ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
<   2016年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧
明太ブレッドキッシュ
今回はストウブファンクラブの3月31日投稿当番の記事です。焼き上がりの画像はストウブブログにて。→WE LOVE STAUB !
e0137277_2223331.jpg

ニダベイユいっぱいに敷き詰めたパン生地に、我が家では定番の明太子と春菊のキッシュの生地を流し込み、チーズたっぷりでオーブンで焼いたお食事用のパン!!
e0137277_2237164.jpg


パン生地の材料は…(HB使用)
強力粉 160g
大豆粉 40g
卵  1個
牛乳  100cc
塩 小さじ1
砂糖 大さじ1
スキムミルク 大1
ドライイースト 3g


キッシュの生地は…
●卵 1個
●薄力粉 大さじ1
●水煮大豆のペースト 60g
●マスカルポーネ 大さじ3
●マヨネーズ 大さじ1
●辛子明太子 2房
春菊の葉 適量
溶かしバター 大さじ1弱
ナチュラルチーズ(とりけるチーズ調理用)適量

1、ボウルに卵を混ぜて、上記●材料を加え混ぜあわせる。
2、1のボウルに生の春菊の葉を加えてざっくり混ぜる。
3、2に溶かしバターを流し込み、ざっくり混ぜて、二次発酵を終えたニダベイユの中のパン生地のくぼみに流し込み、上からナチュラルチーズを回しかける。
4、220度に温めておいたオーブンに、ニダの蓋をして20分、蓋を開けて180度で6分焼きました。

e0137277_22231778.jpgニダベイユの大きさは24cm、焼きあがった瞬間は「これは大きすぎたかな?」と笑ってしまいましたが、大人二人の胃袋に、すんなり収まってしまいました。週末の夕飯に…と作ったキッシュなので、もしかしたら夫が飲むのかな?と予想して、アワのジュースに似合うようにと、選んだメニュー。普段過程で購入する辛子明太子はみんなが知るようなお店の名前ではなく、形も房から崩れ落ちた物を寄せ集めたバラと呼ばれる物が多く、それでもグラムで考えたら…やはりお気軽なプライスの食材とは言い難いのですが、我が家の冷蔵庫には無くてはならない食材の一つです。ピリリと辛い明太子と、優しいコクのマスカルポーネ、苦味が美味しい春菊の葉、この組み合わせは大人向けでしょうね(笑)


お花見に行楽にと、外で楽しむお弁当作りも増えてくる季節。
大人向けにワインやビールを片手に楽しむ行楽弁当のメニューの一つに、いいかも?
e0137277_22232647.jpg


あなたのおうちの、美味しい時間のヒントになれたらうれしいなぁ
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございます♪
by Room230 | 2016-03-31 11:37 | Bread | Trackback | Comments(6)
リブの煮豚と雷筍の煮物
e0137277_741842.jpg


リブの煮豚に筍を入れて煮込んでみた夕ご飯。
普通の筍より、ややエグミが強めなので、濃い味の煮物の方が美味しいかな?と…
ベランダの山椒も、今月に入ってから新芽を出し始めています。
e0137277_741178.jpg

去年は暖冬の影響で、冬になっても葉が落ちなかったのですが、今年は通常どおり、枝だけの姿で冬を越しましたが、実際はこの冬は「暖冬」だったとか…。やっぱ、3日続いた大雪が理由だったのかな?
あれくらいの気温じゃないと「冬」を感じ無いとすると…私自身、この近年の暖冬に、慣れが生じてるということかな?
スペアリブの煮豚のレシピはこちらを参考にしましたが強いて言えば、違いは参考レシピの砂糖は無し。代わりにコクを出すために「やさしいお酢」を大さじ1ほど加えています。
e0137277_15322761.jpg

すごく風の強い日が来たり、急な豪雨に見舞われたり…お天気が気まぐれに変わってしまう春ですが、気温が上がると過ごしやすくていいですよね。
フィル姉さんは、冬の間は、もうほとんど縄張りの見回りがリビングと仕事部屋だけになっていましたが、暖かくなったせいか…最近は脱衣所や廊下まで移動し始めました。

あなたのおうちの、美味しい時間のヒントになれたらうれしいなぁ
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございます♪
by Room230 | 2016-03-30 15:38 | Pork | Trackback | Comments(2)
蕗の山椒炒めで一息
e0137277_0511524.jpg

週末の我が家。久しぶりにゆっくりと休日が取れそう…と思った甘さに苦笑い。
でも、土日は電話が鳴らないので、ゆっくり、しっかり作業に没頭できるし、なんとなくリラックスした気分で開き直って、少し飲もうかな…と、いそいそと酒盛りの準備をする夫どん。
春の野菜が並ぶコーナーで買った蕗の一皿。野菜嫌いには肉の風味を足すのが一番てっとり早い(笑)ので、合挽きと一緒に実山椒風味で仕上げてみました。

蕗6〜7本
実山椒 10粒程度(下ごしらえはこちら
挽肉 50g
角煮の煮汁 大さじ2
醤油 大さじ1
酒 大さじ1
花椒 少々

1、蕗は3〜4センチにカットして、20分ほど塩茹で。鍋のお湯が沸いてから蕗を入れて湯がきます。
2、ひき肉を炒めたフライパンに蕗を移して、豚の角煮の煮汁と醤油、酒、実山椒を加え、味を絡めながら炒める。
3、全体に味がなじんだら花椒を振り、火を止めて器に盛る。

伽羅蕗は、あんまり食べてくれないけれど、今回はかなり気に入ったらしくて、ほぼ一人で食べ尽くしました。角煮の風味が良かったのか?山椒?挽肉? 同じ野菜でもコンビネーション次第で食べてくれるなら、作る方も助かります(笑)結局、追加で翌日は常備用にたくさん作らされました…。
意外だったわ〜…
肉好きさんには好評だけど、野菜好きさんなら上記から肉を外してお作り下さい。蕗と山椒の風味との相性は抜群ですね〜♪
e0137277_051966.jpg

いつものおつけ物と刺身、てんこ盛り生野菜サラダの他は、豚の角煮、蕗の山椒炒め、叩きごぼうの金平、うま煮のおつまみ兼の夕ご飯。

e0137277_1491371.jpg

この日のお茶の時間は桜餅。道明寺粉の桜餅。「えいこく屋」の桜ティーと一緒に使用したので、一般的な食紅の赤より少しワインカラーのような紅色。

e0137277_1243162.jpg

おか〜さ〜ん、お腹すいた〜!!と…春休みのご家庭ではお母さんたちが普段より忙しい毎日のようですね♪うちは、春休みの子どもはいませんが、ご飯の催促は…同じです(笑)最近は、一人っ子をエンジョイすることに精を出すフィルちゃん。食事が終わるまで側にいないと、すぐやめてしまいます。
半分まで食べて、側にいる?と確認してから、また食べ出す。
キチが来る前までも、そうだったね〜…21年前の話だけど(笑)
e0137277_1491977.jpg

食事を済ませたフィルに「えらいね〜、全部食べたね〜、すごいね〜♪」と声をかけていると、桜餅を食べていた夫は言う。
「おれも、全部食べた」
お前も褒めてほしいんかい!!?Σ(ω |||)

あなたのおうちの、美味しい時間のヒントになれたらうれしいなぁ
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございます♪

More・道明寺粉の桜餅
by Room230 | 2016-03-27 17:07 | Cuisine | Trackback | Comments(4)
イチゴのチーズタルトとキチの1周忌
e0137277_1758399.jpg

苺の紅い色に染まるチーズタルト、春の午後によく似合う。
甘い苺の香りも…心地よい

e0137277_1757494.jpg【チーズケーキの材料】
マスカルポーネ 100g
クリチ 50g
卵黄 1個
グラニュー糖 大さじ1
イチゴジャム 大さじ3
レモン果汁大さじ1
薄力粉 大さじ1強

卵白 1個分
グラニュー糖 大さじ1

分量外、マスカルポーネ適量
飾り用 イチゴ 適量
デコレーション、粉糖適量


1、マスカルポーネとクリチとグラニューをしっかり混ぜてから卵黄、イチゴジャム大さじ1、レモン果汁を加えよく混ぜてから、薄力粉を混ぜ合わせる。
2、卵白とグラニュー糖でコシの強いメレンゲを作る。
3、1にオタマ1杯分の2のメレンゲを加えてよく混ぜたら、メレンゲのボウルに生地を流し込み、泡が潰れないように混ぜ合わせる。
4、カラ焼きしたタルトに3の生地を流し込み、イチゴジャムを中央に流し込み平らにならして、150度に温めたオーブンで30分焼く。
5、焼きあがったチーズタルトは、常温にもどってからマスカルポーネを表面に塗り、イチゴを飾り、しばらく冷蔵庫で冷やしてからいただきます。
e0137277_18574898.jpg

タルトフロマージュを作る要領で作ったイチゴとマスカルポーネのチーズケーキなのでタルト生地の中の生地は、シフォンのようなしっとりのふわふわ系。
作り始める前に、必ずチーズや卵は冷蔵庫から出して、常温に戻しておいてください♪

e0137277_18233133.jpg

フィルの通院の帰り道、信号待ちで公園の桜を見上げては、今年の春の到来を感じています。イチゴが好きだったキチがいなくなって、一旦はやめたイチゴの栽培。結局、また四季なりイチゴの苗を育て始め…無事に冬を越した鉢植えには小さい実がつき始めています。命日に間に合えば…お供えにと思ったのですが間に合いませんでした(笑)春分の日、春の陽気に眠くてたまらないフィルは寝返りの際にブランケットから落ちても熟睡。時々、あんよの先がピクピク動いてるのは、夢を見てるのかな?
昔のように、ガンガン走り回る夢…?キチが悔しがるほどの、しなやかですごいジャンプ力。最後の最後まで、キチはフィルにはかなわなかったな…(笑)
この日はキチの命日でお彼岸。仏教では、あの世とこの世が、一番近づく日。
e0137277_17575954.jpg

コロコロ、転がって熟睡するフィル、ニョキッと伸ばしたあんよの先に、彼岸の里帰りをしたキチがいるのかも…
「ひさしぶり〜」「なんしよっと〜?」とか、猫たちもやっぱり博多弁かな?(笑)
e0137277_1839596.jpg


あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいです。

各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪
  ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございます♪
by Room230 | 2016-03-22 17:51 | sweets | Trackback | Comments(10)
ポトフに隠れたロールキャベツ
e0137277_214592.jpg


ごくごく普通に…成形したロールキャベツと一緒に、ジャガイモ、玉ネギ、にんじん、かぼちゃにトマト、中途半端に残っていた春菊の茎、生姜、大蒜など、みんなまとめてコトコト煮込んで、ブイヨンで味付けしたスープには、じわじわと具材の味が混ざり合い、絶妙な味わいにしあがります。

半熟に茹でた卵を添えて…
e0137277_21451353.jpg

昼間はポカポカと心地よく過ごせても、夜にはブルッと… 花冷えの時期。春寒に風邪をひきやすいので、この時期も生姜の隠し味は外せない。
この日の我が家のお茶のお供は…ぶんこやさんから届いた誕生日祝いのお菓子♪
味も好きだったけど、このお菓子、なんか食感がすごくいいっ!!
e0137277_219219.jpg

ちょっと花曇り…でも気温も上がって来たので、いち早く福岡は19日に桜の開花宣言があったご様子。

「春が来てるね〜」と話しかけられて「んん??」と、あたりをキョロキョロ見渡す猫(笑)
e0137277_21494150.jpg

話し相手がいた頃なら「人間って、時々、変なことを言うよね」とか、語り合えたのにね…


あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいです。

各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪
  ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございます♪

More・使用した食材
by Room230 | 2016-03-21 09:50 | vegetable | Trackback | Comments(7)
平目の煮付け、柚味噌風味
e0137277_1292342.jpg

産卵期を前にした卵をつけた平目が並んでいたので、すごく煮付けが食べたくなりました。

煮付けのタレ
水200cc
酒 100cc
味醂 大さじ2
甘口醤油大さじ2
柚味噌大さじ1

上記材料をニダベイユに注ぎ、沸騰したら皮目を上にしてひらめを入れる。
蓋をして平目に日が通ったらできあがり♪
途中、火力を弱めて、おたまやスプーンで煮汁を何回もかける。

e0137277_1292778.jpg

テーブルに並んでいるのは画面から外れちゃったお刺身。たたきごぼうのキンピラ。がめ煮。白菜と大根葉の梅こんぶ漬け。いつもの平凡な食卓。

3月、強風の日もあるけれど、この日は気温も上がって過ごしやすい春日でした。おかげでフィル姉さんも元気にウロウロ。いつもより丁寧におうちの巡回。でも以前のように、すべての部屋を見て回る事は無く、リビングと仕事部屋くらいです。
e0137277_141305.jpg

それも、かな〜り、ゆっくり、ゆっくり…
動き回るとお腹も空く。大声でご飯を催促して、お腹いっぱい食べたら、すぐに熟睡。
ポカポカ、春の日差しの中で心地いい午後のうたた寝。とっても気持ち良さそう…
e0137277_1471360.jpg

ただね、去年あたりから、長時間熟睡しすぎると…「おねしょ」しちゃう時があるんです。

あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいです。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

  ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございます♪

by Room230 | 2016-03-18 17:19 | fish | Trackback | Comments(2)
りんごのタタン
e0137277_35528.jpg


e0137277_19118.jpgおいしいりんごがたくさん並ぶ季節だから、やっぱり食べたい「りんごのタタン」。砂糖とカルバドス、バターで軽くキャラメリーゼしたりんごを鍋に敷き詰めて、オーブンで焼き、その上に焼いたパイをのせて完成。
パイ生地は、前回のアップルパイ同様、去年の暮れに仕込んだ折込みパイ。リビングに、甘い香りが漂うのが幸せ。今回はりんごの中にはカスタードも何も加え無い、ひたすらりんごだけの生地。

そんな果物だけのシンプルなケーキでも、この紅玉の赤い色合いのおかげでスイーツらしさが増す気がします。
e0137277_1234677.jpg

今回レシピをとっておりませんので…過去記事のレシピをリンクしておきますね♪
りんごのタタン(アーモンド生地バージョン)

実は、このタタンを作ったのは、1月。すごく寒かった日。フィル姉さんはとにかく熟睡。
e0137277_352955.jpg

午前中は病院だったのですが、何やらすごく機嫌が悪くて、点滴中も終始唸っていた。帰宅後は鳴き疲れたかのように、ひたすら眠り続けていた。そんな具合に、少しでもいつもと違うと、すごく心配になるけれど、ご飯はしっかり食べたし、ただ、寒くて機嫌が悪い日だったようです。
よく寝ているな〜と思いながらカメラを向けていたら…突然、プルプルしながら豪快なあくび。(わざと?笑)
e0137277_351645.jpg


今はもう春らしい気候になってきたけれど今年の1月の大寒波には参ったな〜…と、当日を思い出しました。雪が珍しい福岡市内でも、3日も降り続けると…飽きる(爆)
3月も中盤になり、最近は街路樹に白木蓮が芽吹き始めました。そんな春の日よりの中、我が家に届いた、私の誕生日祝いのお花♪(この日の夕ご飯はカルボナーラでした)
e0137277_1342898.jpg

去年はキチのために、お悔やみのお花をいただいた、ちょむちょむサンから、今年は私に「お祝いの花」。

あれから、もう1年か…としみじみしつつも、嬉しくてしばし眺める愛らしいフラワーボックス♪しばらくは日々の恐ろしい忙しさも忘れる、お花の香りは、やっぱり人を癒してくれますね。よ〜くみてください…かわいいにゃんこがお花の中でお休み中、春眠暁を覚えず…かな?
e0137277_1343158.jpg


あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

本日のご訪問、ありがとうございます♪
by Room230 | 2016-03-16 14:17 | sweets | Trackback | Comments(4)
パッチワークケーキ
e0137277_234645.jpg

東日本大震災から5年目の当日、デスクで時計を見ながら夫が黙祷のカウントをしていた。
「今年もこの日が来たね」と3月11日の空を眺めた2016年

実は福岡はあの震災の翌日12日は九州新幹線開通式で盛り上がる予定だった…けど、もはやそんな状況でも気分でもなく、なが〜い間、製作に時間と予算を費やされたはずのオープニングイベントもないまま、ヌルッという感じで新幹線は走り始めたのですが「さくら」という名前だった事が、震災に戸惑い、落ち込んだ心に、密かに一筋の明かりを灯したようにも思えました。
頭がボーツとなったままの自分の目の前を、美しく壮観な新幹線さくらが走り去る…ああ、さくらやん…綺麗やねぇ…と、後ろ姿を見て、ハッと我に帰るような感覚。
その感覚も、また、生まれて初めての感覚でした。
新幹線が勢いよく走るのを見て泣くなんてね…
「つながった九州から被災地にエールを」と、前向きな動きが見え出すまでに、時間はかかったけど、流れるるように走り去る新幹線の姿に、励まされたのは、きっと私だけでは無かったはず。
その後、放送が始まった九州新幹線全線開通CMは「九州から被災地にエールを」のメッセージを代行するかのように流れ始め、カンヌ国際広告祭で金賞を受賞とあいなりましたが、今思うと落ち込んで重い空気に潰されそうな気持ちの毎日だった震災後、早めにあのCMを流して欲しかった…かな…。
九州新幹線全線開通CM180秒バージョン
そんな風に、あの日、スタートを切ったさくらサンは今日も九州を忙しく走り回っているようですが…これまで、こんなにも人々を励ましてくれた新幹線は他には無いんじゃないかな〜?
e0137277_191924.jpg


振り返る5年、あの日、あの時は、キチがいたのにな…。
いろんな事を思い出しながら過ごす三月。

e0137277_2347116.jpg

ケーキを焼くとバターの香ばしい香りが漂い始める。
くんくんくん…この香ばしい香りも、姉さんは大好き♪
でも、猫さんには食べさせられません…ごめんなさい。
e0137277_23464546.jpg

うやああああああああ バター食べたい!!と、ジタバタ。
こんな時、本当に「猫もスイーツが食べられたらなぁ」と思う。
毎日でも、好きなお菓子を焼いてあげるのに…(人´ω`).


あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

本日のご訪問、ありがとうございます♪

More/パウンドケーキの中は継接ぎ(パッチワーク)状態。
by Room230 | 2016-03-14 18:08 | sweets | Trackback | Comments(10)
ニダで鯖味噌と金平・変わらないもの
e0137277_120680.jpg

なんとなく…久しぶりに食べたくなった…鯖の味噌煮。
最高に白いご飯に合う「食卓の定番」。
そしてもう1品は…巨大な人参で作ったきんぴら。これまた定番のおかずなのですが、この、きんぴらに使った人参が驚くほどに甘かったので、みりんを加えず出汁入り醤油とごま油だけで作ってみましたが、みりんを入れた時より、甘さを感じるほどでした。金美にんじん、この美味しさってハマりますね(笑)
e0137277_1331032.jpg

黄色いのが甘い人参で、オレンジ色のが普通の人参です。
色が違っても同じ人参なんだから、そうそう大きな違いは無いだろう…なんて思ってたけど、これにはまいった!!

今日は3月11日、東日本大震災から5年目、
あの日の日本は被災地だけじゃなく、だれもが祈りの中にいた。「また、再建しよう」をスローガンに、被災地の方々とそれを応援するすべての人を支援したいと作られた動画を何回も見ては涙が止まらなかった。そして、その後も見るたびに泣いてしまいます。
【Pray for Japan】地震で生まれた心に残るつぶやき【be strong】

日本に生まれた以上、地震に対する知識や防災意識は義務教育以上に必要な事かもしれない。
正直「なんで、そんなに地震の多い場所にこの国があるんだ!!」と憤慨する気持ちもあるけど、そんな国だからこその崇高さや優しさや強さを知ると…やっぱり、この国に生まれて良かったと思う。
e0137277_22372648.jpg

日本の代表選手的ごはんのひとつ「おにぎり」
これがある限り、きっと日本人は強い日本人のままでいられるはず…そんな気持ちにさせられる。
e0137277_22352492.jpg

そういえば…病院の先生が言ってたな…
「猫はね、日本の土着猫(俗に雑種と言われる種)が他のどの種類より強くて、性格も温厚で優しいから、診察する時も大変さを感じなくて済むんだよ」と。
誇れるものを沢山もっている国。一刻も早く完全復興して頑張った人たちの強さを誇りたい…と思った2016年、震災から5年目の今日でした。

あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

本日のご訪問、ありがとうございます♪

More、さば味噌はニダベイユ仕様です
by Room230 | 2016-03-11 14:46 | fish | Trackback | Comments(6)
チキン料理
e0137277_18142030.jpg

忙しい日のチキン料理、トップは鶏のにんにく味噌炒め。摩り下ろしニンニクと味噌、酒を混ぜ合わせたタレを鶏肉に絡めながら炒めるだけ!

e0137277_0401623.jpg

こちらもすぐに出来るので、時間がない時に度々作っているのですが、今回、ちょっとトマトが完熟だったせいで、跡形もなく、ソースになってしまいました(笑)リンクは以前作った鶏モモバージョンのレシピ

e0137277_0482417.jpg

3月、日が進むにつれ気温が少しずつ上がって、マンションの1階のお宅の庭に、毎年楽しみにしている桜が咲き始めました。
福岡の開花予想はまだもう少し先。桜前線に記載された今年の桜の開花は、キチの命日です。そして皮肉にもその日は私の誕生日でもあり、また、福岡西方沖震災の日。
e0137277_23165985.jpg

2005年、九州では大きな地震は無いという神話?があったせいで予想だにしていなかった西方沖地震。マグニチュード7.0、最大震度6弱は生まれて初めて、自らが体感した大きな地震に改めて「日本は地震大国なのだ」と、実感させられました。
福岡の西方沖震災から10年、そして…東日本大震災から5年。震災の特番が増える3月、防災に備えるようにというニュースをみた後の夕飯時、下から床をドン!と突き上げるような縦揺れの地震に「これは、震源地、近いな〜」と、夫どん。でも、ご飯を食べる手はゆるめません(笑)
今度は西方沖ではなく北西沖。北西沖ってどこよ?とネットで調べてびっくり。こんな近い場所が震源地で、地震の記録を見ると震度1から2の小さい揺れが随時来ていたなんて…!?時々グラッと感じて「あれっ?今揺れた??」なんて会話をする時があり「地震なら速報でるでしょ」と待っていても、震度が小さい場合は速報は出ないので「あ〜勘違いか〜」なんて事がよくあるけど、やはり小さいながらも頻繁に揺れているのですね。以前、ネットもテレビも私のとこは揺れの数字が出て無いのに、しっかり揺れを感じた事がありました。「ほら、さっきの揺れは地震やん!!」「でも、ここは揺れてないみたいだよ」「…ええっ?」という具合。

e0137277_18061.jpg

10年前の震災時にはまだ若かったフィル姉さんは、寝ていても、揺れ出すとすぐに目を覚ましていたのに、今回は…いびきをかいたまま熟睡でした。さて、今年も我が家は恒例の避難用具の確認と入れ替えの時期です。


あなたのおうちの、美味しい時間のヒントになれたらうれしいです
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございます♪
by Room230 | 2016-03-09 18:39 | Chicken | Trackback | Comments(4)