ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
2019年 04月 06日 ( 1 )
コロコロ豚焼きと葉わさびの味噌漬け
大きなコロコロ豚の生姜焼き、ボリューム的にも味の上でも男飯だけどその半分以上が野菜の里芋。でも、もう里芋の旬の時期は過ぎますね〜、ちょい寂しい。
e0137277_21333086.jpg

豚ロース 6枚 
里芋 6個(茹でて皮をむいておく)
分量外 薄力粉適量
分量外 炒め用サラダ油 大さじ半
 
●生姜のすりおろし大さじ半
●酒 大さじ2
●みりん 大さじ2
●甘口醤油 大さじ2
●すりごま 大さじ半
※●の調味料はあらかじめ一つの容器に入れて用意しておく

1、下ゆで済みの里芋はクッキングペーパーで表面の水分をしっかり拭き取り、豚肉で包み込み、薄力粉を表面にまぶす。
2、フライパンにサラダ油を熱し、1の豚肉巻きを炒める。触りすぎると肉が剥がれたりするので、注意してください。
3、肉の表面に火が通ったら、●の調味料をフライパンに注ぎ、肉巻きの表面にまぶすように時々転がしながら蓋をして蒸し焼きにする。
e0137277_21333795.jpg
はい、こちらが豚肉の中身♪
もっちりと茹でられた里芋が登場。
少し濃いめの味付けなので、中の里芋に味をつける必要はないので、よくある冷凍里芋があればレンジで解凍するだけで里芋の準備は完了ですよね。里芋は皮付きのままレンジで加熱しても大丈夫らしいのですが、最初に皮だけに切れ目を入れておくことをお勧めします。過去にレンジを使用したことがありましたが、里芋の中身が縮んでしまったので以後、我が家は皮付きのまま「水から茹でる派」です。
豚肉の食感は少し固め。中の里芋はもっちもちトロンで、そのコンビが実に美味しくてご飯が進む1品でした。
e0137277_21334410.jpg
ついでの1品。レンコンのきんぴら。
e0137277_22274288.jpg
そして先日の葉わさびの茎を使ったからし味噌漬け
e0137277_21334801.jpg
下ゆでをしてモミモミした葉わさびを小さく刻んでからし味噌に漬け込みます。
わさびをからしに漬ける…なんとも掛け算的な…(笑)でも、これも無駄にご飯が進む味に仕上がるのです。私は下戸なのでよくわからないのですが日本酒にも合うらしい。

漬け込む味噌は味見をしつつ材料を足してゆきながら作ったので詳しいレシピはありませんが、使用した材料は 和芥子、白味噌、醤油、酒粕を練り合わせたものです。
鼻に抜けるツ〜ンとした刺激に「ひゃ〜っ」と言いながら、また箸をつけたくなる。こんな味わいを楽しめるのは白いご飯が主食の国だからこその醍醐味だと思う。

葉ワサビの茎の醤油漬け
e0137277_22421907.jpg
春の味わい、楽しみ方は色々ですね♪

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。







by Room230 | 2019-04-06 16:26 | Pork | Comments(4)