ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
2018年 02月 13日 ( 1 )
今年のあまおうショートケーキ・2018
この数日、あまりの寒さに肩が凝ってしまいました。
強い寒波の襲来…深夜に牡丹雪の舞う景色に「おおおおおおっ」と窓の外を眺めていたら、急に停電。
どうやら雷による影響だったらしいのですが、今年の冬は本当に驚きの多い気候です。
e0137277_15315484.jpg
この時期、かならず一度は作るご当地自慢のあまおうのケーキ。
あまおうが登場するのは12月に入ったくらいからですが、当然…その時期はめっちゃ高級なので美しい姿を眺めて…おもむろに通り過ぎます(笑)
年が明けてから、お値段が落ち着き始めるので、これまでも何度か購入したのですが、そのまま食べてました。本来いちごのシーズンはもっと後。

以下はこれまで作ったいちごスイーツのダイジェスト♪
e0137277_16213486.jpg
これまでも、いちごが出回る季節にはかならず一度はスイーツ作りに励んできました。九州の市場で多く出るのはあまおう、とよのか、ほのか、など。
e0137277_16212864.jpg


今年のいちごスイーツは、我が家では定番の「空き箱再利用」でのスポンジ(笑)
【今回スポンジに使用した材料】
薄力粉60g
米粉 15g
BP 小さじ1(粉類は混ぜてふるいにかけておきます)
●卵黄 3個
●グラニュー糖 30g
●冷水 55cc
●サラダオイル 40g
■卵白 4個
■グラニュー糖30g
■バニラエッセンス 少々
作り方、手順はシフォンと同じです。今回の焼型は18cm×16でした。

1、上記■の卵白を泡立て、グラニュー糖を少しづつ加えながら八分立てのメレンゲを作る。
2、卵黄とグラニュー糖をボウルに入れてハンドミキサーで白くもったりとなるまで混ぜる。
3、サラダオイルを注ぎながら混ぜて、冷水を少量づつ注ぎながら混ぜる。
4、3の生地に薄力粉(米粉、BP)を加えて、よく混る。
5、4の生地に1のメレンゲをおたま2杯ほど加えて、よく混ぜ合わせたら、今度は1のメレンゲのボウルに生地を全部流し込み、泡がつぶれないようにサックリとヘラで混ぜる。
6、オーブンを170度に温めておき、生地を型に流し込んで平らにならしたら35分焼く。
7、粗熱をとり、常温にしてからシートを外し、お好みのクリームを塗り、具になるフルーツを盛る。

今回のクリームはマスカルポーネと生クリームです。
市販の雪印マスカルポーネと泡立てた生クリーム、砂糖を混ぜ合わせたティラミス風味のクリームです。
e0137277_15315864.jpg
あまおうと一緒にラズベリーを飾って…
e0137277_15315004.jpg
今年初めてのいちごのケーキ♡
甘い香りが部屋じゅうに漂うから…お供えしなくても、もうキチがテーブルにいるかも?

何度見ても、怖い顔(笑)
e0137277_16260354.jpg
スポンジも生クリームも要らにゃいから、いちごだけ頂戴♪とか?
キチ専用のベランダいちご、彼が旅立って一度は栽培をやめてしまいましたが、また一株育て始めています。なんとなくね…無いと寂しい(笑)

あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

本日のご訪問、ありがとうございます♪



by Room230 | 2018-02-13 14:29 | sweets | Trackback | Comments(6)