ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
カテゴリ:fish( 152 )
簡単レシピ、鮭の胡麻焼き
e0137277_1641021.jpg

【作り方】
●鮭の切り身に適量の塩をふり、溶き卵の中をくぐらせたら、刻み胡麻か摺り胡麻をまぶす。
e0137277_1641932.jpg

●フライパンでごま油小さじ1程度を温め、胡麻をまぶした鮭の両面を焼く。(蓋をして酒少々をふり、蒸し焼きにしても良い)中まで火が通ったら出来上がり♪
e0137277_1641625.jpg

今回たまたま鮭ですが、お好みで鰤でも鱈でも美味しくいただけます。一緒にキャベツの酢漬け(赤キャベツのザワークラウト)と残り野菜色々を塩揉みし、和出汁入り甘酢とゆかり、ごま油少々を足したタレで和えたものを添えています。

More/余談だけれど…
by Room230 | 2011-07-27 17:06 | fish | Trackback
エビのみぞれ和え
以前は夏になると、決まってテレビ番組で怪談モノのスペシャルドラマが放映されていましたね。

物語は毎回、みんなが知ってる「四谷怪談」や「牡丹灯籠」など…
どの物語も内容を知っているにも関わらず、毎年「今年はダレが、どんな役をやるんだろう?」と言う期待で待っていました。時代が変わり、Jホラーの登場以来、すっかり見かけなくなった古典怪談。

単純に「怖い」と言うより、どこか切なく、哀しく、
悲劇の運命に「うらめしや〜」と乱れ髪で嘆く姿は妖艶で… 

そこには必ず「情念」と呼ばれる女の「純愛」がある。

e0137277_074018.jpg

怪談もヒンヤリするけど、こちらの1品も、ひんやりで魅力的…(笑)

More/海老のみぞれ和え
by Room230 | 2011-07-24 00:07 | fish | Trackback | Comments(0)
鰤の梅紫蘇焼きと小鉢達
夏の食卓に頼もしい食材、梅。
買って来た切り身に梅味噌を塗り5分程寝かせておく。
(漬け込み過ぎると、ちょっと塩っぱくなります)
e0137277_727418.jpg


梅味噌(切り身、二枚分)
白味噌・・・小さじ1半
和出汁・・・小さじ1(カツオと昆布)
甘酢・・・・小さじ半(無ければ市販の酢飯用お酢可)
梅紫蘇・・・小さじ半〜1(梅干しと一緒に漬け込んだ赤紫蘇)

●上記材料を混ぜ合わせ、お好みの魚の切り身の表面に塗る。
●5分程寝かせてから、グリルで両面を焼く。

More…カンタンな1品
by Room230 | 2011-07-17 07:49 | fish | Trackback | Comments(8)
明太チャーハンとサーモンのアボマリネ*
辛子明太子のチャーハン、ほんのりピンクな仕上がりが、ちょっとカワイイ。
e0137277_8475395.jpg


【失敗しらずなパラパラチャーハンの作り方】
1、ボウルに卵1個を割り入れて、お好みの出汁小さじ1を入れ混ぜ合わせ、ご飯2膳分と一緒によく混ぜ馴染ませます。

2、中華鍋に油を温め、大蒜の芽(スライス)5本分しめじ半束を炒め、火が通ったら1のボウルの卵ゴハンを入れて火力を上げて炒めます。

3、八割方仕上がったら火力を下げて、辛子明太子約1房分を入れゴハン全体に馴染む様に混ぜ合わせて出来上がり。
e0137277_851485.jpg


More…逢魔時
by Room230 | 2011-07-09 08:54 | fish | Trackback(1) | Comments(10)
夏の漬け丼
空から照りつける太陽の暑さと違い、蒸した地面からわき上がる湯気の中に入る様な蒸し暑い1日でした。ああ、過熱時のルクエの中もこんな感じなのかしら…と独り言。
e0137277_1614193.jpg

鮪の漬けの下ごしらえをして、冷蔵庫にスタンバイ。
その後、お味噌汁や小鉢の準備に取りかかる。
こう言う時のお味噌汁は、やたら野菜が多く入ってて「みそ汁だけでお腹が膨れそうだ」と、ささやかなイヤミを言われる(笑)

More 小鉢…
by Room230 | 2011-07-07 17:45 | fish | Trackback | Comments(13)
無国籍な鯛刺し
e0137277_1252581.jpg

普通に刺身醤油で食べる王道のお刺身も大好きですが、キューリに紫蘇、ネギ、茗荷、生姜の薬味をたっぷりと巻いて、ナンプラーの入ったちょっと甘辛いタレで食べるエスニックな鯛刺しも夏は最高!!生姜や茗荷、キューリ、歯ごたえのある薬味を柔らかい刺身と一緒にシャクシャク音を立てて食べる心地良さも味のうち。この日は生食に丁度いい博多春菊もそえてみました。ほんのりとした苦みが胡麻の風味のタレと良く合う!!
私はごはんのおかずにいただきますが、お酒がイケル人の場合、こういうメニューの時は、やっぱりビール?それとも冷酒?
e0137277_1252549.jpg


これなら、ガスも電気も使わないね(笑)
by Room230 | 2011-05-25 13:06 | fish | Trackback(1) | Comments(6)
鰹のたたき
e0137277_842574.jpg

GWが過ぎると同時に、一気に夏がやって来た。
そんなこんなの夏のメニュー「かつおのたたき」
カツオのたたき/参考HP←すごくわかりやすい!!

軽く焼いたカツオを氷水にジュッ… 
ああ、夏だな〜としみじみしながらの夕餉の支度。窓を開けていると、ご近所の「生活の音」が静まり返った夜の静けさに響いて聞こえる。カチャカチャと食器を洗う音、どこかでお風呂に入ってるお宅の音、会社帰りのOLさんのコツコツ響くヒールの音。私は、この「生活の音」は、結構好き。
ついでに近所のわんこと、いつもケンカしている野良猫の雄叫び、ああ、今日も元気だ…。

More
by Room230 | 2011-05-12 09:21 | fish | Trackback | Comments(4)
海老フライ巻き寿司
ずーと、作ろうと思いつつ、数カ月が過ぎてしまった海老ラブにはたまらないメニュー。
e0137277_1395981.jpg


manngoさんちの海老フライの巻き寿司
海老はクルンと丸まらない様に、串に刺して揚げます。
後は、普通に酢飯を作り、たまたまあったアボカドなんかも添えて巻いてみたりする。ウマい…めっちゃウマい。そして食べ過ぎた…翌日の朝用まで全部食べてしまった。
ああ…
ああ〜っ

奥のもう一つの巻き寿司はキューリと竹輪の巻き寿司。キューリだけならカッパ寿司だけど竹輪が入ると…カッパじゃ無くなるかな?
e0137277_13544039.jpg


ぐがぁぁぁぁぁぁぁああ”〜
by Room230 | 2011-05-07 13:03 | fish | Trackback | Comments(7)
ゆら、ゆら、あわゆらの春…
博多の桜のときは…あっという間に過ぎ去った4月。
葉桜の時、艶やかな和服姿のお嬢さん達が向かう先
…そこは博多百年蔵(酒蔵ウエディング)
e0137277_15363299.jpg

博多に残る唯一の造り酒屋である博多百年蔵は明治初頭に建築されたもので、白壁土蔵に赤れんがの煙突など明治初期に建てられた時の面影をそのままに造り酒屋として博多っ子たちに愛され続けています。
この日のお買い物、春によく似合う「スパークリング清酒あわゆら」と「あまおう」で簡単なおつまみで封を切る週末。
e0137277_15362849.jpg

被災地より、お花見のおさそいHPも沢山拝見致しました。
こちらはtsubasaさんから教えていただいた気仙沼のワインショップのHP→コチラ、tsubasaさんの手元に届いた、災害を免れたワインたちが掲載されていて、傷んだラベルがせつなく、津波に遭ったワインたちに彼女が「よく来てくれたね」と語りかけた気持ち、すごく頷けます。
e0137277_1537435.jpg

そんなご縁で、我が家も数本まとめてオーダーしました。お酒が飲める人だからこその被災地応援、いかがでしょう?

More…春飲みメニュー
by Room230 | 2011-04-26 15:35 | fish | Trackback | Comments(6)
たらの昆布締め・山椒味噌
メインでは無いのですが、タラの昆布締め。時々、お刺身コーナーで2パックで○○○円という嬉しいタイムセールの時があり、その日食べる分と翌日食べる分を迷わず買う(笑)
そして翌日分は昆布締め。
e0137277_8281840.jpg

昆布締め/作り方
●甘酢と水、ほぼ同量を混ぜ合わせ、汚れを拭き取った昆布を柔らかくなるまで浸しておく。
(本来はお酢100cc、砂糖90g、水100ccを混ぜて昆布を浸します。)
●刺身には軽く塩をふっておく。
●酢に浸し、柔らかくなった昆布に刺身を並べて挟み込み、そのまま冷蔵庫で漬け込む。

生のままのお刺身より身が引き締まり、コクのある味わいが楽しめます。今回はmanngoさんのお宅で見た美味しそうな木の芽を使った山椒味噌を添えていただきました。作ってるだけで嬉しくなる程、良い香り〜♪残った山椒味噌、パスタに合わせたら…どうかしら?とか、また悪巧みを考えたりして(笑)
e0137277_8282357.jpg

同じお皿に添えた小鉢は、我が家の定番「葉わさびの茎」の大蒜醤油漬け。夫が大好きなので、葉わさびを見つけたら必ず買うんです。たらの昆布締めにわさび漬けを乗せてパクン!!と、これもまた美味しい!!熱湯でかるく湯がいた後で、ビニールに入れて揉み込むと、あのわさびの香りがツ〜ンと漂ってきます。葉っぱは塩をまぶしてクッキングペーパーに広げて乾燥させてからおにぎりなどに使用。先日の鰤の付け焼きの下に敷いてある物が葉っぱの部分。茎は下ごしらえの後、大蒜醤油に漬け込んでおくだけ!!
e0137277_8422339.jpg

これから出回る爽やかな香りのわさびや木の芽、
和ハーブの食卓は魅力的。

More/先日、読んだちょっと嬉しい記事
by Room230 | 2011-04-21 08:26 | fish | Trackback | Comments(10)