ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
夏麻婆の誘惑の謎
暑い夏、体をクールダウンしたくて冷たい物を飲むくせに、やたら「熱くて辛い物」を欲したりする欲望の矛盾(笑)
e0137277_17064159.jpg
毎回、四川料理に使用するピーシェン豆板醤をネットでまとめ買いするのですが、今年は無くなる時期が早い。やはりこの暑さ続きで刺激的な味を体が欲しているせいかな?調理中、汗をかきながら、この暑い日に限って「辛い物を食べたくなる」のはなぜ?とか今更思う。
そう思って改めて調べてみたら、いくつかのサイトで以下の内容が記載されていました。

人が辛い物を食べると反射的にβエンドルフィンを分泌する。
辛さを痛い、と感じ取る脳がその痛みを緩和しようとβエンドルフィン(鎮痛効果)を分泌するらしいのですが、そのβエンドルフィンがもたらす効果は「安定した幸せな恋愛感情」に近いらしい…。味わいの上で美味しいからだけでなく、辛い物を食べると病みつきになるのは、そういう理由もあるらしい。でも辛すぎるのは実は苦手(笑)辛さをオーダーできるカレー屋さんでも、私はいつも一番ノーマルな辛さです。
e0137277_17064982.jpg
切り干し大根と昆布を寿司酢と唐辛子、お醤油ひとさしで和る甘酸っぱい箸休め。
たくあんは市販品ですが沢山あるメーカーの中で毎回買うのは決まっている。宮崎産のシソとかつおぶしの風味の効いたたくあんですが、年々、サイズが小さくなって来ました。この天候不良の影響かな〜?
きゅうりの南蛮漬け
e0137277_17063772.jpg
から〜い物を食べて安定した恋愛感情の幸福感と同じ幸せを感じる…。
食べ終わって、額の汗をぬぐいながら↑そのことを思い出したら、なぜか妙なテレを感じた夕ご飯でした。
いや〜、今更恋愛感情の幸福感とか言われてもね〜…と(笑)

おまけの1品
e0137277_17332137.jpg
はんぺんに山椒味噌を塗り、ノリで巻く。
おかずでもあり、つまみにもなる簡単なヤツ。おうちで山椒を育てている我が家は、その山椒の葉を使い白味噌と合わせて作りますが、お手軽な山椒味噌の最も簡単な作り方は、普段使いの味噌1砂糖1みりん少々を加え、市販の粉山椒をお好みの量を混ぜるだけ。
色合いも我が家の物とは違う仕上がりになりますが…山椒の爽やかさは夏に嬉しい香りです。
e0137277_8282357.jpg
先日の台風に煽られて折れそうで心配だった我が家の山椒は無事でした。


KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。


by Room230 | 2018-07-23 17:52 | Pork | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://room230.exblog.jp/tb/27419379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2018-07-25 16:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Room230 at 2018-07-25 17:20
*07-25 16:30の鍵コメさんへ
こんにちは♪
毎日、とっても暑いので久しぶりの帰国で、鍵コメさんの体が驚いていないかと、案じてしまいました(笑)
なんせ、ずっとここで暮らしている私自身が、この猛暑にビビっているくらいですからね〜〜〜〜

>美味しさに酔いしれる気持ち
ふふふ、辛さが病みつきになる原因に恋心が関わるとは思いもしなかった驚きでした(笑)

>親孝行
探し物をしている両親に「何探してるの?探すの手伝うよ」と言ったら「あ、うん、あれ、あそこのあれ」って…
探してる物の名前が出てこない(笑)
もはやサザエさん一家みたいな状態でしたわ〜
<< 夏の定番、翡翠ナスのそうめん らっきょうの甘酢でチキンソテー >>