ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
2017年の白玉善哉
毎年、気温が上がると登場する我が家の夏の定番「珈琲白玉善哉」
e0137277_09443.jpg

白玉粉をこねて丸めて、熱湯で茹で…ぷっかり浮かんだら引き上げる。お好みで、白玉に抹茶を足したりかぼちゃを加えたり…色紅で赤く染めたり飾ったり。
こちら↓は、過去記事からの抜粋、我が家の夏には欠かせない冷菓
e0137277_083396.jpg


小豆こし餡のリンク

今年は、小豆あんと一緒に添える珈琲を2種にした珈琲白玉善哉。
ひとつはBlack、エスプレッソで、もうひとつは生クリームを混ぜた甘いラテ味
e0137277_09770.jpg

ぴよぴよは、市販のお菓子です。

外は雨でどんより。
この雨が、田畑の潤いになって、美味しいお米や野菜を育ててくれるのだけど、できれば…降りすぎだけはご遠慮願いたい。

この日の夕飯は、佐賀のご当地メニュー「シシリアンライス」
e0137277_085698.jpg


皿にご飯を乗せたら、野菜とお肉をドッカンと盛り付けて…お好みでマヨネーズや焼き肉ソースをまわしかける。使用するお肉もお店によって違うので、これという決まりは無さそう。
この日の我が家は、輸入のステーキ肉を市販のローストビーフ用のソースと絡め、かるくソテーしたもの。

先月、久しぶりに会った佐賀在住の今年70歳のKさん夫妻。
ご主人は三味線の御師匠さんで、奥様は現役OL
二人で車でお出かけ(デート)したら、お昼は必ずいろんなカフェのシシリアンを試すようにしていて、夫婦のひそかな楽しみなんだとか…ひとまず近場の高速道路や有料道路のパーキングのシシリアンは全制覇した!!とか…
e0137277_0924.jpg

そんなシシリアンの話の間、ご主人はニコニコしながら、ただ頷くだけで、99%は奥様だけが話している。名コンビの仲良し夫婦、周りには素敵な「お手本」になる先輩たちが沢山いるなぁ…

あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。




【しらたまだんごの作り方】
1、白玉粉に水または豆腐を少しずつ入れながら混ぜまる。(耳たぶくらいの固さに…)
2、直径2cmくらいの大きさに丸め沸騰したお湯で3分~4分ほど茹で上に浮いて来て1分くらいが目安。
3、冷水を用意してさらす。

配合は、各メーカーの商品パッケージに書いてある分量に従って下さい。
お豆腐を加えて作ると、翌日まで硬くならないので、一度に大量に作って、数回に分けて食べたい時などに便利です。


【善哉のあずきあんの作り方】
大納言・・・150g(昔の一合です) 豊祝大納言の購入はこちらから
砂糖・・・・・初めは300gくらいで、試食して下さい
塩・・・・・・・(ひとつまみ程度、お好みに応じて使って下さい)

1、洗った豆を鍋に入れ、浸かる位に水を入れる。火加減は豆が踊らない位に弱火を保ち、アクが浮いてきたらこまめにすくい取る。
2、豆が割れる直前に火を止めて渋切りに移る。(渋切り・豆が目一杯にまで膨らんだ時を見計らって、今までの煮汁をすべて捨てる。)
3、煮汁を残しておくとエグ味が残るので、完全に捨て去るほうがよい。
4、新しい水に替えて、弱火でコトコトと煮続ける。
(豆が空気に触れていないかを注意。充分に豆が柔らかくなった事を確かめて火を止め20分~30分程むらす。)
5、豆を試食してザラつき感が無ければ余分な煮汁をすくい取り捨てて下さい。煮汁は全て捨てないでください。煮汁の量は豆がヒタヒタ状態になるようにします。
6、砂糖を入れる。
7、中火くらいでゆっくりと炊き始める。かき回しすぎて豆をつぶさないように、10分ほど煮ると甘さが浸透します。
8、最後にひと煮えすれば、火を止めて出来上がり。
by Room230 | 2017-06-12 14:59 | sweets | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/25831537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ryuji_s1 at 2017-06-12 16:39 x
filleさん
こんにちは
白玉善哉
ぴよぴよが諏訪良いですね
美味しそうです
オシャレですね
シシリアンライス
素敵なお料理ですね
美味しそうです
丁寧な作り方ありがとうございます。


Commented at 2017-06-12 21:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Room230 at 2017-06-12 23:50
* ryujiさんへ
こんにちは、 ryuji_さん

夏になると、我が家では必ず登場します白玉善哉
お隣の佐賀では中に餡の入った「白玉饅頭」が昔からお馴染みの人気菓子。どうやら、北部九州は白玉好きの地域のようですね(笑)
Commented by Room230 at 2017-06-12 23:58
*2017-06-12 21:45の鍵コメさんへ
リンク歓迎です〜ありがとうございます。

シシリアンライス、名前の意味が明確にはわからない地元のカフェめし。
そうそう、サラダライスみたいな物なので、うちで登場するのも、やはり夏場なんです。
タコライスの簡単バージョンよね(笑)

>いいな☆と思うことだけを見たり聞いたりしながら…
若い頃に感じる「素敵」と
歳を重ねてから感じる「指摘」は、これまた違う。
昔読んだ本を読み返すような気持ちで、もう一度、自分の足元も、しっかり見てみようという気持ちになりました♪

<< ヒラメのムニエルと6月の花 手羽先餃子と三つ葉のおひたし >>