ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
<   2018年 08月 ( 11 )   > この月の画像一覧
イカスミパスタとイカスミライス
e0137277_22132959.jpg
頂き物のイカ数杯、冷凍保存する際に、イカスミだけを別に取り分けて冷凍しておいたものを使用。
e0137277_22134367.jpg
イカスミパスタの翌日はトマト缶の増し増しでイカスミライス♪
e0137277_21403431.jpg
コウイカ 1杯(半分輪切り、半分細切り)
イカスミ 3杯分使用

玉ねぎ 1/2個(みじん切り)
セロリ 1本(みじん切り)
にんにく 1個(みじん切り)
ナス 1本(みじん切り)
トマト缶 1缶
鷹の爪 少々
白ワイン 50cc
ポルチーノソルト 適量
無煙バター 15g

1、ストウブにバターを溶かし玉ねぎとセロリ、ニンニクを炒める。
2、野菜がしんなりしてきたらイカを入れて、白ワインを注ぎ、軽く煮る。
3、ワインがフツフツしてきたらトマト缶、ブイヨン、イカスミ、鷹の爪を加えて軽く煮込む。
4、味を見て、ポルチーノソルトまたは塩で味を整え、弱火で5分ほど煮込む。
e0137277_22062849.jpg
コウイカのイカスミはスルメイカなどに比べたら、少し明るめの茶色っぽいイカスミなんですね。使用したイカスミはコウイカとスルメイカが混ざり合っています。
本来なら、イカワタも使用した方が断然美味しいのですが、冷凍保存の際にワタは先に使用してしまいました。(上記画像がイカワタを使用したイカチャーハンです)

e0137277_21403084.jpg
KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。




by Room230 | 2018-08-30 14:31 | Cuisine | Trackback | Comments(8)
油淋鶏・鰹の竜田揚げ
e0137277_16463000.jpg
福岡は名物とんこつラーメンの影響で「とんこつ」=「豚肉が好き」と思われがちですが、実際は「鶏肉」の消費の方が圧倒的に多いらしい。そもそも、福岡県民はラーメンよりうどんを食べる事が多いしね(笑)
きっと、他県でもイメージとは異なる現実があるんだろうな〜…と予想できる事実。

本日のKICHI KITCHENは赤茄子の揚げ浸しと油淋鶏

ボウルに香味ソースの材料を入れて混ぜておく。
ストウブ鍋で揚げナスを揚げ香味ソースにつけてからナスを引き上げておく。
残った鍋の油で薄く薄力粉をまぶした鶏肉を揚げる。
鶏肉に香味ソースを回しかける。

↓香味ソース
長ネギみじん切り1本分
生姜のみじん切り 大さじ2杯分程度
水 大さじ1
煮切り酒 大さじ1
甘酢 大さじ2
みりん 大さじ1
すりごま 大さじ1
にんにく醤油 大さじ1

e0137277_17031415.jpg
先日の週末、お休みでは無かったので夕飯後にDVDでも借りて気分転換してみようか?と相なりまして、週末のリフレッシュだから、見た後に「ほっこり感」を得られるようなお話がいいかも?とDESTINY「鎌倉物語」を選びました。日本人が作る「ファンタジー」だな〜と、しみじみほっこり、夢見心地。日本古来の怪談も好きですが、妖怪や幽霊がでてくるけれど、小さいお子さんも一緒に楽しめる、ファンタジーもいいですね〜♪

ここ近年、自然災害で多くの人を見送った国だから…
もしも黄泉の国があり、もしも旅立った人たちが、あんな風に穏やかに次の生まれ変わりまでの時間を過ごしているのならば…きっと来世でも会えるはず。

ほんの少しだけ、残された者は慰められる気がしました。
e0137277_17112306.jpg
e0137277_17171881.jpg

大きな鰹のたたきを、お刺身で半分食べたら、次の日の残り半分は竜田揚げ。あらかじめ、買って来た当日から生姜風味のタレに漬け込んだ状態で冷蔵庫に入れておきます。衣と鰹の間には大葉を巻いて、カラリと揚げた鰹の竜田。
中は、ちょいレアっぽいくらいが柔らかくて美味しい。

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。












by Room230 | 2018-08-28 16:07 | Chicken | Trackback | Comments(6)
普段ご飯の鮭と豚巻き
ものすごく普通の食材で、なんの代わり映えも無いですが、鮭の実山椒焼き
e0137277_22273802.jpg
この夏に収穫された山椒の実の冷凍保存をたっぷりと利用して鮭を焼く。
フンワリと漂う山椒の香りが心地よい。旨味たっぷりの醤醤油でソテーして、鮭と一緒にごはんのお供にして山椒も食べてしまいます。フィーユさんは九州だから甘口が好きだと思うので…と、甘口のひしおを送ってくれたのは都内在住のちょむちょむさん
確かに今まで使っていたものより、甘くて美味しい!!と感じました。
e0137277_22274335.jpg
前日はきんぴらにしていたごぼう。翌日豚バラを巻きつけてフライパンで蒸し焼き。
きんぴらのままだと、うちの肉食獣の口に入る量が少ないので、鉱物で釣る作戦(笑)
だから豚肉はきんぴらごぼうをくるんと一巻きだけ。
e0137277_22274917.jpg
先日買い物に出かけた際に、フッと目に入ったオリーブオイル。いろんなオイルが並んでいる中で、これが一番売れていた。かわいいパッケージに惹かれてしまうのは、何も私だけでは無さそうですね(笑)
e0137277_22275554.jpg
にゃ〜♪黒猫さんがかわいい。
e0137277_22531110.jpg
あ、姉さんほどでは、ありませんが…うかつに浮気すると、怒られそう(笑)

黒ネコ好きあるある、パッケージに黒ネコが居るだけで魅かれる。
自分では飲めもしないドイツワインとか…初めて見るパッケージは、必ず買ってしまうのです。
e0137277_22280041.jpg
かわいいつながりで…こちらはかわいいメモ用紙
先日KAORUさんからチキンラーメンミュージアムにお出かけした時のお土産にと、いただきました。デスクに置いたこれを見てると無性にチキンラーメンが食べたくなり買ってきてしまいました。単純(笑)ミュージアムリポートは同行のLiebeさんの記事から拝見可能。なかなか楽しそう!!
あ、デスク周りの山積み資料はご容赦ください。

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。






by Room230 | 2018-08-26 16:28 | fish | Trackback | Comments(8)
とん平焼き
e0137277_17383371.jpg
お仕事の時でも週末は少しリラックスしてデスクについている。
e0137277_17390401.jpg
平日は深夜でも急な打ち合わせもありうるので、お酒は飲まない夫ですが、週末なので「飲んじゃおうかな」と、ベランダにハサミを持ってイソイソ♡モヒート用のミントを狩り取る。
連日の猛暑でベランダのミントは、ややしおれ気味ではありますが(笑)
我が家のモヒート、今年はちょむちょむさんからのお中元に頂いたハーブコーディアルが活躍している。(モヒートにオススメは←写真の季節限定グレープフルーツジュニパー)
私は氷と炭酸水で割って、お風呂上りに飲むのが好きですが夫は、モヒートにひとさしで楽しんでいる。何でも、これをビールに加えても美味しいらしいですよ。お酒を飲まない私も、少しわかる気がします。
このコーディアル、夏に心地よいすっきりの味わい。夏の暑さの影響で、お風呂上り以外も飲まずにいられなくなり、去年より早く無くなっています…(苦)
この夏向きコーディアルが無くなる前に、少しでも気温が落ち着いて過ごしやすくなってくれるとありがたいのだけれど…

夫はモヒート、私は炭酸割り
日が暮れてもなかなか気温が下がらない今年の夏。
我が家の夕涼みはコーディアルで…。

白いゴーヤのツナマヨ和え。
緑より苦味の薄い白ゴーヤ。スライスをサッと下ゆでしてツナマヨで和えるだけ。
お酒のつまみの時は、ちょこっとわさびを追加します。

e0137277_17384217.jpg
先日yukoさんの食卓で見た「とん平焼き」がすごく美味しそうで…
夫のお酒のつまみに、わたしの夕飯のおかずに…キャベツともやしをたっぷりのとん平焼き、期待通り、美味しかったです♪
もちろん、ゴーヤも入れちゃいます。
今年も予想通り、次から次へと台風発生。これからしばらくは続くことになるでしょうから、皆さんも用心してくださいね。
夏の暑さは、気温ばかりが報じられがちですが…体にこたえるのは、湿度のほう。
湿度の高い猛暑は、息をするのが苦しいと感じる時があります。
e0137277_17351188.jpg
夏の食卓、登場頻度が上がるタイカレー。暑いのに熱いタイカレー(イエロー使用)ナスたっぷりの具材が嬉しい。
なんで暑い国の料理は辛いのが多いのかな?余計に汗かくのに…と、疑問に思った若かりし頃。
現地の人に聞いたら「暑さに体が慣れたら、汗をかきにくくなるから、あえて辛いものを食べて刺激を与えて汗をかくんだよ〜」とのことでした。なるほど。汗臭くなるから汗をかきたく無い、なんて…言ってる場合じゃ無くなった日本の夏。今後、暑さ対策の学びが必要になりそうです。

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。


by Room230 | 2018-08-23 14:46 | Cuisine | Trackback | Comments(6)
とんガリ照り焼き
e0137277_15122872.jpg
豚バラ 8枚
生姜のガリ 適量
薄力粉 少々
(照り焼き調味料)
甘口醤油 大1
ひしお醤油(甘口)大1
みりん 大2
酒 大2
さとう 小2

1、豚バラにガリを敷き、くるくると巻き、表面に薄力粉をまぶす。
2、小鍋に照り焼きの調味料を注ぎ、一煮立ちしておく。
3、フライパンに少量の油を敷き、1の豚肉の表面をしっかり焼き、2のタレを回しかけて全体に絡め、蓋をして弱火で火を通す。

e0137277_15122430.jpg
あっという間に…今年のお盆も過ぎました。

ご先祖様や旅立った家族が帰省するわずかな期間。
マンションのベランダから見える、ある大きなお宅で飾られる美しい迎え灯篭。
その美しい灯を見ると、今年も帰ってくるんだな〜♪と、少し嬉しくなったりする。

「ただいま〜」とかね(笑)
e0137277_15130663.jpg
見えない2匹のお迎えはコレという特別な事はしませんが、いつもの我が家を楽しんでくれたかな?
e0137277_15140155.jpg
あ、エアコンが変わってる。とか気がつく?(笑)
e0137277_15125694.jpg
夏季休暇が無かった我が家は、ずっと仕事で自宅にいたので、あの頃の、可愛い姿を幻に見るように過ごす静かな数日間でした。お盆は白玉団子のお供えだけど、次は興味深々だったおはぎのお供えだよ♪また、お彼岸までしばしのお別れ。
旅立った人達もあの世とこの世を「行ったり、来たり」で案外、忙しい?(笑)
e0137277_15435491.jpg
夏の醍醐味 厚揚げのおろし和え
油抜きした厚揚げに、乱切りキュウリとゴマたっぷり、好みで薬味を添えて、多めの大根おろしを加えた天つゆを回しかけた1品。夏場だけの我が家の1品。できればツユを回しかけ、しばらく冷蔵庫で冷ましてからの方が美味しい。

e0137277_16420411.jpg
クレープ、今となっては数年に一度の程度でしか焼かないけれど、子供時代はよく作った。
久しぶりに焼くと…子供時代より下手になってた…(笑)
 
KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

by Room230 | 2018-08-20 16:05 | Pork | Trackback | Comments(6)
夏のサラダとかんざらし
e0137277_17595510.jpg
かんざらし。
雲仙岳の麓にある長崎は島原の郷土料理。詳しくはこちらに島原市のしまばら観光おもてなし課のかんざらしサイトにて。
e0137277_17594440.jpg
枝豆の焼き漬け。
食べるのは、ほとんど夫ですが、サヤごと焦げるまで焼いてから熱々の状態で皮を剥いて出汁醤油の中にジュッと落としてそのまま冷ますと言う話を、本で読んで試してみた。
しかし熱すぎ触れず…結局、温度が少し落ち着いてから漬け込む事になりました…( ˃ ˄ ˂̥̥ )
e0137277_17594867.jpg
夏の醍醐味、フルーツサラダ。
暑い暑いばかりで辛いばかりが「夏」では無い、と…残暑に向かう気合を入れたイチジクと生ハムのサラダ。桃と生ハム、メロンと生ハムもとびきり美味しいけれど、コスト的に我が家はイチジクが定番です(笑)
下は蒸しナスの胡麻和え
半分に切って断面に片栗粉をまぶして蒸すとナスのとろとろ具合が増してさらに美味しい。とろとろ感が増すおかげで胡麻タレに絡むと「五平餅」のような食感(笑)
e0137277_18164277.jpg
日本の夏、今も昔も…どこか切ない記憶に行き着く。

長崎の郷土料理、かんざらしを食べたこの日は、8月9日、73回目の長崎の平和への祈りの日でした。先日特別ドラマで広島が舞台の「夕凪の街・桜の国」が放送されましたが、数年前の映画も良かったけど新しく作られたドラマもとても印象深く、現代の若い人にもわかりやすく作られていたように思えます。

戦後すぐには公表できなかった、または傷が深すぎて話す事ができなかった内容が少しづつ公になってきて、知らなかった真実が今になってわかる事がたくさんあります。
いづれも…聞いた後はしばらく無言になるくらい、重く、辛く、痛みの大きい内容です。
そして、しばらくして毎回同じ言葉を言う。
「なんで…戦争しちゃったんだろうね…」と、今更。

e0137277_18122881.jpg
過去の歴史が教えてくれる。
人が人間で無くなるのが「戦争」なのだと…

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。








by Room230 | 2018-08-16 14:51 | Cuisine | Trackback | Comments(6)
夏の酢豚
e0137277_15591695.jpg
厳しい暑さの影響か…「今日は何にしようか?」と聞くと普段なら「豚の生姜焼き」との答えが一番多いのですが、今年はやたら「酢豚が食べたい」と言われます。実は先週も酢豚を食べてます(苦)おかげでお酢の消費量も例年よりますます多い。
2003年頃から始まったと聞く黒酢の人気。九州には代表的な坂本の黒酢があるので、当時から同じものを使用しています。

普段はお手抜きで、表面をフライパンで焼くことが多いのですが、この日の酢豚は、真面目に?揚げています。

豚ロースかたまり 約300g(パイナップルジュースに漬け込んでから使用)
塩こしょう 少々
片栗粉 適量

調味料____________
黒酢 大さじ3
甘口醤油 大さじ1 
紹興酒 大さじ半
砂糖 大さじ2
水 大さじ2
____________
ごま油 小さじ2
ピーマン2個(乱切り)
赤ピーマン 大1個(乱切り)
長ネギ 5cm程度をみじん切り
生姜 すりおろし 小さじ1程度
しょうゆ漬けニンニクのみじん切り 小さじ1/4程度

1、豚肉を一口大にカットして塩こしょうを揉み込み、片栗粉をまぶし油で揚げておく。
2、小鍋に調味料を入れて一煮立ちしておく。(ここで一旦味を見て調整してください)
3、フライパンにごま油を温め、野菜類を入れて軽く炒めたら調味料を注ぎ入れ、1の肉を加え、全体に味をなじませてからめ、火を止めて蓋をして1分ほど蒸らす。(蒸らすとタレと肉との絡まりがよく馴染む)

照り照りの具合も食欲をそそる〜♡

e0137277_15594792.jpg
熱々の黒酢酢豚とは対照的に、ほうれん草の白和え
一緒に混ざり合う赤いのは…kaoruさんから頂いた「赤こんにゃく」
普段なら刺身こんにゃくを小さくカットして混ぜるのですが、せっかく美味しそうなこんにゃくを頂いたので、使ってみました。
とろみを感じるほどのむっちり…少し呉豆腐にも似た食感で味はほのかな甘みを感じる、かな〜り美味しい!刺身こんにゃくをそのまま食べることは無いですが、これは…調味料なしでも私はイケる!!(笑)
e0137277_15594282.jpg
今日も作っちゃったわ…ナスの揚げ浸し
甘い…美味しい。だめだ、このトロントロンの味わい…これは油だとわかっているのに箸が止まら無い…ナス好きには悶絶・苦悩の1品。
ナスの後ろにある青い器の中はポテトサラダ。この中にもkaoruさんが送ってくれたジャガイモが混ざってますが、もうこれで頂いた自家製野菜は全部、胃袋に入れてしまいました〜。ごちそうさまでした(^人^)感謝♪
e0137277_15593245.jpg
スタミナつけて、お仕事頑張って…この夏の暑さを乗り越えれば…
心地よい秋の風情に酔いしれる紅葉が来るのだ!!と、かなり強引に自己催眠?

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

by Room230 | 2018-08-13 14:16 | Pork | Trackback | Comments(8)
白玉珈琲善哉
今年も夏のコネコネ、白玉だんごを作りました。
e0137277_17032987.jpg
白玉とつぶあんで作る白玉善哉にコーヒーゼリーが入るのが我が家の白玉善哉
甘い小豆とほろ苦いコーヒーゼリーを一緒に頬張る。
ひんやりと冷たい小豆善哉を食べるようになったのは大人になってからの事で、お盆が来ると母がお仏前用に白玉を作ってお供えしていたせいか…なんとなく「お供物」としか思って無かったのですが…福岡の「川端ぜんざい通り」ではかき氷と組み合わせた夏限定のぜんざいがあるほどで、その影響もあり、夏の涼に白玉ぜんざいを食べる事が定番化してしまいました。レシピはmoreにて

ついでに過去記事よりKICHI KITCHENの白玉ダイジェスト♪
e0137277_17543112.jpg
食紅で色をつけたお団子白玉、茹でたかぼちゃとシナモンを白玉粉に混ぜたかぼちゃの白玉
抹茶を混ぜた小豆抹茶白玉、白玉の中に小豆餡を入れたKICHIだんご♪
少しのプラスアルファで、いろいろ楽しめる白玉は小さいお子さんと一緒に作るのにもぴったりですね。
e0137277_17033494.jpg
ある日の夕ご飯
奥の白い器にはゴーヤと甘湯葉のツナマヨ
手前の黒い器には、人参と沢庵の中華味の甘湯葉炒め。
kaoruさんから届いた甘湯葉、使いまくりの食べまくり♪
歯ごたえのある状態で食べても美味しいし、水で戻してトロントロンの湯葉らしい食感にしても美味しい。気温、天候関係なく使える乾物って…実にありがたいですね。

e0137277_17032590.jpg
週末からの「お盆休み」のご挨拶の一報が入り出しています。
帰省や旅行、この猛暑の中の長時間の移動、くれぐれも体調管理を怠らず、楽しい夏季休暇をお過ごしくださいね。


KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。



More
by Room230 | 2018-08-10 16:56 | sweets | Trackback | Comments(4)
杏仁豆腐と夏のおいなりさん
台風13号が接近している影響なのか?こちらも少し風が強いです。関東、東北地域に影響が競うとの事ですので、用心してお過ごし下さい。台風14号の発生も報じられました。→yahoo天気災害情報(8月8日 13時現在)
e0137277_16004426.jpg
杏仁豆腐には枸杞の実ですが買い置きが無いので、冷凍スグリを乗せてみた。
以前レシピブログから杏仁豆腐の注意喚起がありましたが、自分で杏の種を加工しての杏仁霧はやめたほうが良いという事らしい…。「な〜んだ」とホッとした杏仁好きの私でした。

お二人さまの杏仁豆腐
牛乳60cc
砂糖15g
杏仁霧4g
粉ゼラチン2g(大さじ1の水でふやかしておく)
生クリーム40cc

シロップ
グラニュー糖大さじ2
水 大さじ1半
クコの実 適量

1、鍋(中火)で沸騰しないように牛乳を温め、砂糖と杏仁霜、粉ゼラチンを加え、しっかり溶かし込む。
2、火を止めてから生クリームを注ぎ、よく混ぜてから容器に流し込み、冷蔵庫で冷やし固める。(冷蔵4時間程度)

シロップは耐熱容器にグラニュー糖と水を加え、レンジで500w、1分間加熱。
しっかり混ぜて溶かしたシロップにクコの実を入れて冷蔵庫でスタンバイ。

杏仁の硬さ(舌触り)はお好みなので、完全に固まる前にトロントロンで食べるも良し、しっかり固まってスッキリした美味しさを味わうも良し。
e0137277_16003774.jpg
e0137277_16523212.jpg
先日、この夏は稲荷寿司がよく売れていると知りました。
甘辛いお稲荷さんと酢飯の組み合わせが、この夏の暑さに丁度良いのかな?健康だとか体がどうこうでは無く、とにかく食べたい!と思えての「稲荷寿司」のチョイスだとは思うのですが、結果、大正解の選択。
つまりは体が欲するものは肉体が必要としているものでもあるのでしょうね。

子供の頃、来客の増えるお盆の時期は近くのお寿司屋さんから取り寄せられていた寿司盛り。
わさびの入った「握り」は子供には嬉しくない味で私が手に取るのはいつも狐のお耳の形をした稲荷寿司と巻き寿司だけ。
それが、また普段とちがって嬉しかったりした。

九州生まれの九州育ちの母が作る稲荷寿司は酢飯をたくさん詰めた関東風タイプで遠足などのお弁当に入っていたお友達のお弁当にも関東風の形が定番でした。関東風のおいなりさんのほうが酢飯をたくさん詰め込めるから、でしょうね(笑)

ちなみに我が家のお稲荷さんは五目寿司の入った関西風の三角いなりです。
e0137277_16515067.jpg
暑い時期、食の取り扱いも難しくなりますね。
酢飯に多少の殺菌効果があるとはいえ、扱いは重要。
たとえ涼しい場所で保管していても、冷蔵庫でない場合は半日程度が目安なんだそうです。念には念を入れて…と酢飯に刻んだガリを混ぜたり油揚げに味の影響が感じられない程度のわさびを塗っておいたり… それでもこの猛暑、冷蔵庫以外なら即、胃袋に収めるに限るのかも?

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。



by Room230 | 2018-08-08 14:31 | sweets | Trackback | Comments(6)
焼き鯖と甘湯葉のおひたし
ありふれた日常という贅沢さを、この歳になって改めて実感させられている。
この日のメインは焼き鯖
e0137277_14585993.jpg
この夏の悪天候に農家さんの苦悩がニュースで流れると、しみじみ手元の食材を見つめてしまう昨今。
e0137277_14590601.jpg
買ってきた小ナスの浅漬け、叔母の奈良漬ときゅうりの粕漬け。常備のきんぴら。
そして、先日kaoruさんから頂いた「甘湯葉」とほうれん草のお浸し。初めて食べる甘ゆば(濃くなった豆乳で取れる湯葉)調理しながら、ついついそのままつまみ食い。
ほんのりと甘みのある湯葉とほうれん草に、これまた一緒に頂いた「黒七味」をパラリと振りかけて…。常の赤い七味とは一味違ってキリリと男前な味がする。
e0137277_14585378.jpg
私の場合、夏の食卓に限らずですが薬味や七味があると、味わいがぐっと増すのがやみつきになる。普段愛用しているお気に入りはちょむちょむさんが送ってくれる「京ラー油ふりかけ」で調味料として漬物にも炒め物にも使いまくってしまいます。
e0137277_18094239.jpg

この猛暑続きに肝心の復興作業も滞り、不満炸裂のこの夏ですが、そんな気持ちを平らにしてくれるのが、ありがたい夏の果物。近所のお宅で盆提灯が照らされる時期には梨も出てくる。
先日、Liebeさんが手作りのフルーツジャムを送ってくださいましたので…スイスと九州果物のコンビでのフルーツタルトに変身!!あ、でも上に飾っているベリー類は輸入の冷凍です(笑)
e0137277_18094854.jpg

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

by Room230 | 2018-08-04 18:22 | Cuisine | Trackback | Comments(6)