ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
カテゴリ:fish( 149 )
鶏魚(イサキ)の竜田揚げ
初雪情報をテレビで見た日、こちらは夏に逆戻りのお天気。今日はどうかな〜?
e0137277_9451873.jpg

イサキは初夏から秋にかけてが旬の魚
半分は買って来た当日にお刺身としていただき、半分を冷凍保存しておきました。

●冷凍イサキを下*の材料を混ぜ合わせたタレに入れてそのまま冷蔵庫の中で漬け込みながらの自然解凍。
●しっかり解凍し、味がしみた頃に表面を軽くクッキングペーパーで水分を取り、片栗粉をまぶして揚げ油で揚げる。
*漬けダレ(以下の材料を混ぜ合わせる)
醤油・・・ 大さじ2 
砂糖 ・・・小さじ1
にんにく ・1/2片(摺おろし)
生姜汁、酒、みりん 各大さじ1 

e0137277_94514100.jpg


あなたの美味しい時間のヒントになれますように…
各種ランキングに参加しておりますので、よろしかったら下のバナーを押して応援してもらえたら嬉しいデス。

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。
皆様の訪問が、とっても励みになっております。

More/秋ですね…
by Room230 | 2011-10-07 10:16 | fish | Trackback | Comments(7)
イカのこくうまソテー
冷凍保存しておいたイカ…夫がイカフライが好きなので、揚げようと思って解凍していたのですが、夕方になり、ちょっと予定が立て込み、急遽変更。
e0137277_9121839.jpg


エラいカンタンですが…でも、すごく美味しかった。今回使ったキムチは、最近色んなブロガーさんの記事で見かける「こくうまキムチ」。お好みで他の野菜を足して炒めてもきっと美味しいよね♪

【作り方】調理時間約10分…も、かからないと思う。
●フライパンに胡麻油少々を温め、輪切りにしたイカを炒める。
●イカの表面が白くなったくらいで火力を弱めてキムチを適量加え、イカと馴染ませる。
●水溶き片栗粉を注ぎ、火力を上げて、全体にトロミがついたら火を止めて器に盛る。
e0137277_9121429.jpg

イカのキムチソテーの上に散らしているのは、プランターで育てている野菜の「わさび菜」。つい先月、葉野菜が高騰と聞いて、わさび菜やミックスハーブなんかを追加して植えてみた。少しは家計の足しになるかしら?

ホウレン草のおひたし
e0137277_9124687.jpg

プランターの野菜で、お店のホウレン草に比べたらそんなに大きくは無いけれど、かろうじて収穫出来る程度には育ちました(笑)
10月に入り、空に浮かぶ雲も秋模様。食事を済ませて体が温まると、窓を開いて夜風を楽しむ。この日の夜空にはボンヤリと霞を纏った三日月でした。
秋風を楽しむキチ、窓の外の匂いを嗅いで情報収集中。
e0137277_915318.jpg

そう言えば、昔は猫が顔を洗うと明日は雨とか…言ってましたが、四六時中グルーミングをするので…良くわからない…(´-ω-`)

あなたの美味しい時間のヒントになれますように…
各種ランキングに参加しておりますので、よろしかったら下のバナーを押して応援してもらえたら嬉しいデス。

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。
皆様の訪問が、とっても励みになっております。
by Room230 | 2011-10-04 09:38 | fish | Trackback | Comments(4)
鯛刺しビビンバ
e0137277_17152969.jpg

テレビを見ていて、ああ、なんかおいしそうだわ〜と思って自己流で作ったら、すんごく美味しかった。生野菜とお刺身用の鯛で作るから、レンジも火も使わず、調理時間は5分未満。

ヘルシーだわ〜と思ったけれど、予想以上にゴハンが美味しく…夫がおかわり3杯目に挑戦しようか、それとも八分目で我慢しようか、いや、もっと食べたい!!と…悩んでいた(笑)
e0137277_17152096.jpg

レタスやサラダ菜の葉物野菜とネギ、パプリカ、胡瓜、生姜、紫蘇の千切りなど生野菜をたっぷり用意して、鯛刺しを乗せ、ちょっとコクと甘さを足したコチュジャンのタレを回しかけ、全体に絡めて、白いゴハンに乗せて混ぜながら食べる。お好みでマヨネーズプラスも美味しい。お刺身の上にばらまいてある黒いツブツブはエゴマ。スプラウトは紫蘇のスプラウトです。

あれば、茗荷とかわさび菜とか、春菊とか…竹輪の千切り、揉み海苔を混ぜてもおいしそうです。

More 
by Room230 | 2011-09-02 17:23 | fish | Trackback | Comments(10)
アジのエスカベッシュ
鯵を開いて…骨刺さる。

たまにやる、お台所の負傷。
e0137277_18114792.jpg


鯵・・・・・2尾(下ごしらえをして塩胡椒を少々)

(マリネ野菜)
玉葱・・・・小1個(細くスライス)
カラーピーマン1個(細くスライス)
ニンニク・・1片(スライス)
唐辛子・・・1本(種を取り輪切り)
キューリ・・1/3本(スライス)
レモン・・・1/4個(スライス)
e0137277_1813118.jpg

 (マリネ液)
水・・・・・200cc
白ワイン・・60cc
酢・・・・・60cc
砂糖・・・・20g
塩・・・・・10g
コンソメ顆粒小さじ1
ローリエ・・1枚
分量外薄力粉適量/鯵のソテー用オリーブオイル大さじ1程度

More
by Room230 | 2011-09-01 18:26 | fish | Trackback
鰤の塩焼きとプチ酢豚
e0137277_92531.jpg

塩をふった鰤をグリルで焼いただけですが、このシンプルさが、これまた美味しい。
    お漬け物参考レシピmanngoさんちのキューちゃん漬け
e0137277_934739.jpg



七月の終わり、夫が「入道雲が出てたね」と言っていた。
蝉の鳴き声が聞こえて来たね、トンボも見たよ…夏の風物詩達を堪能しながら
もう一つ、日本の夏には「怪談話し」

More
by Room230 | 2011-08-19 08:32 | fish | Trackback
夏に恋しい海老トマカレー*
e0137277_9312460.jpg

夏になると無性に食べたくなる、少し酸味のあるトマトカレー、随分前から登場してますので、取りあえず今回のメニューはザックリレシピで…(笑)
e0137277_97147.jpg

●ペースト直前くらいに微塵切りにした玉葱1個と大蒜1片をオリーブオイルでしっかり炒めてから、海老を足して炒める。
●海老に火が通ったらブイヨン100ccとホールトマト1缶を入れて蓋をして中火で10分程煮込む。
●煮込んだ鍋にカレー粉大さじ2〜3とお好みのスパイスを入れて弱火で良く馴染ませてから火を止め、蓋をして食べる直前まで放置。
※お好みで野菜等を加える時は海老と一緒に炒めてから、ブイヨンを入れて下さい。
トマトの酸味の調整に、茹で南瓜のペーストやリンゴの摺おろしなどを入れますが、今日は無花果コンフィの微塵切りをいれてみました。
e0137277_971741.jpg


紅花ライスのトマトカレーレシピ


この日は、いつもの赤箱カレールーにプラスα、レシピブログのみなさんの声で生まれたと言うミニパックのガラムマサラとターメリック、クミン、レットペッパーを追加。パッケージの写真だけでカレーに必要なスパイスがわかると言う使い切りの親切デザイン!
GABAN/トライアル・ミニサイズスパイス←商品ご確認はこちらでどうぞ♪
e0137277_915872.jpg

封を切ったばかりのスパイスって、本当に顔がニンマリする程にいい香りですね。こんな風に「いつもの」に、ちょっと足すだけでも、かなり本格的なカレー屋さんの様なコクのある味わいが楽しめます。

More/毎日暑いデスよ〜
by Room230 | 2011-08-09 09:21 | fish | Trackback | Comments(4)
お魚黒酢醤油ソテー
e0137277_10325527.jpg


オコゼの切り身の表面にかるく薄力粉をまぶし、黒酢1とミリン1、酒2、大蒜醤油1を混ぜ合わせたタレを作り、フライパンでこんがりソテーした後、タレを絡めた簡単な1品。
オコゼのワイルドなビジュアルとは似ても似つかない、プルンとふくよかな食感は一度食べると病みつきになる。

おこぜをソテーするついでに、しっかりと水切りした豆腐も同じフライパンに入れてソテーしてみたら、すごく美味しかった。

我が家が使用している黒酢は、以前から鹿児島県福山町の坂元醸造の坂元のくろず
アミノ酸やペプチドの宝庫と言われる黒酢、熟成を重ねるにつれて液がだんだん色づく神秘的な現象は、まだその全容を解明しきれていないのだそうです。
我が家で使うお酢の殆どが坂元のくろずなので、酢飯もちょっと色がつきます。

More
by Room230 | 2011-08-04 10:13 | fish | Trackback
簡単レシピ、鮭の胡麻焼き
e0137277_1641021.jpg

【作り方】
●鮭の切り身に適量の塩をふり、溶き卵の中をくぐらせたら、刻み胡麻か摺り胡麻をまぶす。
e0137277_1641932.jpg

●フライパンでごま油小さじ1程度を温め、胡麻をまぶした鮭の両面を焼く。(蓋をして酒少々をふり、蒸し焼きにしても良い)中まで火が通ったら出来上がり♪
e0137277_1641625.jpg

今回たまたま鮭ですが、お好みで鰤でも鱈でも美味しくいただけます。一緒にキャベツの酢漬け(赤キャベツのザワークラウト)と残り野菜色々を塩揉みし、和出汁入り甘酢とゆかり、ごま油少々を足したタレで和えたものを添えています。

More/余談だけれど…
by Room230 | 2011-07-27 17:06 | fish | Trackback
エビのみぞれ和え
以前は夏になると、決まってテレビ番組で怪談モノのスペシャルドラマが放映されていましたね。

物語は毎回、みんなが知ってる「四谷怪談」や「牡丹灯籠」など…
どの物語も内容を知っているにも関わらず、毎年「今年はダレが、どんな役をやるんだろう?」と言う期待で待っていました。時代が変わり、Jホラーの登場以来、すっかり見かけなくなった古典怪談。

単純に「怖い」と言うより、どこか切なく、哀しく、
悲劇の運命に「うらめしや〜」と乱れ髪で嘆く姿は妖艶で… 

そこには必ず「情念」と呼ばれる女の「純愛」がある。

e0137277_074018.jpg

怪談もヒンヤリするけど、こちらの1品も、ひんやりで魅力的…(笑)

More/海老のみぞれ和え
by Room230 | 2011-07-24 00:07 | fish | Trackback | Comments(0)
鰤の梅紫蘇焼きと小鉢達
夏の食卓に頼もしい食材、梅。
買って来た切り身に梅味噌を塗り5分程寝かせておく。
(漬け込み過ぎると、ちょっと塩っぱくなります)
e0137277_727418.jpg


梅味噌(切り身、二枚分)
白味噌・・・小さじ1半
和出汁・・・小さじ1(カツオと昆布)
甘酢・・・・小さじ半(無ければ市販の酢飯用お酢可)
梅紫蘇・・・小さじ半〜1(梅干しと一緒に漬け込んだ赤紫蘇)

●上記材料を混ぜ合わせ、お好みの魚の切り身の表面に塗る。
●5分程寝かせてから、グリルで両面を焼く。

More…カンタンな1品
by Room230 | 2011-07-17 07:49 | fish | Trackback | Comments(8)