ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
ポークローフの肉じゃが風煮込み
e0137277_1221453.jpg

クルクルのお肉は見た目は焼き豚、カットをしたらポークローフ。
煮込み汁は、ほぼ肉じゃがですが我が家は隠し味に、少々の「お酢」を加えます。お酢が出すコクは肉好きサンには、かなりお勧め。まとめて作り置きすれば冷凍保存も可能だし、お弁当にも詰めやすい、ローフの肉じゃが。

e0137277_1221680.jpg←油も何も敷かず、そのままローフを入れて、弱火で表面がコンガリ色づくまで蓋をして蒸し焼き。
合い挽き肉に塩胡椒、大蒜醤油を加え、微塵切りの玉葱、卵、パン粉少々を混ぜ合わせて作った生地を薄切り豚肉で包み込んで、クッキングシートで円筒に成形し、凧糸で止めて、ストウブで表面だけ蒸し焼きにしたものを、ジャガイモ、タマネギと一緒に肉じゃが風味に煮込む。


お醤油ベースなので白いゴハンにピッタリの1品です。煮込んだローフは一口大にカットして器に盛りつけ、鍋の煮汁をタレの様に回しかけていただきました。我が家は、普段の夕ご飯として作った分ですが、アイデア次第で、豪華な1品になりそうですよね♪
e0137277_1223465.jpg

例えメインが何であろうと…我が家の夕食には、かならず「刺身」が登場する。自分でも「変だ」と思う時も多々。特にカレーに刺身は…変だわよね(笑)深い意味はありません。私が刺身が好きだからと言う単純な理由です。

あなたのおうちの、美味しい時間のヒントになれたらうれしいなぁ
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございます♪




e0137277_1452757.jpg

先日、初めて我が家に来た某社の営業さんが、いつものこの(写真の位置)イスにまどろむフィルを見て「この子、大人しいんですね〜」と席を立ち、フィルの側に寄り、ジッと見入っていた。

「うちもね、去年まで居たんですよ、19歳で亡くなりました」と…。

その人は、ゆっくり、ゆっくり手を伸ばして、フィルの呼吸に合わせるようにそっと触れて、優しく、優しく撫でていた。多分、フィルのその暖かい体に触れた瞬間、彼は心で、亡き愛猫の名前を呟いたに違いない。

フィルが触られている事に違和感を感じず、そのまま眠り続けた状態を見ていても、その人が、いかに猫を大切に可愛がっていたのかが良くわかる瞬間でした。
老猫は起きている時でも、いきなり触られるとビクッと驚く様になるんですよね…
by Room230 | 2015-04-07 15:34 | Pork | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/22937115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by きょうぼん at 2015-04-09 09:18 x
「ポークローフで肉じゃが」って、画期的で すごく美味しそう~!豪華な一品になりますね^^
お酢を少々加えるとコクが増す、とのこと。
今度マネして試してみますね!
Commented by Room230 at 2015-04-09 21:59
*きょうぼんさんへ
こんにちは、きょうぼんサン!
コメントありがとうございます。
お弁当に肉じゃがを入れたい時等にはカタチがまとまるものが、いいですよね。言われないと「肉じゃが」と、分らないのは、プラスかマイナスか、微妙なんですが…(笑)
お酢、味だけでなく、お肉に直接使うと臭み取りと肉質を柔らかくしてくれます、お酢、重宝します〜( ̄ー ̄)v
すし酢とかでもOK!
<< 小豆餡と渋皮煮のタルト ヒラメの煮付けと明太卵焼き >>