ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
豆腐と魚の天ぷら*
e0137277_10461249.jpg

お刺身の残り等、少量の白身がある時に良く作る1品。
水切り豆腐1丁とハンペン60g、お刺身数切れ、卵白1個分、マヨネーズ少々をフープロで混ぜ合わせたらボウルに移し、生姜の摺おろし、薄力粉、塩、砂糖少々を混ぜ合わせ水溶き天ぷらを用意し、生地をスプーンですくって天ぷら粉をくぐらせて、熱した揚げ油の中に滑り込ませ、揚げる。

醤油大さじ1、ミリン小さじ2、酒大さじ1、水溶き片栗粉少々を小鍋に入れてトロミをつけて梅塩を混ぜてから、揚げた天ぷらにかけていただきます。

ポークロールキムチ
毎度、我が家の保存用ポークロール。→スパイスポークロール
ポークロールはフライパンで表面を焼いてから、輪切りにし、キャベツやピーマンなどお好みの野菜と一緒にキムチを鶏ガラ出汁(顆粒)小さじ2をふりかけて炒め、塩、胡椒で味を整え、良く馴染ませてから器に盛りつける。
e0137277_10463968.jpg

キムチの種類により、我が家は白味噌を足したり、醤油を一差し回しかけたりして味を整えます。個人的に豚キムチにはゴーヤは欠かせない。



久しぶりのアイスジョア。
私の高校は「食」を扱う学校だった事もあり、食の安全と食育の両面から学校内の売店ではドリンクと言えば「ヤクルト商品」だけで夏の間だけ、このジョアが凍らせた状態で販売されていた。

3年間、夏の間はほぼ毎日、ランチの後はアイスジョア。
久しぶりに食べたら当時よりまろやかさが増し、凍った時の食感の良さもグレードアップしていた。懐かしい甘酸っぱい味わい。
時々、昔の夢を見る…夢の中の制服姿の友人達はみな当時の乙女の姿。誰もがマシュマロみたいなほっぺ、桜色の唇、艶やかに光沢を放つ豊かな黒髪。

何もしなくても「存分に美しい時」に居る事を知らなかった頃の夢…目が覚めると苦笑してしまう。
そして、その思い出はちょっと切なく甘酸っぱい気持と記憶が重なりあう。

e0137277_10543014.jpg

お子さんのおやつに、お勧めの1品、アイスジョア。マニア的には冷凍室に入れて、5〜6時間くらいがお勧め(笑)

今日も、あなたの美味しい時間のヒントになれますように…
各種ランキングに参加しております。下のバナーを押して応援してもらえたら嬉しいな♪

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。皆様の訪問が、とっても励みになっております。
by Room230 | 2011-08-30 11:30 | Soybean or Tofu | Trackback
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/15351230
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 冷蔵庫クリアランスのメニュー 焼きドーナツと晩夏の食卓 >>