ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
2017年 11月 30日 ( 1 )
根菜たっぷりうま煮と秋子の中華炒め
e0137277_00544324.jpg
冬が野菜を美味しくする。
牛蒡、人参、里芋、大根。そのままだとかた〜い根菜が、コトコトと煮込まれた鍋の中で、この時期ならではのホクホクの食感に仕上がってくれる。同じ根菜類でも夏場のものとは一味違う味わいと柔らかさ。

筑前煮やお雑煮と同じく、このうま煮も各家庭や地域によりちがう「うちのうま煮」が、どこのお宅にもある。
我が家は基本は鶏肉使用。牛脂を溶かして、大きめにカットした食材を炒め、だし汁と醤油、酒を注ぎ、汁気がなくなるまで煮込む。今回は鶏肉ではなく、軟骨入りの鶏のつみれで作ってみました。

コトコト、ストウブで煮込む間に、大量に買ってきた椎茸を炒めて常備菜つくり。フライパンに、刻んだ生姜とごま油を入れて香りがたったら、インゲンと椎茸を軽く炒める。次に調味料を流し込み、全体に絡めて出来上がり。ご飯が進む、ピリ辛の中華炒め。この時期の香りを楽しむ「秋子」だけれど、少し傘が開きすぎて薄いものだったので、容赦なく味の濃い中華炒めにしていただきました。
e0137277_00544941.jpg
椎茸20枚に対して使用した調味料
(以下の材料を、最初に混ぜ合わせて作っておき、椎茸に火が通り始めたくらいに、流し込み、痛めながら味を絡めて、出来上がり)
甜麺醤 小さじ1
にんにく醤油 小さじ1強
みりん 大さじ1
チンタンスープ 30CC

*最初に使う生姜のみじん切りは大さじ2ほど、大量に使用しています。
e0137277_01353176.jpg
そろそろ…各ご家庭のお正月の準備を兼ねた小豆の準備、はじまっているようですね♪

ちなみに、ある寒い日のキチの記録より…

今日は人間様のご都合とやらで、暖房をケチられています。
オレは寒いんじゃ〜!!と、訴えると洋服を着せられました。
これで、ちっと温かくなったから…これから縄張りのチェックに行きます。

これな、たまにやってくる「うさ子」が買ってくれた洋服なんだけどオーダーメイドの様にオレにピッタリ。

テケテケ、一日中おうちの見回り、寒いのにベランダも見回り、俺はいそがしい。
おいらが縄張りのチェックをしてる時に、おきゃくさんと言う人達が来たりして、洋服を着たオレを見ると、笑いながら座り込む。
なにがそんなに可笑しいんだ!?
やっぱり…上着だけだからか…?
e0137277_22582669.jpg
そんな11月の終わり、数日の休暇が取れた妹が帰省していたので、一緒にちょこちょこっと実家にお墓まいりと掃除をしに行ってきました。両親の愛犬が旅立ち、数ヶ月。落ち込んでないかと心配でしたが、食欲の秋のおかげか?ちょい体重も戻って、顔の色艶も良くなっていました。掃除が終わりお茶をしながら「よかったね〜」と妹と話していた茶の間の外から、なにか聞こえる。
すりガラスの向こうに、何かが移動している…と姉妹で顔を見合わせて、恐る恐る戸を開くと…
e0137277_21594483.jpg
いきなりの来客。
しかも、大型犬だったりゅう君に負けないほどの
存在感のある大型猫。
妹が抱きかかえようとしたけど重くて抱きかかえられない。
「これ、猫だよね?」とか冗談を言い合うほど…
なんでも、りゅう君亡き後、急に現れるようになったらしい。
「毛の掃除が大変だから、もう動物はお家にいれない!!出てゆきなさい」と母に言われても、かわいい声でスリスリして、出て行こうとしない。見た目もきれいで人に懐いてる様子から、きっと近所の飼い猫だろうけど…
まるで我が家のように、実家の中を走り回っている(笑)
e0137277_22054714.jpg
しばらく猫と一緒にお庭を見ていたのですが…その間にも、いくどか自分で玄関の戸を開けて、中に入っては、母に「こらぁ、また入ってきてぇ!!!」と叱られて「にゃあああん」と甘えて…と、賑やかな声が響いていた。
りゅうの亡き後、両親の立ち直りが早かったのは、この子の突然の訪問のおかげかもしれない…


あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

by Room230 | 2017-11-30 22:14 | vegetable | Trackback | Comments(8)