ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
じゃがいものケイク・サレ
e0137277_16352595.jpg

夫の大好きなポテサラを作ろうと、ジャガイモを茹で潰した…ついでにアペリティフ1品。粉類は一切使わずに作るポテトのケイク・サレ。だから誰が作っても膨らまなとか、生焼けとか関係無いの(笑)
e0137277_1635345.jpg

この日は、たまたまあった先日のほうれん草とジェノバペーストを添えてみましたが、市販のマヨネーズやケチャップでもOK。バターとチーズでコクのある味わいが効いていて、おかずにもおつまみにも、おやつにもなる1品でした。じゃがいも好きサンにはかなりお勧めな、じゃがいものケイクサレ。お好みで、粉チーズでは無くトロけるチーズにしたり、ベーコンや明太子を詰めても美味しい。

今日は寒いなーと感じる日なら、ふんわりとラップをしてレンジで軽く温めて…ホクホク、ホカホカも美味しいよ♪

More…カンタンな1品
# by Room230 | 2011-03-10 16:33 | vegetable | Trackback | Comments(12)
ニンニクの芽でふっくら豚巻き
e0137277_941581.jpg

ありきたりだけどやってみた。いつもはフライパンで作るクルクルポーク
ストウブに並べて酒を回しかけて蓋をして、湯気がたったらひっくり返して調味料を流し込み、再度蓋をして弱火で蒸し焼きで完成。案外、いや、かなりカンタンメニューです。今回は旬のニンニクの芽と合わせてみました。

More…レシピ
# by Room230 | 2011-03-09 09:40 | Pork | Trackback | Comments(9)
あさりの炊き込みと簡単ルクエレシピ
e0137277_8164834.jpg

以前sueさんの記事を見て、すごく食べたくなって作ったあさりの炊き込みご飯。sueさんちは大根とあさりだったけど、この日たまたまあった蕪を使用しました。
e0137277_8163170.jpg

お米・・・・2合
砂抜きアサリ1P(酒、大さじ3程度)
小カブ・・・2個(千切り)
だし汁・・・400cc
(調味料)
昆布・・・・3cm角(軽く水に浸けて表面に傷をつけておく)
みりん・・・大さじ1
醤油・・・・大さじ1半
塩・・・・・ひとつまみ

1、お米をあらい、30分以上前にザルにあげておく。
2、アサリは塩水で砂抜き後に鍋に入れ、酒を加え蓋をして強火にかけ、アサリの口が開いたらすぐ火を止め取り出して身を殻から外して汁気を切っておく。
3、鍋に上記材料を入れ強火の中火にかけ沸騰したら、超弱火にして13分。その後10分蒸らします。蒸らしおわったら蓋をあけて昆布を取り出し、全体を混ぜ合わせ更に1分蒸らす。
*茶碗にもってから薬味(ネギや胡麻、蕪の葉など)をふる。

More…レシピメモ
# by Room230 | 2011-03-08 08:30 | fish | Trackback(1) | Comments(8)
ブレッド・ジェノベーゼ/シーフードスープ
e0137277_254337.jpg

私の好きな寒じめほうれん草もそろそろ収穫終わりの兆し。野菜コーナーのほうれん草は8割が普通のほうれん草に変わった3月。軽く茹でた後でしっかりと水切りをして、冷凍保存しておいたパスタ用のジェノベーゼと一緒にミキサーにかける。青々としたソースをパン生地に混ぜて焼いてみる。
焼き上がりのパンは、びっくりするほどジェノベーゼの香りがする。
e0137277_26290.jpg

パンと一緒にいただくスープを作ろう…と、冷蔵庫の中のあれこれを引っ張り出して、完成した野菜たっぷりシーフードの豆乳スープ。どんな味かと言いますと豆乳をいれるまで、皆が知っている「カップラーメン」のシーフード味に似ていました。
e0137277_255284.jpg


記憶は曖昧だけどメモとして…
# by Room230 | 2011-03-07 08:16 | fish | Trackback | Comments(5)
赤魚のソテー/洋風茶碗蒸し
水に戻したポルチーニとキノコ数種類でフンギソースを作る。シンプルなバターソテーの赤魚と椎茸にフンギソースをかけていただきました。

e0137277_128869.jpg

ふんわりと漂うキノコの風味は、そのままパスタやリゾットにも丁度いいので、いつも多めに作って、翌日は違うメニューでいただいています。レシピ→落合務著「ラ・ベットラ…」
落合氏のレシピにはトリフオイルが使用されているのですが、我が家は少しリーズナブルなトリフバターを代用しています。小瓶に入ってこのお値段?元取れるのかなぁ…?と、思ったのですが、なんのなんの。その美味しさと使い勝手の良さには脱帽。スープにパスタにリゾットに、ソースに、スコーン等の焼き菓子づくりにも大活躍!

e0137277_1275539.jpg

ちょっと小鉢でアスパラの塩揉み。
そのものズバリ、アスパラを塩で揉んだだけ。古いアスパラはスジスジが多くなってしまうので火を通しますが、瑞々しい旬のアスパラは生に限る!と、新ものが手に入った時はコレばっかり。春菊やゴーヤの様な苦み野菜が好きな人は、この塩揉みだけのアスパラがお勧め!

赤魚は冬の魚、こちらの椎茸は春の旬もの、アスパラは春、冬とも春とも言いがたいニュートラルな今の季節だからの食卓。

More…もうひとつ温かメニュー…
# by Room230 | 2011-03-05 11:08 | Cuisine | Trackback | Comments(7)