ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
角煮と冨士柿と冬支度
e0137277_23253966.jpg

テレビのお天気予報で「明日は今年一番の冷え込みになるでしょう」と聞いた日の翌朝、本当に空気がヒンヤリ。夏が猛暑だったせいか、このヒンヤリ感が妙に心地良かったりした。
よし、今日は角煮だ!!
e0137277_23253389.jpg

ストウブでコトコト…午後から仕込みに入る。
デスクとキッチンを往復しながら出来上がった角煮。夏の間はまだ明るかった時間の夕ご飯も、今はすっかり暮れて外は真っ暗。トロンと煮込まれた美豚さんをハフハフしながら味わいました。
e0137277_2325463.jpg

食後のデザートは「冨士柿」!果肉は滑らかなメロンくらいの食感で甘くて美味しかったわ〜!!「渋柿」を焼酎で渋を抜くらしいですね。
e0137277_23335188.jpg

昼間、日の入る時間の猫達はリビングのソファでうつらうつら…
ちょっと肌寒いくらいの気温にフカフカな場所で丸くなる心地良さを楽しんでいる様に見える。やっとリビングのファブリックも冬仕様に入れ替えました。

e0137277_23551857.jpg今日の角煮の器はB・B・B POTTERSで買った物でかなり重宝しています。和洋問わないデザインも可愛い♪サイズは3サイズ。我が家の器は丁度、真ん中の中サイズですが、使って行くうちに大皿も欲しくなりました


あなたのおうちの、美味しい時間のヒントになれたらいいにゃ〜
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

*こちらからの回覧のご無沙汰が多くなっておりますが皆様の訪問やコメントは、とっても励みになっております。今日も訪問ありがとうございます♪

フィリピンの皆さまへの災害支援←コチラでご確認下さい。



豚バラ肉 (塊) 0.9~1kg
生姜の皮 2~3枚
ねぎ (青い部分) 10cm
大蒜 1片(皮を剥き包丁の腹でつぶしておく)
紹興酒 カップ1/2

宮崎甘口醤油100cc
味醂 大さじ1半

*あれば、下ゆでに烏龍茶かプーアール茶をご利用下さい。
*今回は豆腐1丁、人参1本、大根の輪切り6枚を加えています。

1、鍋に烏龍茶を沸かし、豚肉を入れる。1~2分間して、肉の表面が白くなったらボウルにとり、お茶を捨て、肉をぬるま湯でよく洗い、表面に血の塊があれば取り除き、水けをしっかりときる。
2、フライパンで、全体をきつね色に焼きつけ8等分に切る。る。(豚肉を脂身を下にして焼く)
3、ストウブにしょうがの皮、ねぎと大蒜を入れて、かぶるくらいの水を注ぎ強火にかけて沸騰したら弱火にし、アクと脂を取り除く(時間をかけて下ゆでをする)。蓋をして、トロ火で1時間ほど煮る。
4、鍋に肉を入れ、肉の上1cmぐらいまで水を注ぐ。酒を加えて火にかけ、沸騰したらアクを取り弱火で15分間煮る。
5、醤油を加え煮汁が半分になるまで煮詰め、途中で一度肉を裏返す。みりん大さじ1弱を加えて、煮からめる。
by Room230 | 2013-11-12 11:15 | Cuisine | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/21310122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by magggie0829 at 2013-11-12 13:06
角煮。大好きだけど、みんなが食べられるものでないと作る気がしません。お店でbuyです。

あわせ柿、好みがありますよね。
わたしは、まんまのしゃりしゃり柿が好きです♪

このお皿素敵!!
Commented by Room230 at 2013-11-12 15:51
*まぎちゃんへ
まぎちゃんち、角煮苦手な人がいるのね〜
うちは、夫が角煮ラブだから、もう「コレさえあれば」なくらいです。おかげで、私はお店の角煮は数えるくらいしか食べた事が無いの。

柿、この冨士柿は初めて食べたわ〜
九州ではまぎちゃん好みの柿が一般的だから、このゼラチンみたいな食感に驚きました。
日本って…小さい様で結構広いのね〜と、食べ物の違いで実感します(笑)
Commented by 槙かおる at 2013-11-12 16:32 x

お久しぶりのコメントでごめんなさい
昨日までとうって変わり寒い東京です
冬支度する間まもなくいきなり冬ー!って感じです
そんな時、この角煮のお写真はいいわー!
画面に食い付きまくりですよー
すてきなお写真、憧れておりますが
なかなか上達しない私はセンスがないのだと思います
目から暖かさをありがとう~
できれば口からも暖かさを味わいたい~♬
Commented by winwinfoods at 2013-11-12 20:46
フィーユさん、こんばんは!!
急に冷え込みましたよね。今朝、目が覚めてから45分も布団の中で目をぱちくり過ごしてしまいました。(脇にフリースでも置いておくのだったわと反省)

角煮も美味しい季節。ことこと煮込むのも、圧力鍋なんて要らないわストウブがあれば!!とルンルンになりそう。
中国人により中国土産のプーアール茶、棚にしまったままだったのを思い出しました。
お肉の下茹でにいいのね~ヽ(´▽`)/

最初の写真にくいつきまくり、すごく好みの形だわ、と思っていたら紹介してくれて嬉しいです。こちらオンラインショップもありますね~
小石原のカンナも欲しいけど、やっぱりの白もいいですよね~。

冨士柿、色も形もかわいいですね!!オレンジパワー、あやかりたし。
Commented by winwinfoods at 2013-11-12 21:20
フィーユさん、追伸。
早速の早速の里芋剥きレクチャーなど、ありがとうございました☆
参考にさせていただきま~~す(ハート)。
Commented by Room230 at 2013-11-12 21:43
*槙さんへ
こんにちは、槙さん
こちらこそ、ご無沙汰しております。コメントありがとうございますね〜!!私ごとと仕事と…なんだか急にやる事が増えた様な状態でバタバタ過ごしつつ、師走にパニックにならないで澄む程度にと、冬支度をしていますが、なかなか、一気にとは行かないですね〜
基本が「スロ〜」な方なので、早め早めの大掃除にも取りかからないと…とは思うのですが、今日はレンジフードの外側だけで終わりました(笑)
Commented by わらび at 2013-11-12 22:33 x
角煮おいしそー♪
寒い季節はこういうものが特に美味しく感じますよね^^
美豚の角煮だなんて最高でしょうね
大根も飴色になっていて超おいしそうだー♪♪

↓のお返事読ませて頂きました^^
とっても丁寧にお答え下さって感謝感謝です☆
今度ぜひチャレンジしてみようと思います
その時はクッキングシートを敷くの忘れないようにしなくちゃ!(笑)
Commented by shirokumapan at 2013-11-12 22:53
こんばんは。
昨日から寒いです~
私も 息子が帰ってくる前の10分くらい ソファーで丸くなって
昼寝してしまいました(笑)

角煮、この色になかなかならないんですよねぇ~
息子がお肉の塊も もりもり食べるようになったら作ろう!!
最近よく食べるから、もう食べるかも??
烏龍茶もプーアールもあるある~~
Commented by Room230 at 2013-11-12 23:28
*わらびさんへ
ストウブの長所を最大限に感じられるのは、やっぱり煮物ですよね、
角煮を作り出した頃は、もっと長く火をつけて煮込んでいました。
椎茸の肉詰め、わらびさんなら、コロコロ型以外にもっと可愛い成形のものも作れてしまうと思いますので、楽しみにしてます〜

Commented by Room230 at 2013-11-12 23:36
*しろくま先生へ
今日の朝はさすがにみなさん、布団ラブだったみたいですね(笑)
でも、暑苦しくて目が覚める猛暑に比べたら、この寒さは気持よいくらいシアワセ。
お昼寝の30分は就寝時の3時間に匹敵するほど、脳が休まるので、眠さを我慢するくらいなら、ちょっと横になる方が、その後の集中力が高まるらしいですよ。
ただ、今からの時期は、ソファでのお昼寝でも、しっかりブランケットを用意してお休み下さいね!!ソファーってベットより温かく感じるから、私もついそのまんま寝ちゃうけど、後で喉が痛くなったりクシャミが出たりしちゃうもん(笑)

まんごーさんから教えていただいた「宮崎のマルタニ醤油」
これだと、砂糖抜きで、こっくりとちょうど良い角煮にしあがりますよー!!
Commented by arte_pan at 2013-11-13 08:23
おはようございます。
詳しい角煮の作り方、ありがとうございます!!
最後の方にお醤油を加えるのに、こんなにいい色が出るんですね。脂身が苦手なので自分ではなかなか作らないんだけど、おいしいお店で食べるとほっぺたが落ちそうになります。フィーユさんレシピで、料亭の味を目指してみようwww

烏龍茶かプーアール茶か。。。麦茶はNGですか?(笑)
はい、買ってきますε=ε=ε=ε=ε=(o- -)o
Commented by Room230 at 2013-11-13 12:53
こんにちは、chokoちゃん

コチラで使用したのは、甘口の刺身醤油なので、もともとコクもあり、お砂糖は一切使いませんが、その味わいが丁度いい具合なんですよ〜
下茹でで柔らかくなってから醤油を入れるので、ストウブなら軽く煮込んだら後は火を止めて放置でもかまいません。

烏龍茶かプーアール、または紅茶。いづれでも「発酵茶」を使用すれば、豚の脂が柔かくなり余分な脂を早く落とす事が出来て、洗う時もサッとすんじゃうので、下ゆでには必ず使う様になりました。
下茹で時に浮いて来た脂肪を普通のお湯で茹でる場合と、見比べるとよくわかるよ〜。
<< ココアたっぷりのかぼちゃのバタ... 椎茸の肉詰めオーブン焼き >>