ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
秋の恒例行事、栗の渋皮煮
先週末、我が家に届いたぷるサンのグルメ便
e0137277_8533638.jpg

大阪産「能勢/銀寄物語」どか〜んと箱入りで届いた栗2キロ!!
この銀寄、天明・寛政年間の飢饉にこの栗を出荷した際、大繁盛になり、当時のお金『銀札』を多く寄せる事が出来た事から銀寄と呼ばれる様になり、実に縁起の良い大栗様なのだそうです。

いつも買う栗と違って、背と腹の区別がつかない程丸々に実った艶のある栗。
早々に下ごしらえにかかり、夫婦で鬼皮を剥き、灰汁抜きをして…と二日間かけての渋皮煮。作業は大変だけど、一度作ると病み付きになるほどの美味しさに、秋になると恒例の行事の様になってしまいます。コトコト…コトコト、長い時間をかけて作る渋皮煮は、出来上がりを頬張ればソレまでの苦労もすっかり忘れてしまいます。
栗の渋皮煮参考HP
ちょっとしたコツ!栗の渋皮煮
やっぱりね〜、もとが上質な栗だから仕上がりも最高です!
ぷるサン、美味しい秋をありがとうね♪
まずは数個をタイラゲて、残りはチョビチョビとスイーツに使う為に冷凍保存しました。
e0137277_8532718.jpg


おまけの1点、ブレッドオレンジのワイン。
どう見てもジュースにしか見えないこのオレンジ色のビジュアル、封を切って一口飲んだ夫が「うん…ジューズだな、こりゃ」と笑うので、どれどれ?と顔を近づけて香りを試した私にはやっぱりアルコールの香りがドカンと来て、どう転んでもお酒だ!!と思えた。
e0137277_8461268.jpg


秋が来て今年のカレンダーが残り2枚になった事に改めて驚く…去年の今頃は何をしていたんだろうと思って、ブログを見たらやっぱり渋皮煮を作っていた(笑)
e0137277_914455.jpg




あなたの美味しい時間のヒントになれますように…
各種ランキングに参加しておりますので、よろしかったら下のバナーを押して応援してもらえたら嬉しいデス。

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。
皆様の訪問が、とっても励みになっております。
by Room230 | 2011-10-19 09:22 | sweets | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/16026463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shirokumapan at 2011-10-19 10:27
おぉ~
渋皮煮☆ うちにも届きました ぷるさん便。
で、私も2日がかりで作りました渋皮煮。あ、3日かも・・・

息子が味見をして 美味しいな~って。
半分を渋皮煮にしたので 残りはそのままで 栗ごはんで食べたいそうです。
なぜか息子に決定権が・・・

急に涼しくなってきましたね。
風邪などひかれませんように・・・
あ、お名前お借りしています。いつもながら事後承諾ですみません~
Commented at 2011-10-19 19:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by タヌ子 at 2011-10-20 11:44 x
夫婦の共同作業、いいですね。
私も母と二人で鬼皮を剥いて作ってみようかしら?
でも、こんなふっくらした栗はスーパーではなかなか手にはりりませんね。
フィーユさんの栗を使ったお菓子がこれから少しずつ拝見できるのかと思うと、楽しみがまた一つ増えました。
Commented by 蘭まま at 2011-10-20 13:21 x
実は渋皮煮って食べたことないです
家でも作ってもらったことないですし・・・
あっても栗きんとんか栗ご飯・・・
だから味も食べ方もよくわからないです

ブラッドオレンジのワイン~!!
酒飲みにはきっとジュースでしょうね(笑)

ちなみに今度はフ~がオネツマンになってます
風邪に注意です
Commented by さやか at 2011-10-20 16:41 x
さすがはふぃーゆさん。美しい渋皮煮ですね。
わたしも今年渋皮煮に初挑戦してみましたが、なかなか。。。
丸々太った栗という表現に心を打たれたので、わたしも来年は銀寄をつかって渋皮煮を作ってみようかな。
確かに、手作りの渋川煮は上品なお味に出来上がりますよね~。早く来年になればいいのにというくらい、渋皮煮作りにのめりこんでしまいました。そのうちふぃーゆさんのように上手な渋皮煮を作れるようになりたいです。
<< 胡麻づくし*里芋vs長芋 クレーム・ブリュレ* >>