ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
カテゴリ:sweets( 265 )
2018年、今年のデ・ロワ
e0137277_22084011.jpg
本当は例年通りパイ生地も作ろうと思っていましたが、なかなかそこまでの時間とタイミングが合わず…しょうがないので市販の冷凍パイで作ってみました、今年お初のgalette des rois162.png
市販のパイ生地なので、最初から少し大きめにピケがたくさんあるので模様は入れず、そのままドリールを塗って焼きました。
e0137277_22083470.jpg
やはり、市販の生地なので、これまでのような歪みは出なかった。
私のデロワが歪む原因は、生地を伸ばす際のバターの偏りだとわかった。
生地を伸ばす際は、縦横、同じく伸ばして行かないとバターが一方方向に集まったり、減りすぎたり…と言う事。時間を作って再度、パイ生地作りに挑戦したいと思った。
e0137277_22083792.jpg
新しい年の始まりを占うケーキ。
中のウエーブはお人形さんでは無く、自家製の栗の渋皮煮。
これも、毎年恒例のもの。
中のクリームの材料

無塩バター30g
砂糖35g
卵M1個
アーモンドP45g
コーンスターチ5g
渋皮煮のクリーム40g(渋皮煮の中身だけを生クリーム大さじ1と一緒にフープロにかけてペースト状にしたもの)

上記材料を混ぜ合わせた物をパイ生地に詰めて焼きました。

e0137277_22084389.jpg
毎年、この時期にガレット・デ・ロワを焼くと、猫たちがオーブンの周囲でワサワサ、ウロウロ、バターの香ばしい香りにクンクン、ニャーニャーとはしゃいで賑やかだったな〜♪

私たちがテーブルに着くとパイ生地のかけらが落ちてくるのを足元で待っていました。
もしかして、おたくの猫さんも、パイ待ちしてる?
食べたことないはずのものでも、本能で「これは美味しそう」と思えるのかな?
e0137277_22174917.jpg
さて、今年のガレット・デ・ロワ
あなたのお宅は、どなたが今年の王様でしたか?
我が家はご覧のように、見事に半分づつ(笑)

あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございます♪


by Room230 | 2018-01-16 15:58 | sweets | Trackback | Comments(2)
使い切りのチョコチーズケーキ
これというテクニックが必要な工程や道具は使いません。
チーズだけの味も魅力だけど、チョコと組み合わせた味わいはガトーショコラとは違う濃厚な味が楽しめますね♡

e0137277_22412948.jpg
今回は市販の材料が残らないように、全部使い切りでグラニュー糖以外は軽量なしで焼きました。
18cmのパウンド型を使用

クリームチーズ200g
グラニュー糖 70g(あらかじめバニラの香りを漬けてます)
雪印マスカルポーネ 1個(100g)
meiji ブラックチョコレート1枚(50g)
卵 2個

クリチ、マスカ、卵は常温に戻しておきます。
チョコレートは湯煎にかけて、柔らかくしておく。

1、ボウルにクリチを入れて、柔らかい状態になるまで混ぜてから、グラニュー糖を加えてザラつきがなくなるまで泡立て器で混ぜる。
2、チョコは湯煎でとかして、マスカルポーネと混ぜ合わせておく。
3、1に、とき卵を2回に分けて、その都度しっかり混ぜる。(オーブンを210度に温めておく)
4、3に2のチョコとマスカルの生地を加えて、よく混ぜる。
5、4の生地を型に流し込み、210度で35分焼く。
*焼きあがったら、一旦常温にもどして冷蔵庫で一晩寝かせて、翌日が食べごろ。

ブラックチョコレートのビターな味わいが、あとを引く美味しさ♡大人向けのスイーツができました。
お好みで生クリームやフルーツを添えて…
我が家は生クリームと酸味のあるグリオットホールを添えていただきました。
e0137277_22413696.jpg
年が明けたら、もう七草が並んだ野菜売り場、この感じだとバタバタしてるうちにすぐ2月。
そろそろ恵方巻きが並びだしたりして、バレンタインもすぐ来ちゃうんだろうな〜…
材料使い切りのチョコとマスカルのケーキ
つめた〜く冷やして、熱々のコーヒーとでティータイムの息抜きに。


あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。





by Room230 | 2018-01-10 21:08 | sweets | Trackback | Comments(6)
栗のお抹茶ケーキ
e0137277_22020395.jpg
この時期、毎度の栗のケーキ♡今回はお抹茶とのコンビで、少し和風な味わいです。

無塩バター 60g
コンデンスミルク10g
上白糖 35g〜40g
卵 1個
<A 粉類>
薄力粉 45g
アーモンドパウダー 25g
抹茶 大さじ1弱
スキムミルク 大さじ1
BP 3g

渋皮煮 5個

●無塩バターと卵はあらかじめ常温に戻しておく。
●Aの粉類は、全部混ぜてふるいにかけておく。
●オーブンを180度に温めておく。
1、無塩バターと上白糖、コンデンスミルクを混ぜ合わせ、ふわふわになるまで泡立て器でよく混ぜる。
2、卵を1のバター生地に分離しないように少しづつ加えながら混ぜる。
3、2の生地に粉類を加え、しっかり混ぜたら、用意した型に流し込む。
4、渋皮煮をゆっくりと押し込みながら生地に加え、温めたオーブンで170度で35分〜40分焼く。
焼きあがったら、乾燥し無いようにアルミホイルをかぶせて、常温で冷まし、翌日が食べごろです。
e0137277_22021394.jpg
ちゃんと真ん中に入れたつもりの栗。
毎回、微妙に移動している(笑)
今回は、小ぶりのパウンド型で焼き上げましたが、一般的な大きさのパウンドにしたい場合は、過去記事の甘納豆の抹茶ケーキにレシピを上げております。渋皮煮が無い場合は市販の甘納豆でお抹茶ケーキ、こちらもとっても美味しいです。
e0137277_22454448.jpg

あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。



by Room230 | 2017-12-14 14:48 | sweets | Trackback | Comments(6)
チーズケーキ
e0137277_21372685.jpg
最近、各所でお見かけした「アトリエタタン」のレシピでやいた美味しそうなチーズケーキ♡
私も挑戦してみました。チーズたっぷりの配合。間違いなく美味しいだろう…と本を見てるだけで顔が緩む。
e0137277_21371313.jpg
日々、チーズ摂取量の多い我が家です(笑)
e0137277_21373281.jpg
いや〜、やっぱうまい!!!
濃厚なチーズの味わいに釣られて、ついつい食べすぎるほどに美味しい。
この本はいづれも作り方がすごくわかりやすくて、親切だわ♪人気の理由がよくわかる!

下は11月後半撮影の我が家のダイニング
毎年恒例のちょむちょむさんからのクリスマスアドベントカレンダーも届き、気持ちもおうちもクリスマスの準備はできてます。クリスチャンではないので、形ばかりのや〜つ(笑)
e0137277_21491887.jpg
あれこれ忙しくなるこれからの時期。
これからが年末年始のご馳走の本番でもあるので心置きなく食べられるように…しっかり体調管理しないと!!!

健康管理の目的は仕事のためじゃなくて…そっち?とか突っ込まれそうだけど(笑)

あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。


by Room230 | 2017-12-11 16:31 | sweets | Trackback | Comments(4)
シナモンロールのパンプディング
e0137277_23153154.jpg
シナモンロールなの?フレンチトーストなの?って問われてしまいそうですが…(笑)
以前も作った食パンで作るシナモンロールです。
e0137277_23101170.jpg
食パンに軽く霧吹きをかけて、柔らかくなったところに常温にした柔らかいマスカルポーネを全体に塗り、グラニュー糖、ココアパウダー、シナモンパウダーをふりくるくる巻いて、ラップをしてしばらく寝かせます。
e0137277_23071457.jpg
上記、シナモンなどをまぶし、成型したパン生地を半分にカットし、耐熱皿やストウブに並べて詰め込み、フレンチトースト同様の卵液を流し込み、半日ほど寝かせて卵液をしっかり染み込ませてからオーブン(またはトースターかレンジ)で焼きます。
焼きあがったら、常温になるまで冷まして、生クリームを添えていただきます。
e0137277_23153670.jpg
カットした断面は、ご覧のように、シナモンロール♪
流し込む卵液の量で、仕上がりの生地の食感が変わります。
トロトロがお好みの方はより多めに卵液を注いでくださいね。

あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

Communication Magazine.エンジョイロード「毎日レシピ」連載中


by Room230 | 2017-12-05 13:57 | sweets | Trackback | Comments(2)
お手軽なリンゴのサクサクタルト
九州も冷えてきたトヨ〜

e0137277_15232645.jpg

冬場はタルトやパイを焼く機会が増えるので、同時に生地を作り置き。
数日前に1cmにカットした無塩バターに薄力粉をまぶして冷凍する事からスタート。
時間を見計らい、粉類とバターをフープロで撹拌。
粉チーズ程度のホロホロの状態になったら、取り出して卵を加えて生地をまとめ、再びの冷蔵庫。
3時間以上経過したら、タルト生地に丁度良い厚みに生地を平らに伸ばして…残った生地は冷凍保存。

この日のタルトは、一番簡単な「広げて乗っけて、焼くだけバージョン」
e0137277_15232368.jpg

タルト生地を適当に伸ばして、スライスしたリンゴを並べ、リンゴにグラニュー糖とシナモンをまぶし、小さくちぎったバターを4、5個ほどリンゴの上に乗せて、180度で30分焼いたもの。

大雑把ではあるものの、タルト生地のサクサク感が増して美味しいので、一度作ると病みつきになる。
e0137277_15232854.jpg


福岡の各所にも、もうクリスマスツリーが飾られ、点灯式などのイベントも開催されたボジョレーで賑わう11月。年末のもう一つのイベント?お歳暮の発注に出かけたついでに、買い物をしていたらフッと目に止まった小さな白黒の猫。猫の愛嬌のある表情に、夫が「これ買ってくるw♪」とウキウキしながらレジへ向かった。
e0137277_15571161.jpg


家について、まじまじと猫の顔を見ながら「鼻が黒だったらよかったのにな〜」とか言う。そのうち、油性ペンで「鼻黒の八割れちゃん」にされてしまうんだろうな…笑
手に持ったイチゴは家にあったもの。イチゴ好きだったキチを偲んで???手にもたせてみました♡
これから季節はますます冬に向かい、寒さが厳しくなります。フェルトの猫もしっかりツイードのジャケットを着ています(笑)みなさんも、お出かけの際は、しっかり防寒をして風邪をひかないように用心してくださいね♪
e0137277_15235449.jpg


あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

More・今回使用した材料
by Room230 | 2017-11-25 20:46 | sweets | Trackback | Comments(6)
りんごのシブースト
やっと登場の真っ赤な紅玉。他のりんごに比べたら、少しだけ小ぶり。ミキサーで皮ごとジュースにした果肉をそのまんま使用して、シブーストを作ってみました。
e0137277_4425276.jpg


ムースの中にも、またムース(笑)
中のムースは普通の生クリームベースの生地です。
e0137277_4431522.jpg

参考にしたのは手持ちの「人気シェフのケーキ教室」。本の中にはオレンジのシブーストが掲載されていますが、それを参考にしながらのりんごのシブースト。りんごにはペクチンが豊富だからかな?ちょいムースが硬めに仕上がってしまった。
*シブースト、ネット上の参考レシピをリンクしておきます。
キューピー3分クッキング


日に日に秋の気配が濃くなる11月。あと少しで、最後の月が来る時期になってしまったなんて…と、今更。米国大統領来日の報道を見ながら食べたシブースト
e0137277_4532241.jpg

今年になり、度々のミサイル通過にJアラートが鳴った事を知った時、幼い頃にご隠居さん達に「お前たちは、戦争を知らずに生きて行けるから、もうそれだけで十分に幸せな人生を送れるの、良かった、良かった」と…頭を撫でられた記憶が蘇った。
幾つかの戦時をくぐり抜けてきた世代の人たちは、あの第二次世界大戦が日本の最後の戦争だと信じたのだろう。もちろん、そうであってほしいけど…

これから年末年始にむけて人々の暮らしは慌ただしくなる時期。その賑わう慌ただしさが、これまでと変わらないものでありますように…
e0137277_4422147.jpg


本当は…戦争の武器を作るより、美味しい野菜や料理を作るほうが、幸せになれる事をみんな知ってるはずなのにね…。
e0137277_5515928.jpg

そんな独り言を猫達の遺影に向かってつぶやいてしまった。

あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。
by Room230 | 2017-11-16 15:48 | sweets | Trackback | Comments(8)
栗名月に栗のケーキで…
渋皮煮を作ると、必然的に「崩れた栗」が、そこそこ溜まる(笑)
e0137277_5455561.jpg

おおよその場合、それはマロンペーストにして冷凍保存になりますが、こちらは、そのペースト状になる手前のゴロゴロの固形状を、そのままバター生地に混ぜて焼いたケーキです。

なんとなく「栗」のイメージに仕上げたかったので、セルクルに流し込んだ生地の上にすりごまを散らしてから焼いてみました。
今年の栗は、例年に比べて出回る数も少なかった上に、やや小ぶり。
やはり、この夏の悪天候が原因だったのかな〜?ほかの地域の栗はどうだったのでしょうか?以前頂いた銀寄せの栗の半分くらいの大きさも多かったですし、仕上がりの煮崩れも多かった…けど、こうして美味しくなってくれたから、それはそれで良しとしよう(笑)
e0137277_5461489.jpg

細かく崩れた栗が入った生地の食感はふわふわとほろほろの中間かな?甘い栗の味わいと、生地に混ぜたコーヒーリキュールが、なかなかナイスです♡
今回もレシピはmoreに残しておきます。おうちのスイーツ作りのヒントになれたら嬉しいな♡

秋が深まる11月、SNSで各地域のクリスマスツリーの点灯式などを見て、いよいよ年末がちかくなっているんだな〜…とこの1年を振り返ることが多くなる時期。フィルが旅立ってまるっと1年が過ぎ、夫婦二人だけの日常にも慣れた先週には二匹の遺影の側に小さいツリーを飾りました。
今更思うのは…あの子達がただくつろいでいるだけでも、リビングに「華やかさ」が感じられていたんだな〜って事。ず〜と側に居て、その環境を見慣れたら「当たり前」になって気がつか無い。
e0137277_17323711.jpg

たとえ、大股開きでいびきをかいてる間抜けな姿でも、大輪のバラの花束にも勝るんだな…
よそ様のおたくのにゃんこの、何気ない写真を見ながら、そう…実感している…。

各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

More・レシピ
by Room230 | 2017-11-10 17:43 | sweets | Trackback | Comments(6)
タルトタタン・2017
e0137277_16473956.jpg


りんごがたくさん並ぶ季節になると、やっぱり作らずにはいられなくなるアップルパイ。
私の通うスーパーではまだ紅玉が並ばないので、違う種類のりんごですが、個人的にはスイーツには色合いも美しい紅玉で作りたい。ぼんやりとした色合いにしか仕上がりそうになかったので、冷凍保存のグリオットを混ぜて、生地作り。

焼きあがったら、パイ生地をのせてそのまま常温に冷まし、しばらく冷蔵庫へ。
一度取り出してグラニュー糖をまぶし、バナーで表面を焦がして再び冷蔵庫で冷まします。表面の食感は薄くコーティングされたキャラメリーゼでりんご飴状態。
キャラメリーゼの中のりんご生地はトロッとした食感ですが、スプーンが必要なほどではありません。

九州の秋はゆっくりと到来する。
e0137277_17202950.jpg



早く紅玉がでてこないかな〜♪
作りたいのは、まず、これこれ↓りんごのバラのタルトです。
e0137277_1773581.jpg

11月の最初の週末、金曜日から休日で人によっては三連休である事を、すっかり忘れていた私。
行楽シーズンの連休、紅葉狩りにお出かけ予定の人も多いかな?素敵な週末をお過ごしくださいませ…


あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

More
by Room230 | 2017-11-03 06:21 | sweets | Trackback | Comments(6)
かぼちゃのプディング
e0137277_0555513.jpg

ここ近年、名前もわからない面白い形のかぼちゃとかもよく見るようになりましたが、毎回、散々眺めては、決まり切った毎度のかぼちゃを買う…根性なし(笑)
買ったかぼちゃは、そのままレンジでチンしてからカットして、その日に使用しない分は冷凍保存します。ざっくりとしたレシピしかないのですが、一応メモしておきます。

今回使用した材料
かぼちゃ 60g
コンデンスミルク 大さじ1
生クリーム200cc
卵 2個
コーンスターチ 小さじ1
砂糖 大さじ3程度
シナモン 少々
カラメル用・・・・・・
グラニュー糖大さじ3
みりん 小さじ1
バニラエッセンス 少々

1、かぼちゃはレンジでしっかり柔らかくして潰し、コンデンスミルクを加えて、さらに滑らかな生地にする。(できれば裏ごした方がいいかも?)
2、グラニュー糖とみりんを混ぜて小鍋でカラメルソースを作る。状態がカラメルに仕上がってからバニラを加え、(型)耐熱容器の底に流し込んでおく。(私のはストウブココット16を使用しています)
3、鍋に1のかぼちゃと生クリーム、溶き卵、コーンスターチ、砂糖を入れ、よく混ぜてから弱火にかけて、とろみがついたら火を止めてシナモンを加える。
4、3のプディングの生地を裏ごしにかけてから、2のカラメルソースを敷いた上に流し込み、オーブンのスチーム機能で40分蒸す。
5、蒸しあがったら、そのままオーブンの中で常温になるまで冷まし、冷蔵庫にいれてしっかり冷やしてから、型から外します。お好みでフルーツや生クリームを盛っていただきます。


e0137277_0401642.jpg


かぼちゃが入った生地なので、どっしり感がするのかな〜と思いつつ、実際食べたら、そうでも無かった、週末の夜のかぼちゃプディング

e0137277_125325.jpg


ハロウィンのキャラとか、かわいいスイーツは…つくれそうにないので(笑)普通にかぼちゃのプディングで…。
綺麗に食べ尽くした後で「もう無くなったよ」と皿を見ている夫。パウンドケーキやチーズケーキとは違うからね(笑)


あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。
by Room230 | 2017-10-27 15:01 | sweets | Trackback | Comments(6)