ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
2018年 12月 31日 ( 1 )
大晦日のチキンクリームシチュー
WLS クラブ当番投稿
e0137277_16375875.jpg
チキンクリームのシチュー
こちらは独自の作り方で前日の博多水炊きの残りを使用。残ったスープに新たに追加の鶏肉や野菜を入れて生クリーム、味噌を混ぜ、とろみをつけて出来上がり。余すところなく食べ尽くすわよ〜な、なかなかせこいかもしれない1品(笑)通常はブイヨンと味噌などで味をつけて仕上げています。

e0137277_14103860.jpg
年末の夜の食事時、寒空の下
毎年恒例の「火の用心」の声と拍子木の音が響いて「ああ、今年ももうすぐ終わるんだな〜」と言う会話をする時間…なんだかすごくホッコリとします。
今日は大晦日なので火の用心の声と一緒に、道を歩くご近所さんたちと「良いお年を〜」というご挨拶が聞こえて来る日。

e0137277_16384806.jpg
大晦日、幸いにお天気は晴れ♪

記憶に残る幼少期のお正月は決まってお天気も良く、小春日和の中、外に出ると土手のある空の上に凧が上がっていましたが今の時代は凧揚げとかやっているのかな?

元旦当日、私の実家のお決まりごとは「朝風呂」でした。
まずお風呂に入り、着物を着せられてからの年越しで、父が屠蘇を振る舞いますが、よくよく考えたら下戸の集団の我が家なので、ちゃんと屠蘇を飲めるのは「母だけ」でした。

現在の福岡の我が家は朝風呂は無し!!
お着物どころか、ユニクロのジャージ姿でキッチンに立ち、おせちの用意をしてます(笑)
e0137277_21294006.jpg
大人になったら盃の屠蘇を飲むようになるのだろうな〜とか思っていましたが、結果、匂いを嗅ぐだけ(笑)

お屠蘇の作り方
屠蘇散 1袋(市販品)
日本酒と本みりん 300ml
1、日本酒と本みりんをお好みの割合で配合した300mlを用意し、屠蘇散を浸します。
2、大晦日の就寝前に用意し、朝まで屠蘇散を浸しておき8時間ほどで屠蘇散を取ります。

市販の屠蘇散の中には漢方薬が5〜10種類ほど、無病長寿を願って配合されていますが、若い人から飲む儀式の理由は若者の強い精気を年長者に渡すという意味があるそうです。事の始まりは宮中でのしきたりのひとつ。それが後々、民間に広がり江戸時代は医者が薬代の返礼に屠蘇散を配っていたとか…

我が家では女性客の場合のみ本みりんを多め、仕上げにレモン果汁を一絞りした屠蘇を作ります。
e0137277_22191162.jpg
大晦日の空を見上げて、密かに思う。
自然災害の多い年でしたので、最後の1日を平和に過ごせたら、もうそれだけでありがたい、と…。

皆様も、良いお年をお迎えくださいませ…

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

by Room230 | 2018-12-31 14:13 | Chicken | Trackback | Comments(4)