ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
いつか ゆっくり甘くなる……
e0137277_0341886.jpg


パパイヤと言うとフルーツしか知らなかった私はベトナム映画「青いパパイヤの香り」で、その食材を知りました。奉公先のお屋敷で器用にパパイヤの下ごしらえをする少女、パパイヤがお食事に使われる物だと知ったのはその時でした。
同じ奉公人であるおばさんからお料理の作り手の心を教わった少女ムイ。何気ない家庭料理の中にも、少女の細やかな心づかいが表現されている。

やがて少女は成長し、今度は音楽家の家に奉公に出向く事になります。

美しく成長したムイ。

近年若い女性に人気だった「SEX and the CITY」の様な華やかさや刺激的なシーンは何も無い。でも、見終わった後の心地良さは負けず劣らず、女性だからこそ「感じられる」ものを持っている様に思える。
女性の持てる「しなやかなしたたかさ」というのでしょうか?
観客は最後の最後に、笑うのです…それもニヤリと片頬で…

随分昔の映画なのに、今だに鮮明に記憶されているのは、やっぱりステキな映画だったからかな?


ムイの音楽家のための夕ごはん レシピ
e0137277_036894.jpg


いつかゆっくり甘くなる……青いパパイヤは少女の香り
by Room230 | 2011-07-19 00:31 | vegetable | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/20816665
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 夏のパリパリチキンバー 鰤の梅紫蘇焼きと小鉢達 >>