ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
2018年 04月 20日 ( 1 )
気の早い涼菓・葛饅頭
4月に入り、一度は冷え込みに襲われた福岡も、再びの春陽に心地よく過ごせています。
e0137277_17060372.jpg

気温が上がりだすと、ますます消費が進む我が家の「葛」
冬の葛は「葛湯」程度でしか使用しないので、その都度使う量もわずか。
夏は呉豆腐(ごどうふ)や葛羊羹など、一度の使用量も多くなる。

葛饅頭のレシピはごくごく一般的なもの(葛粉、商品の裏に記載してあります)
まずは葛粉をすり鉢でゴリゴリ。この工程はレシピには記載されていない場合が多いですが、簡単に確実に美味しい生地を作るなら、この一手間は絶対必要。

e0137277_17061253.jpg
本当は手を使い、まぁるく餡を包むのでしょうが、そこはお手抜きで器使用。
葛饅頭にちょうど良い形状の器が無いのが悔やまれる(笑)
e0137277_17060996.jpg
タッパーに氷水を注ぎ、器ごと冷やして出来上がり。
自家製ならば甘さも味わいも自由自在。

まだ4月、涼を楽しむには早すぎる涼菓ですが、あんこ好きにはたまらない1品。

たまに小豆あんの「つぶあんとこしあん。どっち派?」などという話題に触れることがあるのですが、あずき餡が好きなので、どっちも好きは明白、答えに悩む難しい質問。
しいて言うなら夏の涼菓はこしあんで、気温が下がった頃に食べたくなる焼きたてたい焼きや饅頭は粒がある方が好き。
e0137277_17060672.jpg
KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。







More・今回使用した材料
by Room230 | 2018-04-20 14:33 | sweets | Trackback | Comments(6)