ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
galette des rois 2015
e0137277_352461.jpg


1月のケーキと言えばの「galette des rois」
今年もなんとか1回目のデロワ、焼けました。相変わらず片方が無駄に盛り上がりましたけど(笑)いつも我が家は王冠もウェーブも無いのですが、今年のデロワは、いつもの栗の渋皮煮の崩れた分で作るクレーム・パティシエールにクレム・ダマンドを加え、ついでに正月の残りの小豆…少々。栗の生地に小豆が入ると、思いっきり和風な味になり、コーヒーより玉露が似合う味になる(笑)
e0137277_3481924.jpg

このケーキ、スイーツ上手なブロガーさん達に触発されて毎年作る様になったのだけど、年に1〜2回しか作らないので、我ながらビックリするほど上達がありません。
だから夫は、この不細工な形の物がデロワだと思っているかもしれません。

…しめしめ( ̄ー ̄)ニヤリ
e0137277_3481471.jpg


さて、鏡開きのお汁粉の準備をしなくては…
あなたのおうちの美味しい時間のヒントになれたらうれしいデス。
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございます♪







私のパイ生地はコチラの本を参考にしています。

(作りやすい分量)
クレム・ダマンド_____________
バター     40g
砂糖      50g
溶き卵     1個分
バニラエッセンス少々
アーモンドプール60g(殻入り使用)
クレーム・パティシエール__________
渋皮煮のクリーム 100g
(渋皮煮を裏ごししたもの60gと生クリーム40g)
煮小豆(粒の状態)大さじ2杯分

1、常温に戻したバターを良く練り、砂糖とバニラエッセンスを加えながらしっかり混ぜ、ふんわりとしたクリームを作る。
2、1に溶き卵を少しづく加えながら、その都度良く混ぜる。
3、2に渋皮煮のクリームと小豆(クレーム・パティシエール)を2回程にわけて混ぜ合わせる。
4、最後にアーモンドプールを加えて、艶が出るまで混ぜる。
by Room230 | 2015-01-15 22:03 | sweets | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/22726703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ryuji_s1 at 2015-01-15 22:13 x
filleさん
galette des rois
素晴らしいケーキ
綺麗な仕上がり
おいしそうです
Commented by winwinfoods at 2015-01-16 00:21
フィーユ先生、こんばんは~☆
綺麗に出来てますね~(〃▽〃) ぜんぜんブサイクじゃないじゃないですか~♪
見た目からは珈琲より玉露??なーんて思いますが、小豆が入れば思いっきり和風になりますね~(^^)

私もいつか作ってみたい憧れの作品です。
ウェーブって形成時に入れるのかしら?とか、そこからわかってないし(笑)

世の中、まだ1月半ばなのに節分だバレンタインだって話になってますが、こうした一月のイベントが楽しめるのも嬉しいですね。

背後に見えるのはキャンドルのようなもの??(もしかしてLEDなのかしら~?と思いまして。)
Commented by kotoyurin at 2015-01-16 00:37
こんばんわ^^
うりちゃんに1票。
どこが不細工なのかわかりません!
ガレット・デ・ロワ、おフランス~♪な印象でしたけど、
栗を使ったスイーツって、和にもなりますねっ!
毎年皆さんのデロワ拝見して
「来年こそ~~~っ作るぞ~~~っ!」って、
毎年思ってます(笑

そうそう、フィーユさんの卵味噌見て、
これなら休肝日できるかも???って思ったら・・・
無事に本日、卵味噌で休肝日♪
フィーユさん、重ねてお礼申し上げます❤( *´艸`)クス
Commented by shirokumapan at 2015-01-16 18:31
こんばんは~
ガレット・デ・ロワ なんでこうも難しいんでしょうね・・・
私も作る前までは 栗を入れようとかいろいろ考えてたのに すっかり忘れてしまいました。
そもそも フェーブですら入れ忘れるんですから仕方がありませんよねぇ。

来年こそ!美人なガレット・デ・ロワ作るぞぉ!!
Commented by Room230 at 2015-01-16 21:40
* ryujiさんへ
こんにちは、 ryujiさん!
一月の恒例、デロワやフォーチューンクッキーなど、その年を占うスイーツはいろんな国にあるようですね♪
Commented by Room230 at 2015-01-16 21:44
*winwinfoodsさんへ
こんにちは、うりちゃん
>ブサイクじゃないじゃない
あら、しろくま先生のを見て無いのね、良かったわ(笑)
オーブンの決まった方角だけ異常に膨らんでしまうのよ。
途中で回転させれば均等にふくらむのかしらね〜?
良く見たら「巨大はまぐり」みたいなのよ。

ウェーブは成型時にこっそり…、
そう言えばネットにも詳しいレシピがあったはず!!
http://www.tsuji.ac.jp/hp/kashimashi/royal/recipe.htm
↑すごく分りやすいよ
Commented by Room230 at 2015-01-16 21:48
* kotoyurinさんへ
こんにちは、ことちゃん
真上からだと、うまく誤摩化されるけど、横からだと片方だけ盛り上がってるのよ(笑)
あと、今だに、模様の入れ具合がわから〜ん!!
ラインがブヨブヨになるね。
しろくま先生のはまっすぐなのに…
デロワ、上のうりちゃんのコメントに、辻調のデロワのURLを入れておいたので、コトちゃんも挑戦してみない?
Commented by Room230 at 2015-01-16 21:54
* shirokumapanさんへ
おこんにちは、しろくま先生!
先生のデロワ、理想的なシャキンと立ち上がった均等なキレイな形!!あれが作れる様になりたいよW
私は今年も巨大はまぐりになりました…
でも、しいて言うなら「中の餡は、今年は、はみ出なかった!」
くらいの成長かしら?(笑)
美人なガレット・デ・ロワ…道のり遠し(*´д`*∩
Commented by warabi_opal at 2015-01-16 22:10
なんて美しいガロット・デ・ロア☆
あちこちのブロガーさん達がアップされていますが、私は”見る”もので”作る”ものだと思っていません(笑)
だって、先日市販のパイシートで簡単パイを焼いた時でさえも、かなりブサイクなパイになってしまったんだもの、ガロット・デ・ロアだなんて高度過ぎて
和風な味ってところがとっても私好み♪
う~ん 頂いてみたい
Commented by Room230 at 2015-01-16 22:33
*わらびさんへ
こんにちは〜!!
1月のケーキ、最近はパン屋さんでもカット売りしてるトコも増えたよね〜。
でも、カットされてるとウェーブはどうなってるんだろうね?(笑)

市販のパイ生地、柔らかいから私も扱うの、苦手ですよ〜、一度業務用を買った事がありましたが、それは扱いやすかったデス!



Commented by タヌ子 at 2015-01-17 02:09 x
十分美しいガレットです!
渋皮煮のクリーム入りのガレット、食べてみたい!
絶対美味しいはず。
渋皮煮の栗を丸ごと入れたら、すぐに何処に当たりが隠されてるか分かってしまうけれど、半分ぐらいに切って入れればフェーヴ代わりになるかも。
黒豆をフェーヴにするっていう手もありますよね。
私も来年は中をちょっと変えてみよう。
Commented by Room230 at 2015-01-17 22:43
*タヌちゃんへ
こんにちは、タヌちゃん
去年はウェーブの変わりに渋皮煮を入れたよ〜
ウェーブは本来「豆」だったそうですから、大きい黒豆が残っていたら、いれられたのに、うちの豆好きさんが、大きい煮豆は食べ尽くしてしまったのよ〜。
来年は私も、しっかりウェーブを入れて作りたいな♪
<< カリカリチーズとクラムチャウダー ホウレン草の鶏焼売と卵味噌 >>