ブログトップ | ログイン
KICHI,KITCHEN 2
room230.exblog.jp
須古寿司とちびっ子戦争
e0137277_1442353.jpg

佐賀の白石須古地区では古くからお祝いの席に欠かせないメニューであり、現在でも慶事にはよく出される一品。一皿ごとに切り分けられる様に盛りつけられた餅米入りの押し寿司。
私の実家は違う町ですが、この地域に飲食店を営む親戚が居た事から集まり事の宴には、よく配達してもらっていた定番のメニュー。但し、当時からムツゴロウは入っていなかった。漬け物好きの私は須古寿司の奈良漬け入りと言う組み合わせにヤラレタ(笑)先日、母が奈良漬けを送ってくれたので、さっそく作りました。

もちろん、ムツゴロウは無いので魚(鱈)を甘辛く炒めて代用。もし、ムツゴロウがスーパーで買えても…私は調理出来ないと思います。ムツゴロウ画像
今回我が家が使った食材は、すべて在り合せとなりましたが、あればボイル海老やイクラの醤油漬けなんかも乗せたいところです…
須古寿司/参考レシピ
e0137277_14424218.jpg

その昔、私の近所の子供達は、その白石地区の幼稚園に通っていた。やんちゃ揃いの男の子達は、いつも群れを成して歩く悪ガキ集団と呼ばれていたが、今、思うと単純に「異常に元気なだけ」の子供だった。なにせ幼稚園児ですから…(笑)特別な問題児がいる訳ではなく全員が無駄に元気でうるさいかったのだ(爆)
ただ、農村部ならではの結束が固く、いざ勝負事になると、持ち前のチームワークと元気さがパワー炸裂。地域対抗で行われる○○大会などのイベントは全て優勝旗を持ち帰るのが歴代から続いていた。

でも、そんなアクティブな集団の中に入れない男の子も居た。
体が小さく、泣き虫で…いつも私の後ろをついて来るTちゃん。体格の違いが同世代の男の子たちのパワフルな遊びについて行けなかったのだろう…いつも私と一緒に女の子の遊びに入っていた。
ある日、私を含む数人の女の子は先生に頼まれて花壇の草むしりをしていた。
花壇のすぐ側にすべり台があり、その下にはお砂場があった。

Tちゃんは一人でせっせとお砂場で砂の山を積み上げていて砂の山にトンネルを掘るのが、当時の彼のマイブームだった。
草むしりが終わって立ち上がった瞬間、私の視界に衝撃が走り、Tの名前を大声で叫んだ。



e0137277_14423015.jpg


Tちゃんが居る滑り台の上、ある男の子がバレーボールほどの大きな石を下のTに向かって落としたのだ。
その男の子は園児にして既に問題児で暴力やケンカも耐えなかったが、ついにあり得ない事をしでかした。寄りによって、一番弱い者に的を絞っての攻撃だった。周りの子供達の悲鳴。私がTの名前を叫んだのを聞いて、いっせいに集まった幼なじみ達。
Tの血で真っ赤に染まるお砂場。
私は、幼なじみ数人とTの手に落ちた大きな石を払いのけ、残りの数人は石を落とした子を追いかけたが見つからなかった。子供達の悲鳴で駆けつけた先生がTを抱きかかえ、砂まみれの手を洗おうと手洗い場に向かった際、Tのもう片方の手が私の手を離さなかったので、そのまま私もついて行き、潰されて傷ついた手をモロに見てしまった。目を覆いたくなる様な傷を見ながら「泣いたらいかんよ、大丈夫やっけん」と評判の泣き虫に無茶な事を言う私だったけど、不思議とTは本当に泣かなかった。

先生の車で病院に運ばれる事になったTを見送る私と幼なじみ達。
「Tちゃん、泣いてなかったね、すごいね」
Tに負傷をおわせた子に「あいつ逃げよった、絶対捕まえてやる」と息巻いてたちびっ子だったけど、その男の子が再び幼稚園に来る事は無く、ちびっ子戦争はうやむやに終わり…

Tは何針も縫う大けがで、随分長く包帯をしていたけれど…無事に完治し、それから、男の子同士の遊びに、少しずつ加わる様になっていった。
その後も、ふと思い出しては女の子同士で「そう言えば、あの時の男の子はその後、どうなったのかなぁ?」と、Tに怪我をさせた彼のその後を案じていた。知る術は無いけれど…
e0137277_14424975.jpg

須古寿司を作りながら、思い出した、遠い、遠い… 昔の話し。


あなたの美味しい時間のヒントになれますように…
各種ランキングに参加しておりますので、よろしかったら下のバナーを押して応援してもらえたら嬉しいデス。

    ファイブ ブログランキング

*今日も訪問ありがとうございました。
皆様の訪問が、とっても励みになっております。
by Room230 | 2011-08-17 14:24 | Cuisine | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : http://room230.exblog.jp/tb/15289589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by shirokumapan at 2011-08-17 19:39
こんばんは。
レシピもみました。有明海の向こうに こんなお寿司あったんですね~
初めて知りました・・・そう言えば 奈良漬よく食べてました。
酔っぱらうんですけどね(笑)

Tさんのケガ 完治してよかった・・・
小学校に入る前までは 同級生苦手だったなあ。
なんて 思い出してしまいました。
Commented by お気楽おばさん。 at 2011-08-17 21:08 x
九州の押し寿司大好き!です。特に長崎とか、佐賀とかいただく縁があって嬉しいお味でした。このお寿司も美味しそう!いろいろ手をかけて時間をかけて、それぞれこだわりがあるのですね。シンガポールに来てから日本食は一度も食べていません。いろいろ美味しいものがあるのと水が違うし、食材がなにしろでかくて味が違います。日本からのものをわざわざ買うのもと思って今は幻の味です。でもうんと食べたもんね、我ながら食べ過ぎ。でも一度フイーユさんのお料理はいただいてみたいなあ。今、シンガポールは月餅の季節です。明日は有名なホテルの月餅を買いにいくつもりです。ラッフルズホテルも有名ですが。
Commented by saku2bambi at 2011-08-17 23:05
こんばんわ。
Tちゃん。。。頭じゃなくて良かったですね。
子供って加減が判らないから時には大怪我を負わせてしまう事もあるんですよね。
同級生にも砂場の砂を掛けられて片目を失った男の子がいます。
義眼なのでいつも眼帯をしてました。

幼稚園時を持つ親としてはやっぱりやる方にもやられる方にもなって欲しくないと願うばかりです。

ムツゴロウ。。。そちらの方は食べちゃうんですね、やっぱり。
とってもキレイなお寿司にウットリしました。
Commented by ゆりりん at 2011-08-17 23:07 x
須古寿司★聞いたことがあります。
むつごろう!?
ほほぉぉぉ。勉強になりました。
とっても飾りつけも素敵で上品で美味しそう。
彩りも綺麗ですね~。
いくらや海老がなくても充分豪華ですよーーー。
一口食べたいです(^^ゞ
Commented by ぶんこや at 2011-08-18 10:47 x
おひさしぶりです♪
すごい! とってもキレイでおいしそう・・・
遠い日の昔話、博多のすてきな言葉とともに、ほろ苦く切ない気持ちで読ませていただきました。

マーマレード、まだ健闘中です。
ハハも体力の限界~~といいながらふんばってます。
もう少しだね。
Commented by Reiko at 2011-08-18 10:47 x
こんにちは。
須古寿司、初めて聞きました。
美味しそうなのはもちろん美しいですね~。
箱入りも、一人分ずつお皿に盛られたのも上品で素敵です。
それにしてもリンクの写真のムツゴロウはちょっとコワいかも(笑)。
Commented by はっぱ at 2011-08-18 12:46 x
きれいでおいしそう!
ウチのダンナも佐賀出身なのですが、見たことないです。
白石地区だけなのでしょうか・・・
美しくて楽しいですね。作ってみたいです。
いつも美しい写真のセンスと素敵なレシピにほれぼれしてます。
Commented by タヌ子 at 2011-08-18 15:34 x
須古寿司、あまりにも綺麗なので、絶対市販品だと思っていたのに、お手製だったんですね。
もち米使用のお寿司って食べたことがない気がします。
次から次へとお皿に取って食べてしまいそう。
懐かしい食べ物を見ると、昔の出来事を思い出しますよね。
血の赤い色はショッキングなだけに、より一層鮮明に記憶に残っているのでしょうね。
Commented by Room230 at 2011-08-18 18:27
*お気楽サンへ
こんにちは、九州の押し寿司ご存知でしたか!嬉しいデス。
各地域で食材や作り方は様々ですが、須古寿司は500年以上もの歴史があり日本の郷土料理百選にも選ばれた1品です。今回の私のは、在り合せの「須古寿司もどき」ですけどね(笑)
本物はコチラ↓せめて目で味わってくださいませ♪
http://www.kirishima.co.jp/aji/2011/spring/03/

>月餅の季節
ええっ、そんなのがあるの!?と驚いて調べたら「中国でも旧暦8月15日は月餅の日」との事。そうだったのですねー!!
しかも、画像にはモカ味とか…私が知ってる月餅より色とりどりで可愛い!!!
お気楽さんは、どんなの買ったのかなぁ?
>ラッフルズホテルと言えば、あの「シンガポールスリング」のホテルですよね。
飲めない私の分まで、月餅と一緒にたらふく堪能して下さい(笑
Commented by Room230 at 2011-08-18 18:39
*ぶんこやサンへ
こんにちは、ぶんこやサン、その後ぶんこやさん自身が看病疲れが出て無いかと案じでおりました。
私なりに、いろいろ調べていましたが、今は、ペットの糖尿病は珍しくは無い様で、もしかしたらずーと前からあったけど、今の時代程ペットにお金をかけて無かったから、知らずにいたのかも知れない…とも思ったわ。
だって私の小さい頃の飼い猫なんて、ゴハンは全部、人間の残り物だったんですから!!(塩分高い)
お味噌汁にネギも入ってたし…(苦)

マーマレードさん自身は、お注射には慣れたかなぁ?
日本の夏の暑さは、猫にはちょっと辛いでしょうから、もう少し涼しくなると体力的に安定してくると思いますので、ふぁいと〜!!


Commented by タルコ at 2011-08-18 21:36 x
こんにちわ。姉。昨日プレゼント届きました。ありがとう。
大切に使います。あれ想像以上に効果あるね。びっくりした。
まずはシトラスを試したわ。部屋中良い香りでした。

母が奈良漬届いたなら届いたと電話くれと言ってました。
ねーちゃんはうんともすんとも言わんわーってサ。
最近父が絵文字使いだしてメールしてくれます。成長した父。
Commented by Room230 at 2011-08-18 22:07
*タルコへ
メールありがとう
おかん、電話かけた時
留守電になって無かったから、そのまま忘れとったわ(笑
Commented by くだも at 2011-08-19 06:38 x
フィーユさん、おはようございます。
たしかフィーユさんもお盆は関係なく仕事でしたよね?
休む楽しいけれど、その後に仕事の山を見ると憂鬱になるから、
仕事していた方が精神的には楽な歳になってきたかも(-_-;)
須古寿司、初めて見ましたがきれいなお寿司ですね。
ムツゴロウって食べたことありませんが、やはり泥臭いのかな?
仕事がひと段落して、今一番食べたいのがお寿司です。

幼稚園の頃の思い出。。。
Tちゃん大事に至らなくてよかったですね。
子供は加減を知らないから、本当に怖いですね。
ある程度、痛みを知る意味で喧嘩も必要だとは思うけれど
していい事と、してはいけない事、
いつの時代でも、親がこれだけはしっかり
教えていかなければいけないことだと思います。
娘が友達からいじめられた時
「親に愛してもらってないのかな~。可哀そうな子たちだね」
と思わず言ってしまいました。
モノを与えたり、どこかへ連れて行くのが愛だと勘違いしている
親に育てられた子は、本当に可哀そう。。。(+_+;
Commented by haha at 2011-08-19 09:12 x
久しぶりの投稿です!
ここ2・3日の福岡は、朝晩がすっかり涼しくなって・・・あれっ?残暑はどこに?昼間だけ?・・・って感じですね~

須子寿司、きれいです!
ちらし寿司大好きな我が家ですが・・・こんな上品なおすしは食べた事ないです!
ぜひ、挑戦したいです!

Commented by Room230 at 2011-08-19 09:53
*hahaさんへ
こんにちは、hahaさん♪
>朝晩がすっかり涼しくなって
そうですね、昨日も午後の雨のおかげで、西日の当たる夕方がいつもより過ごしやすかったので助かりました。
このまま秋にむかうのでしょうかね〜?
今年は梅雨明けが早かったので、夏が長く感じますが、まだ八月だから油断大敵ですよね。
暑さ寒さも彼岸まで…ああ、早く秋になって欲しい(笑)

須古寿司、本来のレシピは地元の魚や野菜が使われますが、お手軽に在り合せでも十分に美味しかったですよ。
後で冷凍保存していた蓮根を入れ忘れてた〜と、気が付きました。
白石平野の蓮根は有名な特産、あれば是非お使いくださいね。
Commented by Lotus_Wing at 2011-08-19 19:41
こんにちは。
須古寿司、初めてです。
芸術作品のようですね!とりわけやすくできているのにも感激!
もち米が入っているから、もちもちした食感なんでしょうか。

子供って喧嘩をして痛みを覚えて少しずつ強くなっていくんでしょうね。
そして優しさも覚えていくのかな。
<< 鰤の塩焼きとプチ酢豚 牛蒡のチーズ和え >>