ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
グラスラタとチキンラタ
e0137277_1332494.jpg


夏のSTAUBはやたらラタに使用されるから、もし、うちのSTAUBが喋れるなら「おい、またかよ」と、突っ込みが入るに違いない(笑)
e0137277_1332849.jpg

今回はラタと一緒にチキンを入れちゃいました。チキンが入ると、なんとなくプーレ・バスケーズ風なラタになる。鶏の旨味が混ざり合うラタもかなり美味しい。ちなみに、こちらは以前作ったプーレ・バスケーズ、見た目、殆ど同じだね(笑)
e0137277_1343559.jpg

↑バスケーズの参考レシピはコチラのELLE a table No.24

残ったラタは翌日の前菜になる。
グラスに入れて、ひんやりを楽しむ。下のお皿は、夏の食卓をより爽やかに演出してくれるiittalaのカステヘルミ プレート
先日のトリテン・ラタも、同じお皿に盛っていますが、暑苦しさを感じない様にと思って天ぷらを硝子の器に盛ったけど、案外硝子食器はキャパが大きいんだな〜と実感した。
e0137277_1341555.jpg

雨の滴の様な硝子の玉が、とっても可愛らしい。私と同じ世代の方なら、どこか懐かしさを感じるはず。幼少期の頃の昭和のテーブルには、こんなお皿があったような…。今の時代にあるようなデザートやスイーツは盛られていなかったけれどそこには、いつも優しく見守る眼差しがあった。

今はみんな、このカステヘルミに盛られたオヤツを美味しそうに頬張る子供達を見つめる側なんだね。

e0137277_1335188.jpg

夏の蝉の鳴き声さえ、涼やかに思わせてくれる美しいキラキラの滴。手にした人は、かならず一度は漉かして眺めてしまうはず…

あなたのおうちの、美味しい時間のヒントになれたらいいにゃ〜
各種ランキングに参加しております↓お手数をおかけしますが下3種のバナーを押して応援もらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。皆様の訪問が、とっても励みになっております。 


ブランド洋食器専門店 ル・ノーブル
美しい輝きと伝統のクラフトマンシップを今に継承するメーカー、イッタラ 北欧デザインと暮らす
by Room230 | 2012-08-03 13:55 | Monitor | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/18531588
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ryuji_s1 at 2012-08-03 15:24 x
filleさん
グラスラタ
ちょっとオシャレに
おすまし顔のラタ
素敵です
ワインが進みそう

チキンラタ
美味しそうです
素敵な料理 レシピ有り難うございます
Commented by 槙かおる at 2012-08-03 20:29 x

いや~ん!可愛いぃぃぃ
ガラスの器にちょこんとついている小さな小さな人参は本物ですか?
我が家も昨日ラタを作りました
夏の定番ですよね~
作った日はそのまま、翌日は冷え冷え
3日ほど朝晩食べます
うちはこれを手抜きと呼びます(笑)
器を変えてこんなにすてきになるラタ
勉強になりました~

<< マンゴープリン やずカマ煮 >>