ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
筍と牛の山椒焼きと山椒伊達巻
ベランダの山椒が茂りだし、小さい花が咲ました。
e0137277_20144344.jpg
去年仕込んだ実山椒をたっぷり使い、新しい木の芽と一緒に筍と牛の山椒風味のしぐれ煮を作りました。気温はまだ肌寒い4月ですが、清々しい山椒の香りが初夏の気配を囁いてくれる。

まだかわいいサイズの木の芽を散らして伊達巻を焼いてみました。
e0137277_20182763.jpg
卵3個 
はんぺん 1/2枚 
海老のすり身 2尾 
砂糖 大さじ1
塩小さじ 1/3 
茅乃舍つゆ 大さじ半
木の芽 適量
●はんぺんと海老をフープロで撹拌。●他の材料と混ぜ合わせ液が少し白っぽく乳化するまで撹拌したら型に流し込み、木の芽を散らして170度に温めたオーブンで15分焼く。
●焼き上がったらすぐ、簀巻きで巻いて冷まします。

生地を流し込んだ型は「いいほしゆみこファン」なら気がついたかな?そうそう、かわいい器が入っていた箱です(笑)

e0137277_20144711.jpg
これから徐々に、いろんなお宅の食卓に初夏の食材が登場し始めますね。

先日お友達から秋月の桜のお花見のお誘いが来たのですが、平日でしたのでお見送り。
もう何年も行ってないな〜と、秋月城の桜を思い出しながら、ちょっとしぼんだ気持ちが山椒の香りに癒された日の夕ご飯。
e0137277_20143931.jpg
この日のおやつ〜
冷凍ブルーベリーのチーズケーキ
もうすぐ、フレッシュなブルーベリーが並び出すから冷凍庫の在庫のベリーを使い切ろうと思いまして…のチョイスでした。
e0137277_15440264.jpg


KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。





More・しぐれ煮
# by Room230 | 2019-04-17 15:49 | Cuisine | Comments(5)
タルトタタン
e0137277_15233929.jpg
りんご1個で作ったタルトタタン
少し焼きが甘かった。りんごに隙間ができてしまいました(´-ω-`)
e0137277_15351010.jpg

これから気温が上がって、ヒンヤリのスイーツが恋しくなったら「りんごの葛寄せ」でシナモンの香りを楽しもうと思います。りんごの葛寄せ、すごく簡単。
風邪をひいたときは熱々で、涼みたいときは冷蔵庫でしっかり冷やしてからいただきます。
焼き菓子はまだしばらくできそうだけど、我が家の自家製パイ生地がそろそろ限界(笑)地域によっては雪が降ってたりするようですが…もう4月。それもそうかと…GWのCMに頷く。


4月に入ってすぐに2016年の熊本大分地震の特番が地元のTVで組まれていました。今年14日で三年目。予期せぬ「後から本震」そんなパターンもあるの?との衝撃。我が家はお隣の県なので、かなりの揺れが来ました。
ここ近年、あまりにも発生箇所が多数で、あれがいつだったか、どれほどだったか?と、混乱してしまいそうになります。気象庁がアップしているデーターを改めて見て、びっくりしてしまうほど。

まだまだ、九州の震災の復興の真っ只中。
→熊本城 復興城主求む!!とりあえず今年も城主になろうと思います。
寄付後は城主手形が届きますが、10万円の寄付の場合は立派な感謝状が届くらしい…。長い人生、一度くらいは「城主」になってみませんか?城主様になっても、ちょんまげをする必要はありません。
e0137277_15234572.jpg

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。









# by Room230 | 2019-04-15 18:28 | sweets | Comments(6)
三つ葉たっぷりご飯の日
これからしばらくは大束の三つ葉が出回るのが嬉しい。糸三つ葉三束を購入した日、三つ葉のかきあげ、三つ葉たっぷり茶碗蒸し、三つ葉のおひたしに三つ葉の炊き込み御飯。
e0137277_21345188.jpg
調理前、袋から取り出した三つ葉からふんわり香る独特の香りが、なんとも心地よい。その爽やかな香りは神経を安定させ、イライラを解消する成分が含まれているそうです。な〜るほど〜。
e0137277_21383819.jpg
サクサク掻き揚げには三つ葉の他はエビ、烏賊、えだまめ。つまり冷蔵庫にあるやつで…(笑)
あとは恒例のお刺身とお新香、作り置きの豚の角煮の冷凍を少しだけ。ここ数日の間に茂った山椒の葉を添える。

この時期、ぽかぽかの初夏のような暖かい日が続いた後で、急に冷え込んで体調を崩しがち。
ここ数年、熱を出すような風邪を引いた事は無いのですが、微妙に喉が痛いとか、鼻水or鼻声が治らないなどの症状がたまにあります。なおさら用心しないとな…と三つ葉シャクシャク食べまくる。
e0137277_21400892.jpg
KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。




# by Room230 | 2019-04-11 17:18 | vegetable | Comments(12)
チーズケーキ
e0137277_14133902.jpg
冷蔵庫に残っていたマスカルポーネミラ、半分。

e0137277_14245960.jpg数日前に毎度の明太マスカルパンを焼いた残りを使い、クリチと合わせて焼き上げたチーズケーキ♪
塩気と辛さのある明太子との相性も抜群ですが、あま〜いスイーツにも最高に美味しいマスカルポーネ。マイルドな味わいなのにしっかりと存在感のある味わいはいろんな料理に使えてしまうので、冷蔵庫には必ずあってほしい。
冬場はパンやケーキに使用する事が多いのですが、夏場はやはりひんやりが美味しいティラミスやカッサータに欠かせない。

真夏の時期には毎日のように作るラタトゥイユにもマスカルポーネを混ぜています。



今回、甘味にグラニュー糖と上白糖両方を使いましたが、そこはお好みで大丈夫。砂糖以外は同じレシピでもグラニュー糖だけで作ると甘さが際立ちコクも感じ焼き色が濃くなります。一方、上白糖だけだとすっきりとしたマイルドな甘さになり、焼き色が薄くなりました。
今回のレシピmemoはMoreのチーズケーキに残しておきます。

e0137277_14134458.jpg
ついでに、この日はあまおうがあったのでクリームと一緒にのっけてみました。
このケーキを食べた前日は映画「グリーンブック」を見てきたのですが…まだ上映中ですので内容は控えて…「まだの方は是非!」と、薦めたくなる映画でした。

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。



More チーズケーキ 材料と作り方
# by Room230 | 2019-04-08 14:40 | sweets | Comments(2)
コロコロ豚焼きと葉わさびの味噌漬け
大きなコロコロ豚の生姜焼き、ボリューム的にも味の上でも男飯だけどその半分以上が野菜の里芋。でも、もう里芋の旬の時期は過ぎますね〜、ちょい寂しい。
e0137277_21333086.jpg

豚ロース 6枚 
里芋 6個(茹でて皮をむいておく)
分量外 薄力粉適量
分量外 炒め用サラダ油 大さじ半
 
●生姜のすりおろし大さじ半
●酒 大さじ2
●みりん 大さじ2
●甘口醤油 大さじ2
●すりごま 大さじ半
※●の調味料はあらかじめ一つの容器に入れて用意しておく

1、下ゆで済みの里芋はクッキングペーパーで表面の水分をしっかり拭き取り、豚肉で包み込み、薄力粉を表面にまぶす。
2、フライパンにサラダ油を熱し、1の豚肉巻きを炒める。触りすぎると肉が剥がれたりするので、注意してください。
3、肉の表面に火が通ったら、●の調味料をフライパンに注ぎ、肉巻きの表面にまぶすように時々転がしながら蓋をして蒸し焼きにする。
e0137277_21333795.jpg
はい、こちらが豚肉の中身♪
もっちりと茹でられた里芋が登場。
少し濃いめの味付けなので、中の里芋に味をつける必要はないので、よくある冷凍里芋があればレンジで解凍するだけで里芋の準備は完了ですよね。里芋は皮付きのままレンジで加熱しても大丈夫らしいのですが、最初に皮だけに切れ目を入れておくことをお勧めします。過去にレンジを使用したことがありましたが、里芋の中身が縮んでしまったので以後、我が家は皮付きのまま「水から茹でる派」です。
豚肉の食感は少し固め。中の里芋はもっちもちトロンで、そのコンビが実に美味しくてご飯が進む1品でした。
e0137277_21334410.jpg
ついでの1品。レンコンのきんぴら。
e0137277_22274288.jpg
そして先日の葉わさびの茎を使ったからし味噌漬け
e0137277_21334801.jpg
下ゆでをしてモミモミした葉わさびを小さく刻んでからし味噌に漬け込みます。
わさびをからしに漬ける…なんとも掛け算的な…(笑)でも、これも無駄にご飯が進む味に仕上がるのです。私は下戸なのでよくわからないのですが日本酒にも合うらしい。

漬け込む味噌は味見をしつつ材料を足してゆきながら作ったので詳しいレシピはありませんが、使用した材料は 和芥子、白味噌、醤油、酒粕を練り合わせたものです。
鼻に抜けるツ〜ンとした刺激に「ひゃ〜っ」と言いながら、また箸をつけたくなる。こんな味わいを楽しめるのは白いご飯が主食の国だからこその醍醐味だと思う。

葉ワサビの茎の醤油漬け
e0137277_22421907.jpg
春の味わい、楽しみ方は色々ですね♪

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。







# by Room230 | 2019-04-06 16:26 | Pork | Comments(4)