ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
2017年 02月 08日 ( 1 )
イチゴのスイスロールと地名ネタ
e0137277_2119974.jpg

いつもシフォンベースのスポンジで作るロールケーキですが、今回はバター使用の生地。
スポンジの生地の参考にしたのはこちら、谷崎潤一郎のモカロール
我が家はモカロールではなくイチゴロールでいただきました。
ふかふかのスポンジ、ロールに仕上げてすぐよりも、半日ほどしてからの方がふかふかにしっとり感が増して、美味しいです。

e0137277_21192775.jpgこんな風にカットした時の事を考えたら、断面の果肉まで赤い「あまおう」が良かったのですが、やっぱりだけど、まだ高くて手が出せなかった(苦)もう少しすれば、春が来て、愛しのあまおうお手頃シーズン♪春が待ち遠しくはあるのですが
今年もどうやら…憧れの「一心行の大桜」を見にいく事は出来そうにありません。その桜の名前を聞いただけで「命の弔い」を物語る歴史があるんだろうな〜と想像できますが…


福岡の「大根川」という川の名前の由来を聞いた人は…だいたい、吹き出す。

ぶっちゃけて言うと平安時代に1人の老婆が川で大根を洗っていた。諸国行脚の途中に筵内に寄った空腹の空海が「その大根を譲ってほしい」と頼むと、老婆が「断るっ!」と空海に石を投げつけ怒った空海は大根川の水を干上がらせた。という話。
おいおい、そりゃ、どっちもどっちじゃ無いのか?的に突っ込まれているし、若い頃、この話を初めて聞いた時は、本当にコーヒーを吹きこぼしたほどで、現在、地方の某CMで博多華大がこの大根川の由来をネタにしているので、きっと福岡県民でこの話を知らない人は居ないはず。

「春」と「桜」にはまったく無関係な地元ネタ。

e0137277_2119872.jpg

ケーキを食べていると、またテレビで、例の大根川の由来のネタのCMが流れ、やっぱりクスッとしてしまう。
もしかしたら、日本の各地にも「それってアリなの?」と思えるような地名の由来があったりするのかな?

e0137277_22325542.jpg

桜を待つ2月も、あっという間に過ぎて…さらにあっという間に桜の季節も過ぎちゃうんだろうね〜。来月はきちぼんの命日の月。彼が旅立って、2回目の春。

フェリシモ猫部 >添い寝待ち猫 を見ていたら、つい、うっかりポチしちゃいそうになった…。これが黒猫だったりしたら、もう意識なくポチしちゃってるかもしれない(笑)

あなたのおうちの、美味しい時間のヒントになれたらいいにゃ〜
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございます♪
by Room230 | 2017-02-08 17:20 | sweets | Trackback | Comments(4)