ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
<   2018年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
夏の酢豚
e0137277_15591695.jpg
厳しい暑さの影響か…「今日は何にしようか?」と聞くと普段なら「豚の生姜焼き」との答えが一番多いのですが、今年はやたら「酢豚が食べたい」と言われます。実は先週も酢豚を食べてます(苦)おかげでお酢の消費量も例年よりますます多い。
2003年頃から始まったと聞く黒酢の人気。九州には代表的な坂本の黒酢があるので、当時から同じものを使用しています。

普段はお手抜きで、表面をフライパンで焼くことが多いのですが、この日の酢豚は、真面目に?揚げています。

豚ロースかたまり 約300g(パイナップルジュースに漬け込んでから使用)
塩こしょう 少々
片栗粉 適量

調味料____________
黒酢 大さじ3
甘口醤油 大さじ1 
紹興酒 大さじ半
砂糖 大さじ2
水 大さじ2
____________
ごま油 小さじ2
ピーマン2個(乱切り)
赤ピーマン 大1個(乱切り)
長ネギ 5cm程度をみじん切り
生姜 すりおろし 小さじ1程度
しょうゆ漬けニンニクのみじん切り 小さじ1/4程度

1、豚肉を一口大にカットして塩こしょうを揉み込み、片栗粉をまぶし油で揚げておく。
2、小鍋に調味料を入れて一煮立ちしておく。(ここで一旦味を見て調整してください)
3、フライパンにごま油を温め、野菜類を入れて軽く炒めたら調味料を注ぎ入れ、1の肉を加え、全体に味をなじませてからめ、火を止めて蓋をして1分ほど蒸らす。(蒸らすとタレと肉との絡まりがよく馴染む)

照り照りの具合も食欲をそそる〜♡

e0137277_15594792.jpg
熱々の黒酢酢豚とは対照的に、ほうれん草の白和え
一緒に混ざり合う赤いのは…kaoruさんから頂いた「赤こんにゃく」
普段なら刺身こんにゃくを小さくカットして混ぜるのですが、せっかく美味しそうなこんにゃくを頂いたので、使ってみました。
とろみを感じるほどのむっちり…少し呉豆腐にも似た食感で味はほのかな甘みを感じる、かな〜り美味しい!刺身こんにゃくをそのまま食べることは無いですが、これは…調味料なしでも私はイケる!!(笑)
e0137277_15594282.jpg
今日も作っちゃったわ…ナスの揚げ浸し
甘い…美味しい。だめだ、このトロントロンの味わい…これは油だとわかっているのに箸が止まら無い…ナス好きには悶絶・苦悩の1品。
ナスの後ろにある青い器の中はポテトサラダ。この中にもkaoruさんが送ってくれたジャガイモが混ざってますが、もうこれで頂いた自家製野菜は全部、胃袋に入れてしまいました〜。ごちそうさまでした(^人^)感謝♪
e0137277_15593245.jpg
スタミナつけて、お仕事頑張って…この夏の暑さを乗り越えれば…
心地よい秋の風情に酔いしれる紅葉が来るのだ!!と、かなり強引に自己催眠?

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

by Room230 | 2018-08-13 14:16 | Pork | Trackback | Comments(6)
白玉珈琲善哉
今年も夏のコネコネ、白玉だんごを作りました。
e0137277_17032987.jpg
白玉とつぶあんで作る白玉善哉にコーヒーゼリーが入るのが我が家の白玉善哉
甘い小豆とほろ苦いコーヒーゼリーを一緒に頬張る。
ひんやりと冷たい小豆善哉を食べるようになったのは大人になってからの事で、お盆が来ると母がお仏前用に白玉を作ってお供えしていたせいか…なんとなく「お供物」としか思って無かったのですが…福岡の「川端ぜんざい通り」ではかき氷と組み合わせた夏限定のぜんざいがあるほどで、その影響もあり、夏の涼に白玉ぜんざいを食べる事が定番化してしまいました。レシピはmoreにて

ついでに過去記事よりKICHI KITCHENの白玉ダイジェスト♪
e0137277_17543112.jpg
食紅で色をつけたお団子白玉、茹でたかぼちゃとシナモンを白玉粉に混ぜたかぼちゃの白玉
抹茶を混ぜた小豆抹茶白玉、白玉の中に小豆餡を入れたKICHIだんご♪
少しのプラスアルファで、いろいろ楽しめる白玉は小さいお子さんと一緒に作るのにもぴったりですね。
e0137277_17033494.jpg
ある日の夕ご飯
奥の白い器にはゴーヤと甘湯葉のツナマヨ
手前の黒い器には、人参と沢庵の中華味の甘湯葉炒め。
kaoruさんから届いた甘湯葉、使いまくりの食べまくり♪
歯ごたえのある状態で食べても美味しいし、水で戻してトロントロンの湯葉らしい食感にしても美味しい。気温、天候関係なく使える乾物って…実にありがたいですね。

e0137277_17032590.jpg
週末からの「お盆休み」のご挨拶の一報が入り出しています。
帰省や旅行、この猛暑の中の長時間の移動、くれぐれも体調管理を怠らず、楽しい夏季休暇をお過ごしくださいね。


KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。



More
by Room230 | 2018-08-10 16:56 | sweets | Trackback | Comments(4)
杏仁豆腐と夏のおいなりさん
台風13号が接近している影響なのか?こちらも少し風が強いです。関東、東北地域に影響が競うとの事ですので、用心してお過ごし下さい。台風14号の発生も報じられました。→yahoo天気災害情報(8月8日 13時現在)
e0137277_16004426.jpg
杏仁豆腐には枸杞の実ですが買い置きが無いので、冷凍スグリを乗せてみた。
以前レシピブログから杏仁豆腐の注意喚起がありましたが、自分で杏の種を加工しての杏仁霧はやめたほうが良いという事らしい…。「な〜んだ」とホッとした杏仁好きの私でした。

お二人さまの杏仁豆腐
牛乳60cc
砂糖15g
杏仁霧4g
粉ゼラチン2g(大さじ1の水でふやかしておく)
生クリーム40cc

シロップ
グラニュー糖大さじ2
水 大さじ1半
クコの実 適量

1、鍋(中火)で沸騰しないように牛乳を温め、砂糖と杏仁霜、粉ゼラチンを加え、しっかり溶かし込む。
2、火を止めてから生クリームを注ぎ、よく混ぜてから容器に流し込み、冷蔵庫で冷やし固める。(冷蔵4時間程度)

シロップは耐熱容器にグラニュー糖と水を加え、レンジで500w、1分間加熱。
しっかり混ぜて溶かしたシロップにクコの実を入れて冷蔵庫でスタンバイ。

杏仁の硬さ(舌触り)はお好みなので、完全に固まる前にトロントロンで食べるも良し、しっかり固まってスッキリした美味しさを味わうも良し。
e0137277_16003774.jpg
e0137277_16523212.jpg
先日、この夏は稲荷寿司がよく売れていると知りました。
甘辛いお稲荷さんと酢飯の組み合わせが、この夏の暑さに丁度良いのかな?健康だとか体がどうこうでは無く、とにかく食べたい!と思えての「稲荷寿司」のチョイスだとは思うのですが、結果、大正解の選択。
つまりは体が欲するものは肉体が必要としているものでもあるのでしょうね。

子供の頃、来客の増えるお盆の時期は近くのお寿司屋さんから取り寄せられていた寿司盛り。
わさびの入った「握り」は子供には嬉しくない味で私が手に取るのはいつも狐のお耳の形をした稲荷寿司と巻き寿司だけ。
それが、また普段とちがって嬉しかったりした。

九州生まれの九州育ちの母が作る稲荷寿司は酢飯をたくさん詰めた関東風タイプで遠足などのお弁当に入っていたお友達のお弁当にも関東風の形が定番でした。関東風のおいなりさんのほうが酢飯をたくさん詰め込めるから、でしょうね(笑)

ちなみに我が家のお稲荷さんは五目寿司の入った関西風の三角いなりです。
e0137277_16515067.jpg
暑い時期、食の取り扱いも難しくなりますね。
酢飯に多少の殺菌効果があるとはいえ、扱いは重要。
たとえ涼しい場所で保管していても、冷蔵庫でない場合は半日程度が目安なんだそうです。念には念を入れて…と酢飯に刻んだガリを混ぜたり油揚げに味の影響が感じられない程度のわさびを塗っておいたり… それでもこの猛暑、冷蔵庫以外なら即、胃袋に収めるに限るのかも?

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。



by Room230 | 2018-08-08 14:31 | sweets | Trackback | Comments(6)
焼き鯖と甘湯葉のおひたし
ありふれた日常という贅沢さを、この歳になって改めて実感させられている。
この日のメインは焼き鯖
e0137277_14585993.jpg
この夏の悪天候に農家さんの苦悩がニュースで流れると、しみじみ手元の食材を見つめてしまう昨今。
e0137277_14590601.jpg
買ってきた小ナスの浅漬け、叔母の奈良漬ときゅうりの粕漬け。常備のきんぴら。
そして、先日kaoruさんから頂いた「甘湯葉」とほうれん草のお浸し。初めて食べる甘ゆば(濃くなった豆乳で取れる湯葉)調理しながら、ついついそのままつまみ食い。
ほんのりと甘みのある湯葉とほうれん草に、これまた一緒に頂いた「黒七味」をパラリと振りかけて…。常の赤い七味とは一味違ってキリリと男前な味がする。
e0137277_14585378.jpg
私の場合、夏の食卓に限らずですが薬味や七味があると、味わいがぐっと増すのがやみつきになる。普段愛用しているお気に入りはちょむちょむさんが送ってくれる「京ラー油ふりかけ」で調味料として漬物にも炒め物にも使いまくってしまいます。
e0137277_18094239.jpg

この猛暑続きに肝心の復興作業も滞り、不満炸裂のこの夏ですが、そんな気持ちを平らにしてくれるのが、ありがたい夏の果物。近所のお宅で盆提灯が照らされる時期には梨も出てくる。
先日、Liebeさんが手作りのフルーツジャムを送ってくださいましたので…スイスと九州果物のコンビでのフルーツタルトに変身!!あ、でも上に飾っているベリー類は輸入の冷凍です(笑)
e0137277_18094854.jpg

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

by Room230 | 2018-08-04 18:22 | Cuisine | Trackback | Comments(6)
2018年 八朔の華/大濠に咲く
カレンダーは8月に変わった。朝から「今日は大濠の花火大会ですね〜♪」と地元のテレビやラジオで今年の八朔の華を待つ声がたくさん聞かれた。

夕飯は豚の生姜焼き
e0137277_00062898.jpg
夕飯を済ませた後で、遠くで響く花火の音に「おっ、始まった!!」と、期待半分でベランダに出て大濠の方向を眺めて見ると、今年は打ち上がる方向が今までと少し違うらしく…久しぶりに花火がベランダから見られました。(ここ近年、花火のあがる方向に新しい高層マンションが立ち並び、花火は音だけライブの我が家でした)

花火のグレードが上がって、その色合いや形の様々さに驚きにも似た感動がこみ上げる。ただ、我が家からは何の形かわからなくなる物もあり…たまに「イカ」に似た形の絵が描かれていたような…まさか、ねぇ119.pngと、二人で苦笑い。
e0137277_00063195.jpg
豚の生姜焼きと一緒に、小鉢は常備菜。大根と人参の膾、レンコンの梅塩チップス、叩きごぼうの揚げ浸し、ほうれん草とkaoruさんから頂いた「甘湯葉」お浸し。

この料理を食べている時間は、花火が上がる前の大濠の様子をテレビで見ていました。
今更驚くまでもない人の数。TVの情報によると戦時中は一時中断していた花火が戦後の復興に開催された当時は、九州中から宿泊込みでの観光客があったとか…。
この福岡の花火に限らず、日本の各地の花火大会が戦後の復興や犠牲になった人達への鎮魂の祈りを込めたイベントだったようですので、当時遠くから、はるばる花火を見に集まった人たちの気持ちを想像してみる。

様々な思いが交錯する福岡の空に咲く八朔の華。
今年も、この日を迎えられた事自体…ありがたい事なんだと思えた。
一年前の我が家は…心太を作ったんだな(笑)去年の花火大会の記事を見て、この1年を振り返る。
e0137277_00062291.jpg
何かと辛い災害が多い夏になってしまい、ここしばらく空を見あげる時は、悪天候に不安な気持ちの時ばかりだったので花火を見て「おおっ」と顔を見合わせながら、久しぶりに楽しい気持ちで空を見上げている事に気がつきました。

辛い時に「上を見あげるという姿勢」は、実はメンタルにも良い効果なんだとか…
さぁ、世間様はこれから夏休み本番。
我が家は…休みなく頑張りますよ〜♪

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。





by Room230 | 2018-08-02 20:42 | Pork | Trackback | Comments(4)