。こんがり、パリパリの香ばしい1品。連子鯛の尻尾がクルンとヒックリ返っている理由は、ストウブ20cmで揚げた為(笑)
e0137277_22442718.jpg
背中のヒレの香ばしさが最高で大好き♪
最初の一口、私は尻尾から、夫は豪快に顔から(驚)。
ハムッとかぶりついて、バリバリと豪快な音を響かせる。皿に戻された連子鯛が「嗚呼嗚呼」と叫んでいるような顔になっていました。

e0137277_22444129.jpg
イカとじゃがいものガーリックバターソテー
下ゆでしたじゃがいもとイカをすりおろしたニンニクとバターで炒めるだけ。
お好みでサッと醤油を回しかけたりナンプラーを回しかけると、エスニックな1品に♪

いづれも飲める人は…冷え冷えの泡を用意しておく方が良いらしい(笑)

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

# by Room230 | 2018-05-23 15:35 | fish | Trackback | Comments(6)