ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
豚のコンフィとガトーショコラ
e0137277_22293502.jpg
バレンタインにとお取置きしておいたビストロ・リラブルの「豚のコンフィ」。お好みの大きさにスライスして焼いて、付属の塩だけでどうぞと書かれたMEMOが添えてありましたが、確かに塩以外必要なし!!贅沢に少し分厚くスライスしたのだけれど、柔らかく仕上げられたコンフィは食感まで美味しい。
この日はバレンタインデー、でも平日なのでお酒はノンアルコール。
大きなコンフィが二個も入っていたので、今日は半分。残りは夫がお酒が飲める日に残しておきたいと思います♪
e0137277_22294093.jpg
コンフィがメインなので、この日作ったのはコールスローくらいかな?リラブルのシェフのおかげで、今年のバレンタインは「楽」させてもらいました(笑)
e0137277_22294673.jpg
今年のチョコレートケーキ
ネットで見た動画のレシピで作ってみました。
材料を混ぜるだけ!!ってやつね(笑)
これまでのKICHI KITCHENのバレンタイン時の定番はシナモンブラウニー。コーヒー入りの少し苦くて甘い味。

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。



# by Room230 | 2019-02-16 13:46 | diary | Comments(0)
ティラミスシフォンと大きなトンカツの日
長崎の「ランタンフェスティバル」の様子を見ながらトンカツの日の我が家。「なんか年々、すごい事になってるな」と、夫。
e0137277_21093701.jpg
幼少期の長崎中華街の春節の映像は祭壇とテカテカ、丸焼きの豚の映像だったとか…見てないけど、なんとなく想像は付く(笑)夫が地元を離れたくらいからランタンフェスティバルが始まり、徐々に盛大なイベントになっていったらしい。ランタンの明りが闇夜に浮かぶ情景は、とても幻想的で、一度は行ってみたいと思えました。独自の食文化が発達した地域の郷土料理もおいしい。
しかも、冬の長崎…服岡より、ちょい暖かい♪
e0137277_21061141.jpg
トンカツと一緒に菜の花の素揚げ。
衣なし、サクサクの菜の花もおいしいですね。
e0137277_21061543.jpg
トンカツの日ですが、やはり…少量ながら、お刺身もあります。他は毎度の小鉢的おばんざいとお新香、味噌汁でした。

食後のデザート、小さいシフォンケーキ
ココア生地で焼いたシフォンにマスカルと生クリームを合わせたクリームを添えてティラミスシフォン。
e0137277_21293283.jpg
普段のシフォンより小さい型だったので、分量を減らして作ったのですが…出来上がった生地は普段と大して変わりがありませんでした(笑)そのため小さいシフォンが2個焼けました。

薄力粉 40g
ココアパウダー 10g
BP 3g

卵黄 2個
グラニュー糖 10g
牛乳 40cc
サラダ油 40cc

卵白 3個
塩、ひとつまみ
グラニュー糖 30g
バニラエッセンス 適量

作り方はMoreにて…
e0137277_21293726.jpg
ティラミスクリームの作り方はコチラ
カットしたシフォンにクリームを絞り出し、インスタントのエスプレッソを少し振りかけてちょっと大人な味のシフォンケーキの出来上がり。
中年夫婦の食後のデザート。かわいいデコレーションとかは出来ないけれど、甘いスイーツとにが〜いエスプレッソが心地よい幸せをくれる。

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。



More・作り方
# by Room230 | 2019-02-13 16:55 | sweets | Comments(4)
白菜のクリームソースドリア
e0137277_22392455.jpg
食べ終わったと思ったら、また買ってしまう大きな白菜。
鍋で楽しみ、漬物を作り、それでもまだまだ。
お昼の残りご飯もあるので、白菜とコンビでドリアを作ってみました。

雑穀ごはん 2膳分ほど
白菜 3枚(みじん切り)
牛乳 100cc
生クリーム 50cc
コンソメorブイヨン 3g
にんにく 1片(みじん切り)
ブロックベーコン 適量(千切り)
分量外 オリーブオイル適量

チーズ 適量
マヨネーズ 適量
粉チーズ 適量
*耐熱容器にバターを塗っておく

1、白菜と牛乳をミキサーにかけてトロトロのソースを作る。
2、フライパンににんにくを入れてオイルで炒め、香りが立ったらベーコンを炒める。3、1と生クリームを2に注ぎ、一煮立ちしたらコンソメとご飯を加えてなじませ、とろみが出るくらいまで火にかける。
4、耐熱容器に3を入れて、上にチーズ、マヨネーズ、粉チーズをかけたらオーブンのグリルで表面がきつね色になるまで焼く。
e0137277_22391523.jpg
あれば、キノコ類やブロッコリーなどを加えると、もっと美味しいドリアになりそう♪
白菜クリームはエビなどシーフード系とも相性が良さそうでした。
e0137277_22391938.jpg
もっと白いクリームになるのかと思いきや、案外ちゃんと緑色の気配が残る色合いでした。

別の日の1品、ベーコン巻きのミートローフ♪
ミンチに生姜やにんにく、炒めた玉ねぎなどを加えて溶き卵を混ぜてローフ生地を作り、中央にうずらの卵を入れてパウンドケーキ用の型にベーコンを並べて、ローフ生地を流し込み、オーブンで焼き上げた1品です。
e0137277_23031698.jpg
断面がやけに滑らかな理由は…じつは茹で潰したジャガイモが混ぜてあるんです(笑)

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。


# by Room230 | 2019-02-11 16:21 | vegetable | Comments(8)
かまの塩焼きと蕪蒸し
朝の空が普段より暗く、ベランダには鉢植えの葉っぱが散らされていた。
先日の節分の日は豆を買うでなし…恵方巻きをするでも無し…の我が家でしたが立春を迎えての祝い魚の鰤のカマを買いました。
e0137277_22031390.jpg
シンプルに塩焼き。

1、鰤のカマをよく洗い、血合いを省いたらキッチンペーパーで拭き取り、粗塩をまわしかけたら、冷蔵庫で30分ほど休ませる。←この時間に、また余分な水分が出てきますので、焼く前にペーパーでもう一度拭き取ります。
2、もう一度、皮面に粗塩をふり、最初は皮面を下にしてグリルでしっかり両面を焼きます。
大きさにもよりますが…今回、最初は中火で8分。ひっくり返して皮目は6分焼きました。
e0137277_20500129.jpg
大きな蕪を買ったので、蕪をてんこ盛りのかぶら蒸し。
(2人分)
タラの切り身2切れ
蕪 250g
卵白 1個分
片栗粉 小さじ1

(銀あん材料)
真昆布だし 100cc
酒 大さじ1
甘口醤油 小さじ半
塩 少々
とろみちゃん、適量

分量外・春菊、おろしわさび等、お好みで…

1、鍋用の切り身のタラに塩、酒をふり、スタンバイ。
2、蕪を洗ってすりおろし、普段はここで水気を絞るのですが、今回はそのまんま使用。ボウルに入れて解きほぐした卵白1個分と片栗粉を入れて混ぜ合わせる。
3、タラの水分を拭き取って器に入れ、2を上に盛り、蒸気の上がった蒸し器で強火で12分ほど蒸す。
4、銀あんを作り、とろみちゃんでとろみをつけて3にまわしかけて出来上り。

e0137277_21074991.jpg
ほかほかの蕪蒸しは冬の醍醐味と呼ばれる1品。
確かにお肉大好きの夫も、蕪蒸しはたいそう喜ぶ。
e0137277_21123889.jpg
頂き物のちょっと小さいイカ3杯
下ごしらえをして3杯まとめて、バターで炒め、にんにくチップと醤油をまわしかけてイカに味を絡める。
わかっちゃいるけど、やっぱり美味いイカのガーリックバター焼き♪

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

# by Room230 | 2019-02-08 15:50 | fish | Comments(2)
明太チーズのパン
神棚の立春大吉のお札に手をあわせる季節が来ると、同時に春一番の強風の予報が聞かれるようになりますね。昔は春の嵐はもう少し後だった気がしますが…
e0137277_00020174.jpg
辛子明太子とチーズを組み合わせた王道の「辛子明太子」のパン。近所のパン屋さんでは、あれば必ず買うけれど、だいたい8割で「売り切れ」の札が立てられている。おかげで、自宅で作って食べる事が普通になってきてしまいました。

辛子明太子の味わいは各社に個性があります。贈り物にする事が多く、食べ比べができるお店なら、その場で味見をして決めています。それができない場合は目安としてスケソウダラは北海道がいいな〜、とか。個人的にまろやかな味が感じられる方が好きなので箱裏の製造、調理法の記載を見て、漬け込み時間の長いものをチョイスしたりします。

↓写真はこれから二次発酵に入りますよ〜という時の状態。
e0137277_23582742.jpg
ふっくら、ホカホカに焼き上がったパンは、満腹のはずの食後なのに手が止まらない美味しさで…本当は翌日の朝ごはんにと焼いたつもりだったのに…あっという間に食べ尽くしてしまった。恐るべし明太子の誘惑。
我が家のお気に入りナンバーワンは明太子とマスカルポーネですが、今回はクリチとグラタンなどに使用する調理用チーズを混ぜて使用しました。
e0137277_23573255.jpg
おまけにひとつ。以前ストウブ仲間に教えてもらった「おにぎりパン」。生地はバターを使う柔らかい生地で、成形後、青のりやクロゴマをまぶして焼きます。
e0137277_16252682.jpg
こんがりと焼き目のついた生地、温度が少し冷めたら海苔を巻く。
ぱかっと割ると、明太子♪
e0137277_16252245.jpg
あ〜、そういえば、フィル姉さんは焼き海苔の臭いが好きだったな〜
e0137277_22192347.jpg
最近インスタでも、海苔が好きな猫に恵方巻きを食べられそうになったという内容を見たけど海苔好き猫は多いのかしら?

KICHI KITCHEN2があなたの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    
今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。


More・使用した材料
# by Room230 | 2019-02-05 16:23 | Bread | Comments(6)