ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
カテゴリ:sweets( 282 )
栗のエスプレッソロール
毎年この時期に作る物の一つ、栗のロールケーキ。
e0137277_17351380.jpg


先日のぷるサンからいただいた銀寄を渋皮煮にして冷凍保存しているので、ソレを解凍して使います。

スポンジには、ほろ苦いエスプレッソを足した大人のスイーツ。
自画自賛の大満足(笑)ぷるサンからいただいた銀寄はすごく大きいので、ロールケーキ用の天板では無く、オーブンの天板にシリコンシートを敷いて生地を流し込み、焼き上げました。だから、かなりデッカいロールケーキです。

More/レシピはこちらへ…
by Room230 | 2011-11-04 18:04 | sweets | Trackback | Comments(10)
チーズケーキと彼女の恋人
e0137277_18442237.jpg

etuさんからのグルメ便のマスカルポーネで、今度はチーズケーキを焼いてみた。これは危険だ…病み付きになる。クリームチーズとは違う、まろやかな味わい。一度試すと、もうコレでなくては我慢ならねぇ!!なくらい(笑)
相変わらずフィル姉さんはケーキが焼けている間、首を伸ばしてフンガフンガと部屋中に広がる甘い香りをご堪能。さて、ケーキをテーブルに運び、お茶を飲みながらの雑談。

        同じポーズのぬいぐるみとキチ
e0137277_18522591.jpg

 
先日、向田邦子さんの没後30年の記事をチラリと拝見した。
名作を沢山残した向田さんだけど、彼女の名前を聞いて思い出すのは、作品では無く、彼女の恋人の事だったりする。かなりの美形マミオ君、たしかそんな名前だったと思う。
故人に関しては殆ど無知だった私が、その猫の話しを知ったのは彼女の妹、向田和子さんのエッセイだった。綴られていたのは向田さんが取材旅行中の遠東航空機墜落事故にて死去された後から数日間の和子サンと、残されたマミオ君との日々。
勿論だけど、読みながら号泣したわよ… ペットは先に見送るものと思ってたけど、必ずしもそうとは限らない。残される者の哀しみを想像すると、少しだけ自分の大切さを実感させられてしまった。

その後、数年が経ち、マミオ君が愛する邦子さんのもとに旅立った事を、偶然違う雑誌で知った。

きっと今ごろ、また邦子さんとマミオ君は天国でダンスを踊ってるかもしれない…
e0137277_18462262.jpg



あなたの美味しい時間のヒントになれますように…
各種ランキングに参加しておりますので、よろしかったら下のバナーを押して応援してもらえたら嬉しいデス。

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。
皆様の訪問が、とっても励みになっております。

More/レシピはコチラへ…
by Room230 | 2011-10-29 18:59 | sweets | Trackback | Comments(7)
食後のティラミス
e0137277_1759582.jpg

この日も、etuさんからのグルメ便のマスカルポーネを使って久しぶりにティラミスを作ろうと準備を始めたら、案の定やってきた姉さん。いつものお皿に猫缶を入れてあげたけど、口を付けようとしない。そしてひたすら私をジィ〜ッと見つめる。

あ…、キッチンに出したマスカルポーネ…
チーズ好きのフィルのお目当てはこのチーズだった。
e0137277_180434.jpg

はいはい、指先にちょこんと乗せて差し出すとぺろぺろ舐めて、トコトコと退散。とにかくチーズや乳製品は一口、かならず味見がしたいらしく、若い頃と違い最近は大量に欲しがる事は無い。
椅子にもどって口元についたマスカルポーネを顔を洗いながら再度堪能(笑)
e0137277_18135323.jpg

ついでに、こちらは「お手軽ティラミス」
マスカルポーネ・・・・・200g
生クリーム・・・・・・・200g
砂糖・・・・・・・・・・大さじ3〜4
インスタントエスプレッソ少々
ココア・・・・・・・・・適量
1、マスカルポーネをボウルで練り、生クリームに砂糖を入れてホイップしておく。
2、1をザックリと混ぜ合わせて型に流し込み、冷蔵庫で冷やす。
3、インスタントエスプレッソ(香り漬け程度)を混ぜ合わせたココアを茶こしで振りかけて出来上がり。
基本のティラミス参考レシピ
今回のレシピは、いただいたSOLLEONE/EUROPOMELLAチーズのパッケージを参考に卵黄抜きでつくらせていただきました。
e0137277_303684.jpg


あなたの美味しい時間のヒントになれますように…
各種ランキングに参加しておりますので、よろしかったら下のバナーを押して応援してもらえたら嬉しいデス。

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。
皆様の訪問が、とっても励みになっております。
by Room230 | 2011-10-22 18:20 | sweets | Trackback | Comments(2)
秋の恒例行事、栗の渋皮煮
先週末、我が家に届いたぷるサンのグルメ便
e0137277_8533638.jpg

大阪産「能勢/銀寄物語」どか〜んと箱入りで届いた栗2キロ!!
この銀寄、天明・寛政年間の飢饉にこの栗を出荷した際、大繁盛になり、当時のお金『銀札』を多く寄せる事が出来た事から銀寄と呼ばれる様になり、実に縁起の良い大栗様なのだそうです。

いつも買う栗と違って、背と腹の区別がつかない程丸々に実った艶のある栗。
早々に下ごしらえにかかり、夫婦で鬼皮を剥き、灰汁抜きをして…と二日間かけての渋皮煮。作業は大変だけど、一度作ると病み付きになるほどの美味しさに、秋になると恒例の行事の様になってしまいます。コトコト…コトコト、長い時間をかけて作る渋皮煮は、出来上がりを頬張ればソレまでの苦労もすっかり忘れてしまいます。
栗の渋皮煮参考HP
ちょっとしたコツ!栗の渋皮煮
やっぱりね〜、もとが上質な栗だから仕上がりも最高です!
ぷるサン、美味しい秋をありがとうね♪
まずは数個をタイラゲて、残りはチョビチョビとスイーツに使う為に冷凍保存しました。
e0137277_8532718.jpg


おまけの1点、ブレッドオレンジのワイン。
どう見てもジュースにしか見えないこのオレンジ色のビジュアル、封を切って一口飲んだ夫が「うん…ジューズだな、こりゃ」と笑うので、どれどれ?と顔を近づけて香りを試した私にはやっぱりアルコールの香りがドカンと来て、どう転んでもお酒だ!!と思えた。
e0137277_8461268.jpg


秋が来て今年のカレンダーが残り2枚になった事に改めて驚く…去年の今頃は何をしていたんだろうと思って、ブログを見たらやっぱり渋皮煮を作っていた(笑)
e0137277_914455.jpg




あなたの美味しい時間のヒントになれますように…
各種ランキングに参加しておりますので、よろしかったら下のバナーを押して応援してもらえたら嬉しいデス。

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。
皆様の訪問が、とっても励みになっております。
by Room230 | 2011-10-19 09:22 | sweets | Trackback | Comments(5)
クレーム・ブリュレ*
スパイススイーツの料理レシピ
e0137277_7472315.jpg


生クリームと牛乳、卵に砂糖、シンプルな材料だからこそ楽しめるバニラビーンズの香り。
カップに4個分
生クリーム・・・200cc
牛乳・・・・・・70cc
バニラビーンズ・5cm分
卵黄・・・・・・3個
砂糖・・・・・・30g

分量外、粉砂糖とグラニュー糖適量を混ぜ合わせておく(表面にふりかける分です)
e0137277_7402347.jpg

、鍋に生クリームと牛乳にサヤから出したバニラビーンズを入れて火にかけ、沸騰する前に火を止めてそのまま冷ます。
、卵黄に砂糖を加えて白くもったりとなるまで混ぜ合わせる。
、オーブンを180度に温めておき、上記1と2を混ぜて茶こしで漉しながら容器に流し込み、水を張った天板で30分前後オーブンで焼く。*途中、表面が焦げそうな時はアルミを被せて下さい。
、焼き上がったら、一度しっかり冷蔵庫で冷ましたら粉砂糖とグラニュー糖を混ぜ合わせ、生地の表面を覆う様に敷き詰め、バーナーで砂糖を溶かすか、スプーンの背を火にかけて熱した物を表面に押し当てて砂糖を焦し溶かして行き、冷蔵庫でしっかり冷やしてからいただきます。
e0137277_7404257.jpg


昼間に焼いたブリュレのバニラの香りは夫が帰宅した時も部屋中に漂っていて「なにか焼いてる?」とオーブンを覗き込むので「昼間にブリュレ焼いた時のバニラの香りでしょ」と答えたのに「ブ、ブリュレ…って、何だったつけ?」と、言われて「ブリュレよ、どんな物だと思う?」と、からかい半分に聞いてみたら「うーん、ブリュレ、ぶりゅれ…こう、緑色のうにゃうにゃした液体みたいなヤツで近づいたらザザザザザと逃げる…ようなヤツ…が、ぶりゅれ?」

                ●
                ●
                ●

(; ̄Д ̄) 夫よ、君は、そんなものを食べたいのか?

食後にお待ちかねのブリュレを食べる。彼の期待に反して近づいても逃げないブリュレですが、夫はご満悦でした(笑)
e0137277_8103284.jpg

初めて行くパティスリーでは、ますブリュレを買う…その店のブリュレが口に合えば、たいがい他のスイーツ類も自分の好みだとわかるから…。

あなたの美味しい時間のヒントになれますように…
各種ランキングに参加しておりますので、よろしかったら下のバナーを押して応援してもらえたら嬉しいデス。

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。
皆様の訪問が、とっても励みになっております。
by Room230 | 2011-10-18 08:12 | sweets | Trackback | Comments(4)
アーモンドクッキー
スパイススイーツの料理レシピ
e0137277_17111746.jpg

クッキーを焼いて、滅多にしないデコレーションを施す。勿論、今は細かい作業は老眼鏡は必需品(笑)
我が家のおやつでは無くプレゼント用のクッキー。本当は数年前に頼まれてたのに、タイミングが合わずに、やっとです。

ベースに使用した生地にはアーモンドプールを入れた。普段は使わない買い置きの可愛い型、ウサギさんのはずなのに、ココア風味の物だけ、なんだか…クマっぽい。とりあえず練習用に顔を描いてみたけど…やっぱりクマに見える。
普段はバニラエッセンス使用なのですが、レシピブログさんからいただいたバニラビーンズを数日前からグラニュー糖に入れて香りを移しておきました。今回のバニラービーンズは砂糖に香りを移すだけなので、勿論、その後は違うレシピに使用します。買って来たバニラビーンスが、しばらく使う予定が無いと言う時は、やっぱりコレが一番お勧めの使用法かもね〜。バニラシュガーの瓶を開けた瞬間のバニラの甘い香り…すごく癒される気がします。
e0137277_1711285.jpg


基本のアーモンドクッキー
バター・・・・100g
卵・・・・・・・1個
バニラシュガー・60gギャバンバニラビーンズ・ホール1本
*薄力粉・・・・150g
*アーモンドプール30g
*BP・・・・・・・小さじ1弱

【作り方】
下ごしらえ
○バターと卵は常温に戻しておく。
○*の粉類は混ぜ合わせて2回ふるっておく。
○出来れば使用する3日前から、砂糖類にバニラビーンズを入れて香りを移しておく。

1、バターと卵を空気を含ませる様に混ぜ合わせる。
2、1に溶き卵を少しずつ混ぜながら加えてゆく。
3、2に粉類をヘラでサクサク切る様にしながら混ぜる。
4、生地を一つにまとめて、しっかりラップをして冷蔵庫で1時間寝かせる。
5、冷蔵庫から出した生地を打ち粉をした台の上で薄く伸ばし、型を抜く。
6、190度に温めておいたオーブンに5を入れて180度で11分焼く。
オーブンの種類によって焼き上がりの時間は異なりますが、全体がほんのりと焼き色がついればOKです。
e0137277_17112418.jpg

秋だと言うのに、何故か春のイメージで作ったデコレーションクッキー。なんとなく…春のイメージの人だったから。それにしてもバニラの香り…砂糖に移しただけなのに想像以上に続くものですね、ビックリだわ!!

アイシングをぬったり、デコペンを使用したり…たまにやる分には「面白い」。そんな午後を過ごした後でわかった事がありました。

確実に老眼が進行してると言う実感… ∑( ̄Д ̄;)
e0137277_1711327.jpg

只今、レシピブログ&ギャバンスパイスコラボ企画ではスパイスを使った秋のスイーツイベント中。今回はバニラビーンズとシナモン、シナモンシュガーの3種。コチラのレシピブログHP内にて、KICHI,KITCHENのシナモンのフォンダンショコラを紹介いただいてます。

あなたの美味しい時間のヒントになれますように…
各種ランキングに参加しておりますので、よろしかったら下のバナーを押して応援してもらえたら嬉しいデス。

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。
皆様の訪問が、とっても励みになっております。
by Room230 | 2011-10-13 17:53 | sweets | Trackback | Comments(7)
秋のスイーツ*マロンパウンド
市販のマロンペーストを使ってパウンドを焼く。ほのかに香る栗の香りが秋のスイーツの醍醐味。豪快に、ただ混ぜ合わせるだけのプロセス。
だから、日頃スイーツを作らない人にもお勧めメニュー♪
e0137277_21363418.jpg

バター・・・・80g(常温にもどしておく)
砂糖・・・・・80g
マロンペースト大さじ3(SABATONマロンペースト)
卵・・・・・・1個(常温にもどしておく)
薄力粉・・・・80g
アーモンドプール大さじ2
ココアパウダー大さじ2
e0137277_21361795.jpg

1、はじめにの粉類をふるいにかけて混ぜておく。
2、の材料をしっかり混ぜ合わせたら卵を加えて混ぜる。
3、2のボウルに1を加えて混ぜたら型に流し込み190度に温めたオーブンで45分焼く。

e0137277_21482292.jpg

しっかりコロンと栗入りがお好みの方には、こちらの栗のココアパウンドがお勧め…
栗のココアパウンドレシピ

あなたの美味しい時間のヒントになれますように…
各種ランキングに参加しておりますので、よろしかったら下のバナーを押して応援してもらえたら嬉しいデス。

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。
皆様の訪問が、とっても励みになっております。

More/すごく心配
by Room230 | 2011-10-09 22:02 | sweets | Trackback | Comments(7)
かぼちゃのシナモンケーキ
e0137277_13434552.jpg

実家のかぼちゃを使って、シナモン風味の生地に丸めたかぼちゃを入れて焼き上げたパウンドケーキ。中のかぼちゃのおかげでホロホロしっとりの生地に焼き上がります。パウンドを焼き慣れた人ならばBPは抜きでもかまいません。

より、野菜のケーキらしさのある「かぼちゃのアップサイドダウンケーキ」がお好みの人には、レシピはコチラ
e0137277_13531890.jpg

普通のパウンドなら常温に戻ったケーキは乾燥しない様に容器に入れるか、ラップをして常温において半日寝かせたくらいが食べごろ!でも、こちらのかぼちゃボール入りは温度が常温に戻る直前の、ちょっとホカホカな時でも美味しいんですよ♪まだ気温も高いので、「温まりたい」くらいの寒い季節になったら是非挑戦してほしいな…

*かぼちゃパウンドのレシピ
by Room230 | 2011-09-18 14:15 | sweets | Trackback | Comments(8)
お月見だんご
e0137277_17542761.jpg

12日、十五夜のお月サマは眺めましたか?
うちのベランダからは、深夜に真上でやっと確認。まんまるに浮かぶ美しい月夜でした。
夕方にせっせとだんごを捏ね、作っておいたお月見だんご。
例の母が送ってくれたかぼちゃを混ぜた黄色い団子に、メープルシロップを注ぎ、きな粉をまぶしていただきました。

かぼちゃの団子レシピ
ゆでた南瓜50g(しっかりピューレ状にしておく)
白玉粉・・50g(またはだんご粉)
水・・・・30g
シナモンシュガー小さじ1/3(お好みで)
上記の材料をしっかり混ぜあわせて、一口大にまるめたらお鍋に沸騰させた熱湯に入れて茹でる。
鍋の中の白玉が浮いて来たら1分程待って引き上げる。

More/いつかどこかで…
by Room230 | 2011-09-13 18:31 | sweets | Trackback | Comments(4)
シナモンパンプキンの蒸しプリン*
e0137277_6152117.jpg


先月、お漬け物ついでに母が送ってくれた実家の畑で穫れたかぼちゃ。しばらく漬け物石の変わりにしたりして…(笑)

大きなかぼちゃは、最初にそのままレンジで軽く3〜4分加熱してからカットする。おおよそ50g程度を目安にした大きさで小分けにしてルクエで火を通した後、しっかりと冷ましてからジップロック(袋)に入れて冷凍保存。そのうちの一切れを使って、この日の食後のデザートを作ってみました。
久しぶりのかぼちゃのプリン。
トロンとした食感ですが、かぼちゃのコクが効いて夫曰く「この甘さだとサツマイモのプリンみたいだよね」と…。夫は褒めたつもりでしょうが、かぼちゃ的には、ナヌッ∑(・ω・;)と、少し心外!?
e0137277_6155876.jpg


More
by Room230 | 2011-09-05 06:18 | sweets | Trackback | Comments(9)