ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
オニオンスープ
肌寒さを感じて、なんとなく食べたくなるのが「オニオンスープ」
我が家では小さい玉ねぎをそのまま使うオニオンスープが一番多い。いつも「これでもか〜っ」と、やたら野菜を入れたがる私にしては、かなり珍しいコンソメベースのスープ。
e0137277_04618.jpg

玉ねぎの美味しさをしっかり味わいたい時は、これが一番好きですが、これだけで食事が成り立たないので、バケを焼いたりサラダを作ったりします。
もう一つは、そのバケをオニオンスープに入れて、チーズをふり、オーブンで焼いたグラタンスープ。
e0137277_023877.jpg

e0137277_22353641.jpg


e0137277_023140.jpgこの場合は玉ねぎをバターでしっかり炒めます。お好みでベーコンやキノコなどを加えて、コンソメを注ぎ塩、胡椒で味を整え、耐熱の器に盛る。そこにパンを入れて、上からとろけるチーズをパラパラ…
200度のオーブンで5分ほど焼いたら出来上がり♪


スープというよりグラタンと呼ぶ方がいいかな?ハフハフと、熱々をいただく玉ねぎのご馳走。
これから季節が深まり、朝が億劫に感じるくらいになった頃、起き抜けにこれがあると思うと、早起きも頑張れる。ベースのオニオンスープだけは事前に作っておき、パンとチーズをのせてオーブンで焼いている間は、朝の準備。とはいえ…出かける予定がない日は、朝ごはんもパジャマのまんまなんだけどね(苦)
e0137277_23574229.jpg

今年は悪天候のせいで玉ねぎが高騰しそうとの事でしたが…今の所、うちの近所では大丈夫そう。
e0137277_04119.jpg




フィル姉さん、秋ですよ…。
e0137277_023336.jpg

外の気温が気持ち良い季節には、必ずそこにあったかわいい姿が今は無く…無意識に視線を走らせては、その都度苦笑いしてしまう。現実に会え無い寂しさはありますが…悲しく無いのが自分でも不思議だったけど、この長い年月、おつりが出るほど愛された思い出のおかげ。
存分に愛しているつもりが、その何倍も愛されていた。
精一杯尽くしているつもりが、命がけで尽くされていた。

何一つ、これ以上望むものがないほどの「愛」を置き土産に旅立ったのだから…


あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。

*詳しいレシピは11月に入り、moreに添付させていただきます。
©TOYOTAcorolla-fukuoka. 
enjoy road ・communication magazine 連載中

by Room230 | 2016-10-25 15:14 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/24703643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ryuji_s1 at 2016-10-25 15:54 x
filleさん
こんにちは
オニオンスープ
大好きです
美味しいですね
オニオングラタンスープも良いですね

バケット入れて最高です
Commented by liebekatzen at 2016-10-25 19:25
こんにちは!
オニオンスープは下のバージョンを我が家では作ります。
これからの季節体の芯からポカポカして、いいですよね~。
玉ねぎ好きの主人のために作ってあげようかなぁ(笑)

今日もうるうるしてしまいました。
だめですよ。私をこれ以上泣き虫にしないで下さいね。
Commented by MOMO at 2016-10-26 12:07 x
玉ねぎ、焦がさないように、ひたすら忍耐でじっくり炒める甲斐があるスープですよね。
ネコたちの思い出に浸りながら、ゆっくりと玉ねぎ炒め。目がちょっと潤んでいるのは…そう、玉ねぎのせい……???
Commented by Room230 at 2016-10-26 23:37
* ryujiさんへ
こんにちは、 ryujiさん
今日は日が暮れてからの気温がすごく「秋」らしさを感じました。暖かい食べ物が嬉しい季節。
同時に…寒暖差に秋風邪さんも増えるようですので、用心し無いといけないですよね。
Commented by Room230 at 2016-10-26 23:47
* liebekatzenさんへ
こんにちは、 liebeさん♪
九州だと、もう、しっかり気温が下がら無いと、この手のスープは夜でも作らないけど、スイスなら、登場回数も多くなりそうですね。
今年の日本は玉ねぎ高騰、おまけに先月までの台風の影響で、葉物野菜がただいま高騰と品不足。
野菜好きには厳しい秋です。

>私をこれ以上泣き虫にしないで
うふふふふ、大丈夫。大丈夫。
今月はハロウィン、虹の橋に行く間もなくのハロウィンだから、まだフィルちゃんは、ここに居るでしょうね〜
Commented by Room230 at 2016-10-27 00:02
*MOMOちゃんへ
こんにちは、MOMOちゃん♪
玉ねぎスープの玉ねぎは、気合入れて飴色に仕上げてこその「美味しさ」にたどり着く「根性」が必要ですよね。

>たかが猫、されど猫、
友人達に、自分の歳を考えたら早く次を迎えないと、間に合わなくなるよ、と言われて…
この世に可愛い猫は山ほどいるけど、キチほど、個性的なうざい?存在感のある子は、そうそう居ないし、フィルほど濃厚に忠実に私を愛してくれる猫もいないとわかってしまい、もう、次はいいか…という気持ちになりました(笑)



Commented by まぎ at 2016-10-27 08:13 x
ストウブオーブン加熱やってみます!

スープが身に染みる季節ですねぇ。
心も体もほっこりさせてくれるあたたかいもの。

アイシテル。と思ってたのに、何倍も愛されていた。そうなんですよね。与えてるはずが、与えられていて、幸せにしているはずが、幸せにされていた。
今、感謝できることを感謝し。精一杯感じていきたいです。
与えられた事に想いを馳せる時間も大切にしながら。

形が見えなくなっても、大切なものって自分の体の中で生きていて存在してくれていますよね。私も、毎日その存在を感じながら、今の自分がある事に気付かされます。

フィーユさんのそばにもいつもいるんでしょうね。
Commented by bamukuri at 2016-10-27 13:07 x
はじめまして。私もつい先日私の誕生日に愛犬チワワが亡くなりました。里親で引き取って13年私達夫婦に色々与えてくれました。「現実に会え無い寂しさはありますが…悲しく無いのが自分でも不思議」とりますが同感です。もう一匹パピヨンがいますがこの子も15歳でアジソン病歴7年。年の割に若々しく、とてもアジソン病には見えないのですが、いつかは亡くなるのですよね。今まで以上に愛おしい存在です。オニオングラタンスープ久しぶりに作ってみたくなりました。手間はかかりますが、その美味しさを頂くと苦にはなりませんね。
Commented by Room230 at 2016-10-27 17:47
*まぎちゃんへ
こんにちは、まぎちゃん♪
今年は早く冬にまる予想で秋が短いらしいのですが、その分、ストウブの活躍期間も増えるでしょうね〜
ある程度煮込んだ後で仕上げにストウブオーブン加熱、まずは簡単なふろふき大根で試してみるのもおすすめ。
大根の美味しさに悶絶するかも?(笑)

にゃんこもワンコも、健気に人に尽くしてくれますよね、
昨夜、これを見て、なんとも切ない気持ちになったよ…
http://satsuzerozero.blog.fc2.com/blog-entry-1751.html
命の期限…





Commented by Room230 at 2016-10-27 18:07
* bamukuri さんへ
コメント、ありがとうございます。
>誕生日に愛犬チワワが
まぁ!!
bamukuri さんのところも、お誕生日が命日になったのですね。1年前に他界した弟猫のキチと同じ。彼もやはり里親の会から引き取った猫でした。

>15歳でアジソン病歴7年
年齢だけでも十分に立派なのに、アジソン病の治療をしながらの15歳は、本当にすごいですね。
きっと、しっかり愛されて愛して、長生きしたくて bamukuri さん家族を飼い主に選んだんだと思います。
人間は自分たちが動物を選んでいると思っているけど、
中には…逆も多いと思うのですよ(笑)
bamukuri さんのように、しっかり可愛がっている人に出会うたびに、そう思えてなりません。

愛犬、チワワちゃんは、フィルと一緒で、虹の橋に渡る寸前で、ハロウィンでまた里帰り…二匹とも、ちょっと忙しい旅立ちになっちゃいましたね〜
「好きなだけここに居なさい」とか、遺影に向かって甘やかしてます(笑)
Commented by bamukuri at 2016-10-28 10:38 x
filleさん
>人間は自分たちが動物を選んでいると思っているけど、
中には…逆も多いと思うのですよ(笑
人間の赤ちゃんもそうだと聞いたことがありますが(私達夫婦は子供をはいませんけれど)、言われてみると動物もそうなのでしょうね。感謝せずにはいられませんね。
>ちくしょ〜、おかんのヤツ、めいっぱい唐辛子使いやがった!悔しから、お皿に前足つっこんだろ!
何だかとても笑えました。
Commented by Room230 at 2016-10-28 15:28
* bamukuri さんへ
こんにちは、 bamukuri さん♪
>人間の赤ちゃんも
そうそう、あと、赤ちゃんと動物は、自分の食いぶちを持ってやってくる。とも聞いた事があります。
しっかり可愛がると、その子が必要な¥がちゃんと入るようになるとか…
きっと昔から、愛おしい者に与えられている「力」が、その家族や空間に幸福をもたらし、そんな風に感じられたのでしょうね。
うちは夫がよくフィルに「なにがほしい?」と裏声で話しかけていました。だからフィルの背後から「今度◯◯をかってくださ〜い」と、私が答えていました。はい、もちろん私自身が「ほしい物」ですが…もちろん、無視されます(笑)
夫いわく「フィルが本当にハイブランドの首輪がほしいとかいうなら、どんなに高額でも買うけど、人間はダメ!」ですと…

キチの足出汁入りの中華ですが
とっても美味しくいただきました〜
<< 鶏とカシューナッツの四川風 メースが香る大人味のタルト >>