ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
今年のデロワ 2016
e0137277_22584656.jpg

毎年恒例になりました、1月のケーキ、ガレットデロワ、王様のケーキ。でも、今年も王冠もウェーブも無く、ウェーブのかわりは、去年作った渋皮煮が入ります。これが我が家のデロワとして定着しつつある昨今。日中がかなり気温が高い日だったのでパイの焼き上がりがすごく心配でした。いつも、成形してからの模様描きは、プルプルしながら頑張りますが、そんなことをしていたらパイ生地がデロンデロンになりそうだったので、今年はすこし簡単に済ませて焼きあげました。

e0137277_22583034.jpg去年の年末にMore Feuilletage のレシピで3枚を作り、冷凍保存しておきました。参考に貼ったリンクのレシピなら一度にたくさんの量を作れるのですが、うちのボウルや作業台の状況から、この分量で作りました。表記分量のパイ生地で15cmのお二人様デロワが2個、作れるくらいの生地ができます。中の生地は、作り置きの渋皮煮のクリームと以下の生地を混ぜたものです。
●バター30g、砂糖30g、卵M1個、アーモンドP45g、コーンスターチ5g●渋皮煮のクリーム40g

渋皮煮のクリームは渋皮煮の栗の失敗品を生クリームと、ほぼ同量でフープロで混ぜ合わせておいたもの。個々で渋皮煮の甘さなどが違うと思いますので、砂糖やリキュールでお好みに調整ください♪
e0137277_22575743.jpg

今年は気温が高い日が多いから、パイ生地作りには不向き。深夜に暖房を切った日に、こっそり台所で一人作業(笑)なんだかいつもより、生地が柔らかいような気がしてたので焼きあがるまでドキドキだったのですが、下手のよこ好きの作品にしては…美味しく食べられるパイでした(笑)
e0137277_2345136.jpg

毎年、デロワを作って食べているときは、落ちてくるパイ生地の奪取の為に足元でキチが待機していたのに…今年は、フィルも熟睡中だったので、パイ生地落ち放題?コロコロカーペットで、ちゃんと掃除をしたつもりが、まだ少しとりそびれていたらしく、目が覚めたフィルが、何やらしきりと匂いを嗅いでいた(笑)
e0137277_23452016.jpg

「あんた達、私に内緒で、なんか食べたっちゃろう?←博多弁」
byフィル
おまけ・甘い物は苦手な人の為の、お肉で作るお食事用ガレット・デ・ロワ

あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございます♪



e0137277_22595579.jpgこちらのパイに使用した材料
中力粉 170g
バター 80g(2mm程度の厚さに伸ばしてシート状にして冷凍しておく)
きび糖 小さじ1
塩ひとつまみ
溶かしバター15g
水 75cc
折り込みパイの作り方はコチラ!

by Room230 | 2016-01-11 16:10 | sweets | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/24039971
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Lotus_Wing at 2016-01-11 18:46
こんにちは~
美味しそう^^
細かい模様が入っていますよね。
私だったら絶対穴開けるっ(笑)
栗が入っているのいいなぁ。
美味しいものは猫もわかるのね!
熟睡していたフィル姉さん、残念でした^^
Commented by shirokumapan at 2016-01-11 22:40
こんばんは。
そうですよね~今年は気温が高くて
大急ぎの折込作業。
パイもクロワッサンも バタバタです。
でも 冷やしすぎてバターが固くなってしまったり・・・
冬はやっぱり ちゃんと寒くなきゃ。とこの時だけは思います~
Commented by Room230 at 2016-01-12 00:05
*Lotus_Wingさんへ
こんにちは、ロタちゃん!
今年はいろんなお店で、デロワを見かけました。
1月のケーキとして、シュトレンみたいに定着してきたのかな?
パイの模様、かなりの宿敵です(笑)
渋皮煮、1年分の作り置きを、少しづつ食べてゆく予定なのに、ついつい「勿体無い精神」がよぎり、結果、そこそこの量が残ってたりして、秋口にあわてて栗のスイーツ作りに励みます。
これは貧乏性なのかな?(笑)
Commented by Room230 at 2016-01-12 00:09
* shirokumapanさんへ
こんにちは、しろくませんせ♪
パイ生地ど素人には、この気温の高さは恐怖にさえ感じます(笑)
何日もかけて作りおきしたものが、焼きあがったら、ガッチガチなんて…想像もしたくない(笑)
ハプニングが起こっても、対処法がわからないのが素人。オーブンのスイッチを入れてからは、もはや「神頼み」ですよ〜

>ちゃんと寒くなきゃ。
と、この時だけは思います~

本当に!!
この暖かさは、確かに異常気象ですね。
Commented by タヌ子 at 2016-01-14 20:34 x
栗のクリーム入りガレット、美味しそう。
渋皮煮のフェーヴなら、歯が欠けてしまうという事故(毎年結構あるらしい)もなくて安心ですよね。
手作りパイ生地、作ってみたいけど、根性なさすぎで、毎年挫折。
死ぬまでに一度は作ってみたい(笑)
Commented by Room230 at 2016-01-15 00:52
*たぬちゃんへ
パイ生地、難しいけど、工程は、案外シンプルなのよ。だから、乾燥して気温の低い日に、挑戦するといいよ!!
材料の、薄く伸ばして冷凍したバター以外をボウルでまとめて、冷蔵してから、冷凍バターを包む。←ここまでが、ちょい面倒なだけ!!(笑)
<< ほかほか根菜ラグーと深夜のアーチスト 七草粥 >>