ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
かぼちゃの呉豆腐とプレートの日
e0137277_20215028.jpg

冬の南瓜をお取り置きしておいたのですが、さすがにそろそろ食べたほうがいいかな?と、調理しました。
レンジで加熱した南瓜を一口大程度にカットして、5〜60g程度に小分けして、今回使わない分は冷凍庫へ。
moreにはざっくりレシピですが…こちらはストウブ、または鋳物の分厚い鍋を使用した場合の手順です。
抹茶呉豆腐レシピ
e0137277_20215323.jpg


この日の夕ご飯はプレートで、いろんなものをまとめてのっけてお子様ランチ風。
輸入の薄いステーキ肉、佐賀牛の横にあったので、なんとなく「安い」と勘違いしてしまったかも?(笑)
買った後で、美味しいのかな〜?と不安がる夫でしたが、ちゃんと美味しくいただきました♪
大好きな佐賀牛とはちがう美味しさ、さっぱりで、ちょいワイルドな風味を感じました。
e0137277_205127100.jpg


一緒に添えたオムレツには、先日kaoruさんからいただいた生姜の味噌漬けのみじん切りが入っています。この食べ方はkaoruさん本人からの「生姜はみじん切りで卵焼きに混ぜて食べると美味しいですよ!!」と…嬉しい情報。
なるほど〜!!な美味しい1品が出来上がって、ばくばく、あっという間に食べ尽くしました!!

揚げれんこんは、表面に大豆粉をまぶしてあります。こんがり香ばしく、中はホクホク!素揚げより美味しくしあがります。
e0137277_20375422.jpg


…先日、新聞でも大きく取り上げられていた「東北で…」の、大臣の失言問題。
一転して、SNSでは「♯東北でよかった」が素敵な東北の景色と一緒にアップされていますね。九州は、もうすっかり葉桜なのですが東北は今が満開と、みなさんが上げてくれた美しい桜を楽しませていただいてます、ありがとう♡

あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。



1、下ゆでしたかぼちゃ50gは豆乳250g程度と一緒にミキサーでピューレ状に。なめらかな食感がお好みなら、ここで裏ごし下さい。
2、ストウブに戻した1のかぼちゃの生地にお好みで砂糖やメープル、練乳などの甘味料を加えて味を調整します。
3、2に葛粉を約大さじ2程度を混ぜてから、弱火をつけて、ひたすら混ぜてトロミが出るまで混ぜ続け生地がトロントしたら火を止めて余熱で固まるので、そのまま混ぜ続けます。
(普通の鍋を使用する際は、焦げが出ることが多いので、火の調整にはくれぐれも用心して下さい。)
4、3の生地をお好みの容器に流し込み、冷蔵庫で冷たく冷やしてからいただきます。

◯今回は、4の後、ストウブ鍋の底に残っている呉豆腐にコーヒーリキュールを注ぎ、呉豆腐に混ぜ合わせ、かぼちゃ呉豆腐の上に流し込んでから冷蔵庫に入れて、ちょっとプリン風にしあげてみました。
by Room230 | 2017-05-04 22:04 | sweets | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/25729201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by liebekatzen at 2017-05-05 00:39
こんにちは!
今日のお料理『呉豆腐』…くれどうふって読んでしまった(汗)
初めて知ったお料理です。
くず粉を使うから、とろとろで美味しそう♪
さらにコーヒーのリキュールが含まれていたら、もう美味しいに決まってるぅ。
あぁ、このオムレツもっと早く教えてほしかったなぁ。
たまには気分を変えて、お子様ランチ風もいいですね☆
Commented by Room230 at 2017-05-06 02:36
* liebekatzenさんへ
こんにちは、 liebeさん♪
ごどうふ、郷土料理なので、知名度は無いです(笑)
佐賀は大豆の生産も多い方なので、きっとこの料理が出来上がったのかもしれません。
余談だけど、今、テレビで大和くんによく似た男前が温泉旅館の看板猫してるのを見てた(笑)

KAORIさんの卵料理
味噌漬けの生姜をみじん切りで卵焼きに入れるのが、ちょこ家の定番らしいですよ。すごく美味しいです!!
<< 初夏を感じる アミガサタケのポトフとサーモンフライ >>