ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
秋が深まる
e0137277_21584632.jpg

今年の1月、市内では珍しいほどの雪景色を見たと思ったら、夏は夏で、深夜になっても30度超えの熱帯夜が続くと四季があることが自慢の国だけど、ここまで激しいと「もういやだ〜」と思えてしまった。
そんな過酷な毎日から少しづつ解放された9月。徐々に過ごしやすさを実感すると、早々に煮物が恋しくなったりします。久々に作る根菜たっぷりのがめ煮に、夫はお決まりの言葉を言う「お正月の匂いがする」と…(笑)
e0137277_2217109.jpg

夏に取れたかぼちゃも程よく熟して美味しさも格別。夏はひんやりスープが美味しいけれど、秋はやっぱり暖かいものが嬉しい。

e0137277_22181330.jpg

フィル、少しづつ体を動かすのが大変そうになってきています。体調がすぐれない日はキャットフードを盛った器を、口元に持ってゆき食べさせたりしています。そんな状況でも、ちゃんと必要な量を食べてくれると、ホッとする…

犬や猫を家族にする事を、日本では「飼う」という。
動物の事を「かう」というと、「ものみたいにいうな!」と怒り出す人もいるけれど、私は、その文字の「飼う」の持つ意味合いと重要さを、身を持って実感しているので、「猫を飼う」という事に、異論は無い派。その文字は「食」に「司る」と書く。
彼らが人間の元で生きるという事は、その宿命の全権を人間が預かっているという事。動物が生きる源となる「食」を「つかさどる」飼い主の役割の大変さと喜びを覚悟する事が「飼う」という事なのかもしれないですね。

ずいぶん前だけど、テレビで聞いた衝撃の話。
まだ若い愛犬を保健所に連れてきた夫婦に、係員が「手放す理由」を聞いたところ「新しく買ったソファーに、この犬は似合わない」と答えたとか…この夫婦の場合の「かう」は「買う」の意識しか無かった事がよく分かる。
ちなみに、その話は日本ではありません。
9月は20日から26日が動物愛護週間ですね。

e0137277_21585081.jpg

キチが居ない2度目の秋。
自分が想像した以上に、彼の存在は「自然体」で私の日常の意識にとどまっている。
少し涼しくなってきたので、生花を買ってきた…写真に向かって「きっちゃ〜ん、お花だよ〜」とか…言いながら、返事が無いのに「そうね〜、綺麗ね〜」とか答えている自分に気がつくと、ちょっと恥ずかしい(笑)

この癖は、当分、直りそうに無い。



あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。
by Room230 | 2016-09-26 16:58 | diary | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/24681018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by タヌ子 at 2016-09-26 23:04 x
ITOが旅立ってからもうすぐ1年ですが、私もPCの背景画像に向かって毎日話しかけてしまいます。
『飼う』という言葉について、考えたこともありませんでした。奥が深いですね。
私は犬と暮らし始めてまだ2年なので、猫ちゃんとの同居年数の長いフィーユさんには教わることが沢山。
夫の体重もず~っと右肩上がだし、食を司るのは実に難しい。
我が家の南瓜は今月収穫したばかりなので、あと1か月ぐらい経ったら食べられるかな。
Commented at 2016-09-27 13:02
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by Room230 at 2016-09-27 18:54
*タヌ子さんへ
こんにちは、タヌちゃん♪
itoちゃん…そうか〜…もう1年経ってしまったのですね。
今頃、きちぼんの相手してくれてるかもね〜
猫と違って大型犬は本質が寛容だから、さすがのitoちゃんも
案外振り回されてるかもよ〜(笑)

>食を司るのは実に難しい。
そうなんですよねぇ。
健康なうちは、食べることは幸せ以外何者でもないのに、病気になったりしたら、途端に苦痛にさえなってしまいますし、動物の場合、本人には権限が無いのでなおさら飼い主は責任重大になりますしね〜…
体調不良時、食が進まないフィルに「どんなのだったら、食べれるよ」とか、言ってくれたら…とか思う時もあります。
もう今となっては、どんとこい!!と覚悟を決めてかかるしか無いのですが…
あえていうなら、ひとまず、ペット保険には入っておいた方がいいかも???うちは、保険が出来た時には、すでに加入年齢を超えてたからね(笑)
Commented by Room230 at 2016-09-27 19:03
*9-27 13:02 の鍵コメさんへ
こんにちは、鍵コメさん♪

もしも、また投薬時に噛んだりしたら、本気で自身も猫になり叱ってみてください。(人に見られると、かなり恥ずかしいですが、笑)
相手を猫だと侮ってはダメですよ〜気持ちを読まれてしまいますから。それで猫の信頼を失うことはありません。
鍵コメさんは、母猫なんですから大丈夫♪
<< 残り物で作る、揚げたま丼 我が家の秋の恒例行事 >>