ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
寒い啓蟄と博多もつ鍋
普段より空気に冷たさを感じ「おはよう」より先に「今日は寒いね〜」と言い合って起きた日。
それでもお日様さえ出ていれば午後には日が差し込む窓際。心地良くポカポカで特等席になるので、猫達はおのおの、お気に入りの椅子に横たわり、ご覧の様にうつらうつらの3月啓蟄。
e0137277_21432085.jpg

日のあたる窓際で暖房の側の猫達は暖かそうだけど、この日は気温が下がり、外は風も吹いて寒かった〜。こんな寒い日には、やっぱり「もつ鍋」が恋しくなる。そんなワケで日が暮れたら、もつ鍋の準備にかかります。
一般にはもつ鍋にはスライスした生の大蒜を加えますが、我が家のオリジナルは「揚げたニンニク」
香ばしい香りが増して美味しいんですよ♪
e0137277_21375364.jpg


テーブルに運んだもつ鍋を個々の器に取り分けて、熱い!熱い!を連呼しながらいただきます(笑)
もつ鍋もガメ煮やおぞう煮同様に家庭の数だけ種類がありますので、入る材料も違うはず。自分の家の「もつ鍋」の探求も楽しいかもね♪
最近、乾燥でお肌が荒れちゃって…とお悩みの方に「もつ鍋」お勧めです。
普段からもつ鍋おうちで作ってる人はご存知でしょうが、注意事項として…なかなかパワーのある残り香は覚悟して下さい(笑)モツと野菜タップリで美肌鍋である事は間違いないのですが、デートの前日にはお勧めしません。どうせならデートの時に一緒に食べる方がいいかもね♪
e0137277_2138731.jpg

ホカホカもつ鍋で温まった夕ご飯。

あなたの美味しい時間のヒントになれますように…
各種ランキングに参加しておりますので、よろしかったら下のバナーを押して応援してもらえたら嬉しいデス。

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。
皆様の訪問が、とっても励みになっております。



【材料】
モツ・500~600g
キャベツ・1/2~1個
牛蒡のささがき・1本分
豆腐・2丁
もやし・1袋
ニラ・2束
だし汁・1200~1500ml
【みそスープ】
酒・100ml
ニンニク・4~5片分(薄切りを揚げた物)
ショウガ(せん切り)・1片分
赤唐辛子・1~2本
チンタンスープ・1袋
<調味料>
みりん・大さじ2
しょうゆ・大さじ2
みそ・大さじ4~5
塩・少々
<薬味>
すり白ゴマ・大さじ2~3
赤唐辛子(粉)・適量

〆はチャンポン玉!

1、モツは水できれいに洗い、食べやすい大きさに切って鍋に入れ上記分量外のしょうがと長ネギを加えて中火にかけ、煮たったら1~2分煮て、モツを取り出す。(処理済みの場合です)
2、野菜を準備する。キャベツは芯を三角に切ってザク切りにし、牛蒡はささがきにする。ニラは長さ4cmに切る。豆腐は大きめの賽の目切り。
3、鍋にニラ以外の野菜とモツを盛り合わせる。【みそスープ】に<調味料>を加え、みそは溶いて鍋に注ぎ入れ、鍋の蓋をして火にかける。具に火が通ったらニラを加え、もう一度蓋をしてニラがしんなりしてきたらでき上がり。
4、テーブルに運んで、お好みで薬味をかけていただきます。
by Room230 | 2014-03-07 14:19 | STAUB | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/21756959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ryuji_s1 at 2014-03-07 14:27 x
filleさん
博多もつ鍋
おいしそう
素晴らしい鍋料理
レシピ
有難うございます
Commented by shirokumapan at 2014-03-07 19:21
あ!!
今日は お二人登場ですね~~
幸せな写真ですね。かわいい~~~~~
そう言えば、東京でも20年くらい前にもつ鍋流行りましたね。
でも・・・・
一度も食べたことないんですよねぇ~~
〆のちゃんぽんも 美味しそうなんですけど・・・・
とりあえず どこかで食べてみないとですね。
Commented by princesscraft at 2014-03-07 21:51
こんばんは♪
もつ鍋大好きです。主人がこういうのは苦手なのでわが家では食べられませんが
今度、一人ランチでつくりたいな(´∀`)
レシピありがとうございます。
Commented at 2014-03-07 21:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by おがわひろこ at 2014-03-07 22:57 x
フィーユさんこんばんは˖*♬೨̣̥
モツ鍋、温まりそう‼︎
いつも行く美味しい焼肉屋さんにわざわざモツを頼んで取りに行ってくるんですよー。笑
フィーユさんのレシピ見たら、ゴボウが入ってますねー(๑´ڡ`๑)
いつもキャベツとニラともやしでやってたから、近々作る時はゴボウ入れてみます!
ゴボウの美味しいダシが出るんだろうなぁ〜(๑´ڡ`๑)

最後の〆は、うちもちゃんぽん!
で、旦那が溶き卵を入れるんですけどこれがまた絶妙です(‾^‾)ง⁼³₌₃
あっ!小ネギもー!笑
おいしすぎて、最後の〆が大量に別腹に入っていくんですよね〜。

明日の夕ご飯…モツ鍋しようかな。笑

Commented by Room230 at 2014-03-07 23:49
* ryujiさんへ
こんにちは、 ryujiさん
寒いとは言え、こっちは、思った程の寒波では無さそうですが、 ryujiさんの方はいかがですか?
もう冬には飽きたよね(笑)
Commented by Room230 at 2014-03-07 23:57
*しろくま先生へ
もつ鍋、私は福岡に来て初めて存在を知りました。
初めて食べたのは「やま中」さん
その後、他のお店でも食べたんだけど、一番お気に入りはと聞かれると「やま中」と答えます。
>20年前、そうそう流行ったね〜(懐かしい)
先生、まだ食べた事無かったんですね、では、いつか、もつ鍋も「食べに行こうプラン」に入れておきましょう!
でも、食べて帰った日は、おうちの人に「臭いから近づくな」と言われるかも(笑)




Commented by Room230 at 2014-03-07 23:59
* princesscraftさんへ
princesscraftさんは好きなのに、ご主人がNGなのね〜
でも、博多の本場のもつ鍋なら大丈夫、と言う人も多いから、九州旅行でもされた時には、是非、ご夫婦で挑戦してみませんか?
すごい匂いだから、2人とも食べないと…かなり辛いはず(笑)
Commented by Room230 at 2014-03-08 00:08
*おがわひろこサンへ
らんチャン、こんち〜!!
また少し、気温が下がってしまったね〜。
ランちゃんとこも、雪は大丈夫だよね?

うちのもつ鍋の原点は「やま中」のもつ鍋だから、あそこと同じ具材なんですよ(笑)
今はお店の鍋の量も上品になってるけど、昔は蓋が閉まらない程のニラ、てんこ盛りだったのよ。
初めてもつ鍋食べた後の肌の状態の変化にビックリしたな〜

〆にはうちも溶き卵と小口切りのネギ!!

ちなみに、もつ鍋に揚げたニンニク入れてみて、めっちゃラーメンをぶち込みたくなるよ(笑)
Commented by タヌ子 at 2014-03-10 01:34 x
こちらだとモツを買うのは難しいけれど、豚の薄切り肉でも美味しくできそうですよね。
先日韓国屋さんで豚の肩ロースの薄切りを買い、キムチ鍋に使ってみたら、固くなりすぎて全然美味しくなかった。
やっぱり肩ロースは炒め物に使って、鍋はバラ肉の薄切りの方がいいのかな。
ここ数日、珍しく天気が良くて、ベランダ(サン・ルーム)は20度を超す暖かさ。
私も連日庭仕事の後は、お二人さん状態でソファに寝そべってます。
陽だまりの中でゴロンゴロンしてると、何とも幸せな気分になりますよね。
Commented by Room230 at 2014-03-11 01:10
*タヌちゃんへ
こんにちは!!
やっぱりそちらにはモツは無いですよね〜(笑)
そもそも戦後の物不足、栄養不足の時代に考案されたと聞いています。
今日は日が差していたので室内に居る時は「春だな〜」と思っていたのですが、外に出たら風が冷たかったー!!
テレビでは、やっぱり季節ハズレの雪の報道。
今年は桜前線が遅れそうです。
>陽だまりの中でゴロンゴロン
そうですよね〜、その陽だまりの中でゴロンゴロンの猫たちを見てるだけでも、幸せな気持になれます♪
Commented by midori-bento at 2014-03-11 12:56
こんにちは^^

美容と健康のためにも、モツ鍋はいいですよね。
私は臭みとかあまり気にならないタチですが、
気にする友人を招いたときはあの白い脂肪?を全部はずしてから使いました。

あれははずすのが正しいのか、そのまま食べるほうが正しいのか
どちらでしょう???
フィーユさんはどうなさっていますか?
Commented by Room230 at 2014-03-11 21:59
*翠さんへ
モツの匂い、苦手な人には地獄だろうね〜(笑)
2〜3回は水を入れ替えて下ゆでをしっかりすれば、かなり違うとは思うけど、私は「白いとこ」は省かずそのまんま使います。

今日は震災の日、
翠サンのを参考に、チョコは買っておきます!!!
<< オーブンで鰤大根/book o... 雛日より >>