ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
ヌードル・ガパオ
フライパンでチャチャッと炒めるだけの手順、夏場はこれくらいでできる料理がありがたいです。
e0137277_14251847.jpg

バジルの風味が美味しいガパオ、夏の食卓が似合う独特の香り、たくさん作って冷蔵保存。お昼に解凍したガパオと博多うどんを茹でて盛り付け、目玉焼きをトッピング。我が家には今年も「夏休み」が無いことが決定した日、ベランダの前をトンボが飛んで行きました。<博多のうどんはフライパンで蒸し焼きでOK>
e0137277_0295347.jpg

今年の夏は暑いぞ〜と、言われ続けて覚悟はできてるつもりですが、ジリジリと暑い空の下で「早く秋になってほしい」と思わずにいられない。
e0137277_0492061.jpg

夏の昼ごはん、前日の残りとかフライパンでザックリ…が多い我が家。焼肉で作る大胆な焼きそばとか…(笑)
ああああ…暑いんだからゆるして〜〜〜〜〜〜〜

e0137277_14473735.jpg

暑いのが苦手なフィル姉さん。前日はごはんもそこそこに、コンコンと眠り続けていたのですが、この日はアクティブキャンペーンらしく大声で叫びながら、室内の巡回をしていました。
「あのな〜、あのな〜」「おはよ〜」「おかぁん」「おっか〜」←歩きながらこれを繰り返す(笑)

あなたの美味しい時間のヒントになれますように…
各種ランキングに参加しておりますので、よろしかったら下のバナーを押して応援してもらえたら嬉しいデス。

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。
皆様の訪問が、とっても励みになっております。




ガパオヌードル(調理時間25分/二人分)
うどん2人前
鶏挽肉200g
バジルの葉1パック(15枚ぐらい)
パプリカ1個(またはピーマン)
玉ねぎ1/2個
にんにく1かけ
赤唐辛子2本
ゴマ油大さじ1
★調味料(以下の材料は全部混ぜ合わせておく)
★ナンプラー大さじ1
★酒大さじ2
★★みりん大さじ1
★オイスターソース小さじ2
★しょうゆ小さじ2
★砂糖小さじ1
★鶏がらスープの素小さじ1
★塩こしょう少々
*甘酢 適量
*ライム 1個

1、にんにくはみじん切り、赤唐辛子は種を取り小口切り。玉ねぎ、パプリカは大きめのみじん切りに切る。
2、フライパンにゴマ油を熱して、にんにく、赤唐辛子を入れて香りが出たら、玉ねぎ、パプリカを入れて炒める。
3、2に鶏挽肉を加えてほぐしながら調味料を加えて炒める。
4、野菜が柔らかくなり、味がなじんだら最後にバジルを加えて軽く炒める。
5、目玉焼きを半熟に焼き、ごはんや茹でて冷やしたうどんと一緒に4を盛り付ける。卵を崩しながらよく混ぜてどうぞ。
  *あればライムやカボスを添えて、緑の柑橘系と相性が良いです。
*ガパオと一緒に甘酢を添えて、お好みで少量を回しかけると美味しいです。
*市販の乾燥バジルを使用する場合は、3g程度を混ぜてください。

©toyota corolla-fukuoka.communicationmagazine
 【エンジョイロード・まいにちレシピ】連載中
director トヨタカローラ福岡編集部 /Youko.K

by Room230 | 2016-07-31 16:47 | Chicken | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/24535783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< うちの夏サラダ夏ごはん 水郷銘菓 かんざらし >>