ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
コーヒーブラマンジェ・ティラミス
e0137277_2159764.jpg

例のごとく…最近よく買う「アーモンド効果」のコーヒ−味を使って作ったコーヒーブラマンジェ。
ついでに、買い置きの雪印のカップ入りデザートのマスカルポーネも使用。グラスの大きさにもよりますが、食べるのにちょうどよい量に采配するなら、上記レシピで4人分くらいの振り分けがベストかな?
e0137277_21592010.jpg

ティラミスには「私を元気にして」という意味があるとか…

フィルの通院期間中、待合室で顔なじみになる飼い主同士で病状を話し合ったり励ましあったり。ささやかながらも、その時間が私を元気にしてくれる事も多かった。そんな中、同じ皮下点滴を受ける子猫がいた。いつもキャリーの中でかわいい声で鳴いていて、覗き込むと生後2ヶ月くらいのかわい子ちゃん。看護師さんの話では本当は生後4〜5ヶ月らしく、先天性の腎不全のせいで、通常の猫より小さいのだとか…。飼い主さんは出勤前に病院に立ち寄り、猫を預けて出社し、お昼休みに引き取りに来て、自宅に猫を戻して猛ダッシュでまた出社、という日々を繰り返しているらしい。
そんな話を聞いて、どんな素敵な人が、この子の飼い主さんなのだろう?と、あってみたくなった。
ミャーミャーと鳴く子猫を覗き込み「いい人見つけたね」と話しかけると、看護師さんが「本当に…」と笑みを浮かべてうなずいていたけれど、その翌月、子猫の声は限りなく小さくなり、ある日、ぐったりと横になって寝ていた。
「体調がすぐれないのですか?」と聞くと、多くは語られないけど、切なそうな表情で頷く看護師さんを見て察する。まだ子猫、生まれつきともなれば、引き取ったと同時に「覚悟の時」を言い渡されたはず。保健所に連れてこられた動物の中には病気を理由に手放す人も多くいると聞く。「さぁ、このかわいい子猫と楽しいキャットライフを!!」と引き取って健康診断をしたら、命の宣告。飼い主さんはどんな気持ちだっただろう…。せめてこの世にいる間は、出来うる限りの事をしようと頑張っているんだろう…

その数日後から、子猫を見る事もなくなり「あの子は?」と聞くと「そうなんです…先日」と、頷く看護師さんと同時に子猫がいた場所に視線を走らせた夏。
見知らぬ誰かを思って泣いた日の出来事を思い出す…黄昏時。
あれから数ヶ月、だれかと、ティラミス…食べて、もう元気出してくれてるかな…

e0137277_22484982.jpg


猫も人間同様に、高齢になると認知症の症状が出ます。
トイレの場所がわから無い。
深夜の徘徊。
老猫のおたけび…
ネコ聴源反射性発作FARSが発症したり…
その他、肉体的な老化による病気などなど。

逆に…尽くしたくても若くして旅立つ子も居ます。
だから、お願い。
老いて大変な状況になっても、最後まで愛してほしいの…
何か特別な事を望んでいるわけではなく、
ただ、ただ、大好きな人の側に居たいだけ、だから…

あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

今日のご訪問、ありがとうございます♪
皆様の訪問が、すごく励みになっています。




アーモンド効果コーヒー1P
牛乳 30cc(生クリームや豆乳でも可)
砂糖 小さじ1〜2
粉ゼラチン 小さじ1
雪印マスカルポーネ 1カップ

1、小鍋にアーモンドミルクと牛乳、砂糖を注ぎいれ、火にかけてよく混ぜる。沸騰寸前で火を止めて、ゼラチンをいれてよく混ぜる。(ブラマンジェ生地)
2、グラスの底に、雪印マスカルポーネの付属のコーヒーソースを注ぎ、スプーンでマスカルポーネを入れる。
3、1が少し温度が下がってから、2のグラスにブラマンジェ生地をゆっくりと注ぎ、冷蔵庫で半日ほど冷やし固める。
(早く冷やして召し上がりたい場合は、ゼラチンを増やしてください)
by Room230 | 2016-10-29 14:30 | sweets | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/24670753
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まぎ at 2016-10-29 15:26 x
ティラミスの意味、知りませんでした。
今度からティラミス作る時、今までより気持ちがこもりそうです。

先日のリンク見ました。
そして今、電車のなかで涙を必死でこらえています。

一つでも多くの命が救われる事を願います。
そして、誰もが愛を感じられる時間を過ごせたら幸せだなぁと。
Commented by Room230 at 2016-10-30 00:00
*まぎちゃんへ
こんにちは、まぎちゃん
先日のHPのその後、どうやら、1匹はもう処分されたらしいですね… 気がかりの高齢の子は体調不良で
保護団体が引き取ったとの事。
あの子の足、高齢の動物にありがちな、少し曲がった足。
亡くなる直前のうちの2匹と同じで…
なんとも言いがたい切なさが込み上げてしまいます。
引き取り希望の方もいらっしゃって、ただいま調整中との事。
願わくば…暖かい場所で残りの時間を過ごせるようにと祈るしかできませんが…
人も、動物も高齢化が進む一方で、こういう事態が増える可能性も多くなるのでしょうね。
Commented by liebekatzen at 2016-10-30 01:20
こんにちは!
今日も勉強になるお話をどうもありがとうございました。
人間も動物も年を重ねると、同じようにいろいろとあるのですね。
私も覚悟して姫と大和を大切に育てていこうと改めて心に誓いました。

作って頂いた姫と大和のバナーは来週中にでも登場させられれば…と計画中です。
パソコン音痴なので、失敗しないか…ちょっと心配(笑)
Commented by Room230 at 2016-10-30 10:13
* liebekatzenさんへ
こんにちは、 liebeさん♪

猫に見られる高齢の症状は、多くは腎臓の病気だと聞いていますが、きっと、そう遠くない未来、医療の発達による希望が見えるでしょう。あとよく聞くのは、お薬でコントロール可能な高血圧とかかな?これは人間も全く同じですよね。

18歳くらいから、徐々に食べる量が減り出して…運動量も下がり、20を過ぎたくらいから筋肉力の低下による便秘なども起こりました。一応猫にも便秘のお薬はあるらしいですが高齢だから進めないと皮下点滴の度に先生がお腹をマッサージして出してくれていました。

近年はペットも高齢化が進み、おかげで長いキャットライフを楽しめます。老いて手がかかる時間は、その中のほんの少しだけ…。
何はさておき、まずは…
飼い主自身が元気でいること!です♪

Commented by 小紋 at 2016-10-30 12:59 x
素敵な スイーツ 食べたくなります。
百田尚樹 「輝く夜」の  「猫」 
気持ちを落ち着かせたいとき
反省の時  何回も 読みます。
Commented by warabi_opal at 2016-10-30 14:17
フィーユさんこんにちは
コーヒーブラマンジェ・ティラミスだなんて、なんて魅力的なデザートなんでしょう
これアーモンド効果のコーヒー味を使っているんですね
なんだか身体に良さそうですね

ティラミスにはそんな意味があったんですね 知らなかった
フィーユさんがどんな思いで、このデザートを作られたのかと思うと、なんとも言えない気持ちになります…
Commented by Room230 at 2016-10-30 23:05
*小紋さんへ
こんにちは、小紋さん♪
小紋さんが反省?さて、何事でしょう?(笑)

そろそろクリスマスの話題も出てくる時期。
「輝く夜」の「猫」 みーちゃん。
猫はご縁ももたらすのですね、確かにそんな恋の始まりもあるかも?
Commented by Room230 at 2016-10-30 23:15
* warabi_opalさんへ
こんにちは、warabiさん♪
アーモンド効果、最初にプレーンを飲んだときは「何これ?」って思ったのですが、案外、簡単にはまりました(笑)

実は、ここ数日前から、南九州であるワンちゃんの里親募集があっていて、その最終期限が、つい数日前だったの。
気になって…度々、HPを覗いたりしていました。
18歳の高齢で、飼い主さんが先に旅立ち、他の数匹と保護されたようでしたが、そのうちの1匹はすでに処分されてしまったそうです。
いろんな意味で考えさせられてしまいました。
<< ハロウィーンは皮ごとかぼちゃの... 鶏とカシューナッツの四川風 >>