ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
ジャガイモの肉味噌炒め
e0137277_22102776.jpg

若い人たちに説明するなら…田舎料理と言えばいいのかな?こんなものもありますよ〜と食卓に出したら、小さいお子さんたちからはブーイングが出る?出ない?洋食世代には、むしろ新鮮?(笑)
実家やその近所の多くが自宅用に芋類を作っているせいか、家庭料理にじゃがいもが入ったものがよくありました。皮ごと茹でたじゃがいもを油を温めたフライパンで転がしながら、お醤油ひとさしだけで味をつける「じゃがいもの田舎焼き」や「鍬焼き」と同じタイプのメニュー。
もとは、畑の横や庭、作業小屋での「お昼ごはん」に、家にあがらず、作業着のまま作っていたと聞きます。
e0137277_22101871.jpg


詳細の分量を量ったことさえ無い…(笑)
《材料》
じゃがいも、合挽きミンチ、味噌、和だし、醤油、みりん、酒
ニンニク、生姜、しいたけ、長葱←こちらの列の材料はお好みとご都合で
分量外、揚げ油
鍋は揚げ物用と炒め用の二つを使用します。

《作り方》
1、じゃがいもは皮ごとレンジで下ゆでし、じゃがいも以外の野菜はみじん切りにしておく。
2、揚げ油を熱し、下ゆでしたじゃがいもを揚げる。
3、ストウブ鍋にひき肉を入れてしっかり炒め、野菜を加えて炒め、味噌、和だし、醤油、みりん、酒を加えて肉味噌を作る。
4、2のじゃがいもを3のストウブに入れて、肉味噌を絡める。

水分は無いので、お弁当向き。
我が家は、日によって「花椒」や「ラー油」をかけて仕上げます。
e0137277_14303788.jpg

e0137277_14295838.jpg上と←は、以前作った「じゃがいもの田舎焼き」。皮が柔らかい新ジャガなら皮ごと、そのまま塩茹でして、油を温めたフライパンにじゃがいもを入れて、表面がこんがり色づきだしたら、お醤油をさっと回しかけ、コロコロ転がしながら味を絡めるのが王道ですが、我が家はめんつゆも使います。
場合によっては、横画像のように、サラダ油では無く、バターで炒めて「バター醤油味の田舎焼き」。

この田舎焼きや肉味噌炒めは、里芋でも美味しいです♪
ちなみに、この日のメインは「チキン南蛮」…
そう、揚げ油の流用です(笑)

e0137277_0321328.jpg

元気だった頃のフィル姉さん、横にあるのはお気に入りの猫のぬいぐるみ。フィルが我が家に来た年のクリスマスに買ってあげたものですが、すごく大切にしながら遊んでいました。ちゃんと首の後ろをくわえて窓辺に持って行き、自分の毛づくろいの後ぬいぐるみも毛づくろい。その後ぬいぐるみを抱いて寝る。狩りのマネのお遊びに振り回されるんだろうな〜と思って与えたのですが…意外でした。女の子だからかな?

e0137277_23504074.jpgその後、キチが来て2匹同じものを与えるようになりましたが、いづれもキチが振り回し、あっという間に鼻はもげるわ、耳はちぎれるわ…で、フィルにも与えた新しいぬいぐるみもキチにボロボロにされて、ゴミ箱行きとなるのですが…このぬいぐるみだけは、さすがのキチも、フィルの前では触れませんでした。だからフィルがいない時、こっそりと、ぬいぐるみを殴るのです。だいたいフィルと喧嘩した時にぬいぐるみに八つ当たり←こんな感じで喜んでましたが、結局バレて、自分がフィルにボコボコにされるのです。


そんな風にフィルが大切にしたぬいぐるみも、ちゃんと虹の橋の旅立ちに持たせてあげました。多分、また…フィルとの喧嘩に負けたキチに八つ当たりされるのでしょうが…(=ω=.)

あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。



世界食料デー・ソーシャルアクション *おにぎりで世界を変える
おにぎりアクション 2016

10/11 (火) ~ 11/30 (水)
あなたの写真投稿が、アフリカ・アジアの給食に
写真を1枚投稿すると、協賛企業から給食5食分に相当する100円が寄付されます
by Room230 | 2016-10-20 15:36 | root vegetab | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/24717774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by くろ at 2016-10-20 19:04 x
こんにちは

じゃがいも 美味しそうですね。写真を拝見していたらお腹が・・・!お夕飯まで まだ時間があるのに。

ところでこの猫の縫いぐるみ、私も持っていました。
我が家の2匹が来る前に 寂しい私の為に買いました(笑)
フィルちゃんとキチくん 扱い方はそれぞれだったんですね。
フィルちゃんが毛繕いまでしていたというのは、驚きました。とっても優しいお姉さんだったんですねぇ。
キチくんの反応は 私の猫像そのものです。
因みに 我が家の2匹は見向きもしませんでしたよ。
Commented by Room230 at 2016-10-20 20:58
*くろさんへ
こんにちは、くろサン♪
我が家には「じゃがいも大王」(夫)がいるので、たくさん作っても、すぐ無くなります。特に春の新ジャガは美味しいので奪い合い。

このぬいぐるみ、くったりとした寝姿、遠目に見ると本物と見間違えそうなフォルムですよね。
買った当時は、まだぬいぐるみの方がフィルより大きかったんです。なのに、人間の「お母さんごっこ」にも似た遊び方をしていたのには驚きました。でもグルーミングするから、唾液の匂いがして、すぐ洗濯しないと臭くなるのよ(笑)
キチは何でも豪快でしたので、投げる蹴る、噛む、
その後放置する…
床に転がるぬいぐるみの惨殺屍体…
そして中綿が散らばる室内…

二匹が若かった頃は毎日の掃除も気合が必要なほどだったので、最近の掃除機のゴミの量の少なさに気持ちが微妙です(笑)
Commented by タヌ子 at 2016-10-21 15:22 x
素朴なジャガイモ料理、美味しそうですね。
素朴だけど茹でてから揚げるのだから手間はかかりますよね。
フランスにはホクホク系のジャガイモが少ないから、こんな美味しそうには仕上がらないかも。
日本に居るうちに作ってみなきゃ。
やっぱり猫ちゃんも女の子の方が物の扱いが丁寧なんですね。
フィルちゃんとキチ君、きっとまたぬいぐるみを巡る戦いを繰り広げてるんでしょうね(笑)
ITOはぬいぐるみには全く興味を示さなかったから、『あいつら何やってんのかな?』って冷めた顔で見てるかも。
Commented by Room230 at 2016-10-22 16:24
*タヌちゃんへ
じゃがいも、日本でも北と南で、ホクホク感が微妙に違うから、海外ともなれば、やはり野菜も個性が出るんでしょうね〜
先日テレビで、今後日本にイタリアナスが大量に出回る予定と聞き、ナス好きは期待でワクワクです。

>猫の♂と♀
他のお宅の猫さんたちも、多々、うちと近い状況が見られるようですよ。女の子は空気を読むのがうまく、容量も良い子が多い様ですね、一方男の子は、やはりやんちゃが多いけど、大人になると、女の子より「おおらかさ」が出てくるみたいね。
私の中では♀は「親友」的な感覚もあり、愛おしさの中に信頼さえ感じられ、♂は、永遠の3歳児みたいな、目が離せない可愛さがありました。
「フィル姉に比べて、お前はほんとに不器用じゃのう」みたいな(笑)
Commented at 2016-10-22 23:16
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
<< メースが香る大人味のタルト アスパラの豚巻きフライ >>