ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
牛筍のみぞれ煮・有田焼
さて、ついにGW突入のこちらは博多どんたくが始まり、佐賀有田の陶器市の案内などを耳にする事が多くなってきます。
ちなみにこちらは↓頂き物の有田焼の大皿。立派すぎて、なかなか上手く使いこなせず、登場も少ないのですが、すごく好きで普段は見えない、この皿の裏の絵柄とか…たまりません♪
e0137277_21423961.jpg

陶器市に行けない代わりに、この磁器だけでも出してみようと、普段のおばんざいを盛る。
今年は日本磁器誕生・有田焼創業400年という記念すべき年を迎えます。 器好きな方はぜひ、足をお運びくださいね♪
e0137277_2142185.jpg

この日はGW直前、雨が強くて買い物に行けず、冷蔵庫の中にあった買い置きの牛肉と筍の水煮を引き出し、肉を牛脂で炒めた後、千切りの生姜、大蒜1片、酒とみりん、醤油を注ぎ、筍に大根のすりおろしをタップリ加えて一煮立ち。山椒の葉を散らして器に盛る。野菜をたくさん入れたコチラの牛すじのみぞれ煮も美味しいけど、筍と牛だけのシンプルな具材も美味しかったです。
山椒の爽やかな香り、初夏ですよね〜♪
e0137277_2144594.jpg

新緑の美しい季節、九州の新幹線や特急列車は、この度の震災における一日も早い復旧・復興を願い「元気に!九州」と、メッセージをかかげたラッピングトレインが走ります!!
e0137277_23305948.jpg

フィル姉さんはもう、全く走らないけど…GW期間中(~6月30日)九州のラッピングトレインも、どんたくの花自動車も、力一杯走ります。…我が家は通常通りの営業中ですが…

あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

ご訪問、ありがとうございます♪
by Room230 | 2016-04-30 17:53 | root vegetab | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/24336192
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by liebekatzen at 2016-05-01 01:22
こんばんは☆
日本はGW真っ最中ですね…いいな♪
有田の陶器市、チャンスがあったら、ぜひ行ってみたいです!
私、学生時代に食器屋さんでアルバイトしたことがあるんですよ。
その時から、食器を見るが好きになりました。
和食器はほとんど持っていないので、いろいろなブログで眺めては、ため息ばかりついています(笑)
Commented by タヌ子 at 2016-05-01 23:25 x
フランスで歯が弱くなると、食べられるお肉の種類が激減するけれど、日本は薄くて柔らかいお肉が沢山あるから、歯の弱い両親も美味しいお肉が食べられて幸せだなぁとつくづく思います。
牛肉とタケノコ、この組み合わせはフランスに戻る前に絶対食べておこう。
陶器市、楽しいですよね。
でも、私は割れ物を持ち帰るのが難しく、気に入ったお皿があっても買えないのがストレス。
Commented by Room230 at 2016-05-02 22:59
* liebekatzenさんへ
こんにちは、 liebeさん♪
有田の陶器市、今年は地震の影響が気になるところでもありますが、盛況でありますようにと祈っています。
若い頃はもっぱら洋食器派でしたが、歳とともに和食器に魅了されるようになりました。
私には有田焼きはあまりにも身近すぎて、その価値を感じ取れるようになるまで、時がかかりすぎたかも?(笑)
>NHK美の壺有田焼400年 器の宇宙~←面白かったよ〜
オンデマンドで見られるみたい♪
Commented by Room230 at 2016-05-02 23:25
*タヌちゃんへ
こんにちは、タヌちゃん♪
お肉の種類。そうか〜
確かに日本のお肉は、歯が弱くても食べられるくらいの柔らかい肉が多いですよね。上質になればなるほど、噛む前に溶けるくらいで、びっくりしたりしてね(笑)

筍料理、和食やアジアのメニューには何かと登場するのですが、フランス料理には…やっぱり無いかー!!(そりゃそうだよね、笑)

確かにフランスまで磁器や陶器を持ち帰るのは難しいだろうな〜、でも手荷物に豆皿くらいなら、なんとかなるかな?
我が家もついつい買ってしまう豆皿、でも、実のところ、使う物は限られていて、残りは、年に1回くらいしか使ってなかったりする(笑)
<< カルボナーラの夜 ティラミス風味のマドレーヌ >>