ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
牛蒡の肉巻きと鶏と蕪の煮物
ありがちだけど、ごぼうの肉巻き♪
e0137277_22203790.jpg

ごぼう好き県民、家庭でも、ごぼうの消費率多し!なのですが、ただいま奥歯の治療中。上下左右の全部の奥歯治療が完了するまで、固いものは避けて下さい。と言われてから、ごぼうはしっかり下ゆでし「柔らかい」食感で食べるようにしています。

鍋にたっぷりの水とお酢を少々加えて、必要な大きさにカットしたごぼうをしっかり下ゆで。
棒状にカットした場合のごぼうは味をつける前に、かるく麺棒などで叩いておくと、早くしっかり味がしみ込むので、今回の肉巻きもかるく叩いてから肉巻きにしました。
下ゆでの後、煮物やキンピラと、お好みのメニューに仕上げます。
最初にお酢で下ゆでをすると、ごぼう独特の土臭い匂いも灰汁も無くなり、より美味しいごぼう料理に仕上がりますね♪

もうひとつ♪手羽元と蕪の煮物
e0137277_0324935.jpg

味はお醤油ベースで、ちょっとだけお酢入り
蕪は3月くらいからが「春物」の旬。冬の蕪ほどの甘みは無いのですが柔らかい食感が美味しいですよね。春の旬ものには、ちょっと早めですが蕪にしみ込んだ鶏の味が美味しい1品ができました♪
e0137277_021316.jpg

produceby ©TOYOTA COROLLA FUKUOKA CO.,LTD コミュニティマガジン「毎日レシピ」にて連載中!こちらは新春・春号の掲載レシピです。 

e0137277_22314517.jpgでも、フィルちゃんはお肉よりお魚が食べたいの!とか…
もう、そんなわがままを言うお姫様もいなくなった我が家。姉さんの為に買い込んでいた寒ブリの買い置きは夫婦で美味しくいただきました。大量に買い込んでコレクションのように冷凍庫に並んでいた鰤を食べ尽くすと、それまで冷凍庫が狭い!と感じていたのが嘘みたい。
e0137277_23295425.jpg

姉ちゃん、そんなわがまま言うとったんか…なかなか、やりおるな。俺もその手を使えばよかった



あなたの美味しい時間のヒントになれますように…
各種ランキングに参加しておりますので、よろしかったら下のバナーを押して応援してもらえたら嬉しいデス。

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。
皆様の訪問が、とっても励みになっております。



手羽元と蕪の煮物(調理時間約35分)3〜4人前
e0137277_031029.jpg


《材料》
鶏の手羽元 6〜8本
蕪 2個
*調味料(以下の材料を混ぜ合わせておく)
酒 50cc
水 100cc
市販のカツオだし30cc(めんつゆ可)
醤油 30cc
お酢 15cc
分量外、塩、胡椒

《作り方》
1、手羽元に軽く塩、胡椒をふっておく。(この時点で骨と身の間に包丁を差し込むようにしておくと、火の通りも早く、食べる際に身が剥がれやすくなります)
2、蕪は皮をむき、4〜6等分に切る。
3、フライパンやソテーパンを温めて、必要であれば薄く油を敷き、一度しっかり熱してから手羽元をいれて、表面がこんがり色づくまで焼き、同じように蕪も表面を焼く。
4、3のフライパンに*の調味料を注ぎ込み、蓋をして湯気が立つまで煮込む。
5、湯気がたったら沸騰しない程度の弱めの中火にして約15分程度煮込み、その後蓋を外して強火でグツグツと5分ほど煮込む。
6、蕪に火が通ったのを確認したら、再び蓋をしてそのまま放置して味が落ち着くまでまってから器に盛ります。お急ぎの場合でも5分ほど放置ししてください。
by Room230 | 2017-02-24 15:42 | vegetable | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/25242383
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ryuji_s1 at 2017-02-24 15:56 x
filleさん
こんにちは
ごぼうの肉巻き
オシャレなお料理ですね
牛蒡の肉巻きと鶏と蕪の煮物
素敵なお料理
美味しそうです
Commented by liebekatzen at 2017-02-24 23:43
こんにちは!
はいはい、ありがちでも大歓迎!
ゴボウ大好き県民ではないけれど、私もゴボウは大好きです♪
あの土臭さがいいんだなぁ。
えっ、お水とお酢で下茹でを…メモメモ(笑)
でも、メモしたところでスイスにゴボウはないよ~~~。
蕪には冬バージョンと春バージョンがあるの?
へ~、知らなかった…クスン。
私、蕪も大好きなのです♪
今から荷物をまとめて、フィーユさんのお宅に飛んで行こうかなぁ。
もちろん姫を連れてね(笑)
Commented by kaorunchoko at 2017-02-26 20:01
❤filleさん こんばんは☆
鰤・・・そう、高級鰤だったよね・・・
姉さん鰤なら食べたんですよね!
キチ君もその手を使えば良かったと(笑)
そんな風にキチ君、今頃は思ってるんですね(^_^;)間違いない!
手羽元、コラーゲンたっぷりで、翌日お肌に張りがUP!UP!ですね(*^^)v
↓フェリシモ猫部は、まじヤバいですね(笑)
猫型肉まんさてさて、何処からたべましたか~???
私だったら、裏から食べて皮一枚残し最後に食べます(笑)
Commented by タヌ子 at 2017-02-27 07:48 x
牛蒡もフランスに普及したい野菜の一つ。
自家栽培の牛蒡は柔らかくて美味しいけど食べられる期間はほんのわずか。アジア食品店で売っている韓国産の超長牛蒡は煮ても焼いても食えないとはこのことか…と思うぐらい繊維だらけで、二度と買う気がしない。
最近近所でオーガニック野菜を作っている人と知り合いになり、1週間に一度その人から野菜の盛り合わせを買うことにしたのだけれど、なんでもやたら蕪が多いらしい。
鶏の煮込みのお相手はいつも大根だったのだけど、これからは蕪にしよう。
Commented by Room230 at 2017-02-27 14:27
* ryujiさんへ
こんにちは、 ryujiさん
牛蒡の肉巻き、よくお弁当用に作っているお宅をお見かけします。牛蒡の植物繊維たっぷりにスタミナの肉、ナイスな組み合わせだからでしょうね♪
Commented by Room230 at 2017-02-27 14:33
* liebekatzenさんへ
こんにちは、リーベさん♪
福岡に来て、いろんな料理に牛蒡が豊富に使ってあるのを見て最初はびっくりしました。
もつ鍋も牛蒡入りですし、鍋に牛蒡!!?と驚きもありましたが、実際食べると、なるほどの美味しさ。私の牛蒡好きは福岡で開花したかも?(笑)
>蕪
そうなのよ〜、冬の蕪は寒さに耐えて甘みもしっかり蓄えて育ち、春は柔らかな味わいになるの。でも、夏以外の野菜は、ほとんどがそういう違いを持ってるみたいで、寒くきびいしい冬という試練あればこその美味しさ…なんか「人間」にも共通したものがあるように思えますよね(笑)

>もちろん姫を連れてね(笑)
きゃああああ、今日は姫ちゃんの夢を見てしまいそう!!!
Commented by Room230 at 2017-02-27 14:42
* kaorunchokoさんへ
こんにちは、kaoruさん♪
高級鰤…値札読めないはずなのに、養殖のお手頃価格の鰤は食べてくれなかった。人間は調理法でごまかしがきくけど、猫は調味料なしで「焼くだけ」だから、露骨にバレてしまうんでしょうね〜
キチは好き嫌いがなかったのがありがたかったよ〜
無さすぎて、ベランダのレタスやイチゴまで食べちゃってたけど、なぜか猫用のキャットニップは無関心でした…

猫まんじゅう、私は半分にカットしてから食べましたが、kaoruさんの「裏から食べて皮一枚残し最後に食る」は、ありだと思います。なぜなら、顔のイラストを描くためか、普通の肉まんより皮がやや固めなので、多分、はがせるはず!!
6個入りの2パックなので、まだ1パックが未開封ですよ〜♡
今晩あたり、福岡某所在住の、いい歳のおっちゃんとおばさんが、キャッキャ言いながら猫まんじゅうを頬張る事でしょう(笑)
Commented by Room230 at 2017-02-27 15:01
*タヌちゃんへ
こんにちは、タヌちゃん♪
>自家栽培の牛蒡
そうなのですね〜、
基本、ヨーロッパには牛蒡の食文化は、元々無いですよね?
今、出回っている日本の春牛蒡は、軽く煮込むと柔らかく仕上がるので、この時期の日本の牛蒡フランスに送りつけたいくらいですよ!特に、福岡ご自慢の「糸島」の野菜。
タヌちゃんが牛蒡好きなら、食べたら、もう、日本在住になるためにぽんちゃんとlukaちゃんの首に縄をつけて、帰国したくなるかも?(笑)

鶏肉、もも肉と蕪だと、一口大にカットして作るから、出来上がり時間も大根を使う場合より断然速いよ〜
忙しい時にはかなりオススメの組み合わせです♪
Commented by MOMO at 2017-03-10 08:39 x
MOMOも牛肉巻き作りました!
国が違うと様相も違ってきます。圧力鍋で作り、中に巻いたのはピクルス。
これがドイツの牛肉巻きです。
Commented by Room230 at 2017-03-10 09:37
*MOMOちゃんへ
こんにちは、MOMOちゃん♪
おニューの圧力鍋の使い心地はいかがですか?
美味しいドイツ料理と圧力鍋のリポート、期待していますよ!!
<< ちょこっとシナモンロール(りん... 猫の日、にゃむちゃ、猫まんじゅう♪ >>