ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
2018年 05月 21日 ( 1 )
チキンのネギダレ焼き(ピリ辛四川風)
e0137277_16345930.jpg
鶏肉 1枚(皮目に数カ所切れ目を入れて酵素糀をまぶしておく)
日本酒 大さじ1

ごま油 大さじ2
ネギの青い葉の部分(九州は通常、臭み抜きにしか使わ無い)1本分をみスライス
大蒜 1片 (みじん切り)
甘酢に漬けた生姜 みじん切りで大さじ半程度
調味料__________
醤油 大さじ2
めんつゆ 小さじ1
みりん 大さじ2
刻み唐辛子 刻みゴマ、適量

1、フライパンにごま油を入れてネギ、大蒜、生姜を加え香りが立つまで炒める。
2、香りがしたら、一度フライパンの野菜を取り出し、そのフライパンで鶏肉をソテーする。両面を焼いたら酒をふり蓋をして弱めの中火で中に火が通る寸前まで蒸し焼き。
3、鶏肉に火が9割がた通ったら、蓋を取り、2で引き上げたネギなどの香辛野菜をフライパンに戻し、調味料を加え、鶏肉に絡めながらそのまま一煮立ち。
4、鶏肉にもしっかり火が通ったら、器に盛り、フライパンに残った煮汁のタレを回しかけていただきます。
e0137277_16350557.jpg
ぴりりとした刺激が好物な人は、山椒を加えても美味しいかも?
食べながら「暑い」と愚痴るも、この暑い日に汗をかきながら食べるのが、これまた美味しい…と複雑な欲望に駆られた平日の夕ご飯。
e0137277_16350897.jpg
今年の気温の上昇は、例年に比べて1ヶ月前倒しの状態で温度が上がっています。というテレビの情報に、ラタを食べる手を止めた二人。
「なんか、怖いな」「そ、そうやね」と顔を見合わせてしまいました。

翌日のラタはオムレツとコンビで…
e0137277_21592162.jpg
たくさんの夏野菜をたっぷり煮込んだラタが夏の定番になった理由は、ストウブの存在が大きいかな?味の仕上げに入れるのは「マスカルポーネ」
まだ固い若いトマトで作っても、マスカルが入ると味がマイルドにしあがり、食べやすくなる。
ラタには好物のナスもたっぷり!!
e0137277_21592756.jpg
この日の福岡は真夏の気温で夕飯ちかくまで窓を開けて我慢していたのですが「もう我慢でき無い」とエアコンをつけました。
そんな夏の食卓にあがるものの一つ。タコ!!
この日のタコは蛸飯を作るために買ったものだったのですが、この暑さで酢の物が恋しくなり、急遽少量だけきゅうりと一緒に酢だこを作りました。
器も一緒にしっかり冷やして…ひんやりとした酢の物を口に運ぶ瞬間の清涼感♡夏が暑いからこそ美味しい…とも言えるけど、この時期からの猛暑は辛い。
e0137277_21593151.jpg
いづれにしても、これから梅雨がやってくる。
去年の福岡豪雨被害からもうすぐ1年。
今年はもう辛い事が起きないように…と、願うばかりです。

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。






by Room230 | 2018-05-21 16:21 | Cuisine | Trackback | Comments(4)