ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
七草粥
一時期は山積みで七草のセットが正月明けすぐから販売されていたのに、ここ近年は短期間で少しだけ!こういうのも「流行り」とかあるのかしらね?
e0137277_22243747.jpg

我が家では、その七草は「絶対嫌だ」と言われている。お肉大好き星人に、あの七草の粥はかなりの強敵(笑)
だから、その年、その時で、お菓子に使ったり、こっそり他の料理に混ぜた「シークレット七草」だったりします。もうそうなると本来の七草粥の意味を成していないのですが…そこは、ご容赦を(笑)今年はミルクで作ったスープベースで白菜と七草、しいたけを茹でて、炊いたご飯を加えたミルク粥。無事、完食。

e0137277_2258511.jpg一緒に添えたのは、お正月用に仕込んでいた豚の角煮。そして…多分我が家だけでは無いであろう…お正月の残りの茹で海老(笑)
12月の事始めの時期、お正月用品が出回る際に鰤と一緒に買いまくった海老、大量に冷凍保存。それを塩茹でしただけ。角煮といい、海老といい、やっぱりお正月の残り物で「楽」をしています。(笑)

白いんげん豆を栗の渋皮煮と一緒に煮込んだ、あま〜いおやつ豆
e0137277_22531266.jpg

そして…お正月にも七草にも、何も興味が無いフィル(爆)
e0137277_0271765.jpg

秋の七草は見て楽しみ、春の七草は食べて楽しむと聞きますが、現代人には「楽しむ」という感覚とは、すこし違う気がします。


あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございます♪



野菜の顆粒ブイヨン5g
水 100cc

七草セットの野菜を全て、適度な大きさにカットしておく。
しいたけ 4枚(賽の目切り)
白菜 4枚(賽の目切り)
ご飯 茶碗2杯分
豆腐 半分

牛乳 250cc
バター 小さじ1
ポルチーニソルト 少々
角煮の煮汁大さじ2

溶き卵2個分

1、ストウブに水を沸かしてブイヨンを溶かし、七草の野菜としいたけ、白菜、豆腐などお好みの野菜を加えて一煮立ち。
2、1の鍋に牛乳とバター、角煮の煮汁を注ぎ、ご飯を入れて沸騰しない程度に火にかけて、味を見て、ポルチーニソルトで味を整える。
3、火を止めてから溶き卵を流し込み、蓋をして2分ほど蒸らす。

上記のミルク粥で、そのままの七草粥の独特な土臭い野菜の匂いは、口に運ぶ瞬間までは…なんとかごまかせます(笑)が、やはり口に入れた瞬間は、そこはかとなく臭う…でも、味はブイヨンとミルクがベースでポルチーニソルトのおかげで、そのままの七草粥よりは、野菜嫌いでも断然食べやすい。


「アレンジで楽しむ♪七草レシピ」コーナーにレシピを掲載中!
by Room230 | 2016-01-10 21:17 | vegetable | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/24034351
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by warabi_opal at 2016-01-10 21:24
ふふっ フィーユさん、ちゃんとだんな様が食べられるように、七草工夫してお料理されていますね^^
七草でミルク粥、とっても美味しそうです♪
そういう我が家は七草は一度も頂いたことがありません
おっ 七草のミルク粥のレシピが!
来年(笑)レシピお借りして、初七草粥にチャレンジしよう^^
Commented by Room230 at 2016-01-10 22:40
* warabi_opalさんへ
こんにちは、わらびさん♪
今の時代に七草の持つ効力が必要かと聞かれると、かなり疑問でもありますが…(笑)ひとまず、年中行事の一つとして、毎年なにがしかの七草料理を作りますが、結局、お肉は不可欠という状況(笑)
ベランダには食用ハコベがたくさん茂っています。今は花が咲いていて、地味ながら可愛いんですよね〜。
<< 今年のデロワ 2016 ちょっと静かな夜 >>